ツンデレ少女の日課

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:美麗 gakkoudaikkirai:2012/11/27(火) 18:11 ID:gTo

プロローグ

ツンデレ?そうだね

人となんかそんな接しないし・・・

人と関わることなんかない

そんな私には日課がある

それは・・・インターネットの掲示板

でも、そこに学校の奴が潜んでるなんて思ってなかった

日課で『運命』が変わるなんて思ってなかった

そんな私の恋日記です

2:美麗:2012/11/27(火) 18:27 ID:gTo

登場人物

小松 愛華(中学2年生)
『馬になれ!』という掲示板に毎日行っている
そこで『naoki』という男の人に出会う
じきに恋をする

相沢 直樹(中学2年生)
『馬になれ!』という掲示板に時々行っている
そこで『愛』いう女の人に出会う
それが『愛華』だと気づく

natumi
謎の多い女の人
二人と同じ掲示板に来ている

3:美麗:2012/11/27(火) 19:10 ID:gTo

愛華side

私はいつも一人で学校に行って一人で居て、一人で家に帰っている

その理由は私の『ツンデレ』だ

いつもツンツンしてたまに照れる

そんな私はめんどくさいのだろう

でも一人に慣れたし友達なんか居なくても生きていけるし

私なんて皆に必要じゃないし・・・

そんな私の唯一の友達はネットの掲示板仲間

楽しいし、学校よりも・・・

4:美麗:2012/11/27(火) 19:46 ID:gTo

愛華side

まだ、学校の準備してないや

でもインターネットもしたいしな

ん〜急がないといけないしやめとこ

そして私は靴を履き鞄を持って家を出た

「いってきま〜す」

私は小さな声で言って一人スタスタと歩いていった

こんな時に幼馴染でもいればな〜と思っていると

思い当たる人が居た

それは、「堤 夏見」だった

でも、友達でも何でもない

そんなことを考えてるうちにもう学校に着いていた

5:美麗:2012/11/27(火) 21:50 ID:gTo

愛華side

憂鬱だ

学校なんて・・・

特に靴箱なんて最悪

誰にも挨拶されなくって無視されるし

靴を持って靴箱に行った

「こ・ま・つ」

珍しく名前を呼ばれた

「な、なんなんですか!?
用がないなら呼ぶな!」

冷たく振った

てか、誰?

相沢 直樹か

何だ・・・


「うわ!?こいつかお真っ赤だ!」

は?顔が真っ赤????

は、恥ずい///

6:美麗:2012/11/28(水) 18:06 ID:gTo

直樹side

こいつ結構面白いな

いじりがいがある

ツンツン&テレなんてなんて組み合わせだ

世ではこれを『ツンデレ』というらしいが・・・

まぁいいか


愛華side

あの人さっきからニヤニヤしてるけど

何考えているんだろうか・・・

読めない

そんなことはどうでもいいけど

そして私は教室し向かおうとするが・・・

「待てよ〜まだいじくり足りねぇし」

こいつ何言ってんの?

7:美麗:2012/11/28(水) 20:51 ID:gTo

愛華side

あの発言をして三十秒が経った
・・
が、何も起こらず

だから私はもう、こんな奴を無視することにした

そして、また教室に向かうことにするがまた

「誰が行かせるって行った?でもまぁいじくってほしいんだろう?」

こ、こいつ!?

「そ、そんなことはない!」

と、冷たく言ったつもりなのだがそれがツボに入ったらしい

馬鹿か?

いや、馬鹿だな、こいつは

「また顔が真っ赤だ!面白え〜」

!?

この馬鹿なんで分かるんだよ!この極度の『ツンデレ症』に

8:美麗:2012/11/29(木) 17:46 ID:gTo

愛華side

何だよこいつは・・・

ホント読めねぇ

まぁいいか

『ツンデレ』ってメンドクサイ

だっていじられ放題で分かりにくくて嫌われ者で・・・

私なんてどうでもいい存在だ

だから今日ちょっといじられただけで調子に乗ったらダメだ

もう、無視しておこう

これで何度目だろう

こんなことを思うのは・・・

早く帰りたい

早退でもしてやろうか

さ、行こう

「じゃあこれで」

私はそう言い教室に行った

9:美麗:2012/11/29(木) 19:50 ID:gTo

愛華side

その後は流れ作業のように授業が進んでいった

だが、一番めんどくさかったのが体育だ

特に体育面では問題はないのだが問題はチーム戦

今はバスケットボールをしている

当然、チームワークがいるのだが・・・何も出来なく突っ立て居るだけだった

暇で暇でたまらなかった

でも、すぐに終わったが・・・

そしていつもの様に一人で帰った

家に着いた瞬間自分の部屋に向かった

そこにはパソコンがあるからだ

そしていつも調べている『馬になれ!』

の掲示板にいく

そこに新しい書き込みがあった

名前は・・・『naoki』


書き込む 最新10 サイトマップ