ヒカリとカゲと。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:睦月 ◆8skU:2012/11/26(月) 17:47 ID:Q.M

この世界は美しい。

色んな人が、色んな日々を送り、
色んな人が、色んな生き方をしてる。

___同じなんてないこの世界は、美しい。
        ★
この世界は汚い。

上へ上へと争い合い、
自然は消え、汚染されている。

___恨み合い、妬み合うこの世界は、汚い。
        ☆
そして、バラバラな僕らの旅路は面白い。
きっと世界も、面白いんだと思う。

2:睦月 ◆8skU:2012/11/26(月) 19:29 ID:Q.M

--登場人物--
 キズハ
☆純粋な性格
☆肩5cm上までの紺色の髪に薄い青の瞳
☆白の薄手のコートに黒のTシャツ。
 そして、紺の長ズボンに茶色い帽子
☆短剣・武術が凄い腕

 ナズリ
★疑い深く無口。
★灰色の髪に、濁った緑の瞳。
★黒の薄手のコートに白のTシャツ。
 それから、茶色の長ズボンに紺色の帽子。
★銃類が凄い腕

3:睦月 ◆8skU:2012/11/28(水) 17:26 ID:1sY

※この物語は架空の世界の旅物語です
※パクリ等ではないことを予めご了承ください

--1--
雲ひとつない空が広がっている。
真っ青な空には白い月が薄く見え、
反対には燦々と輝く太陽が見える。
時刻は午前6:00前。
そんな道を2台のバイクが走っていた。

2台共、後方には旅の荷物らしきものがのっている。
少し前を走っているバイクの運転手は黒のコートを、
後ろの方は白いコートを羽織っている。

そして、後ろの運転手が言った。

「なぁ、ナズリ?」
「・・・・何?」

明るく高い可愛らしい声に続き、ナズリと呼ばれた運転手が少し低く大人っぽい声で返す。

「朝食食べずに出発なんてメチャクチャ辛い」
「は?ご馳走が良いって言ったのはキズハだろ?」
「それはそうだけど…」

キズハという運転手はホントにぐったりしており、
前のナズリも少し疲れているようだった。


書き込む 最新10 サイトマップ