捨て子〜親のいない子供〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:美麗:2012/11/30(金) 17:50 ID:gTo

プロローグ

初めて知ったことがある

それは、捨て子がこの世の中には、いっぱい居ること

その子たちは母の温かみ、温和な生活・・・

母が居る子には、当然のことを知らないのだ

悲しみに押しつぶされそうな毎日

そんな不安からは逃げられない

可哀想・・・そんなこと思うけど、子供を捨てちゃう人がいるんだ

その子は、どれだけ「助けて!」「ごめんなさい」と叫んだことか

数え切れない程なのにね・・・

誰も助けない

なんて虚しいんだろう

2:美麗:2012/11/30(金) 19:43 ID:gTo

私は「黒木 咲子」36歳だ

もちろん結婚済みである

しかも16歳になる息子と14歳になる娘が一人ずつ

仕事は都内にある大きな病院だ

特に問題も起こしておらず平凡に働いている

そんなある時、毎日のように通勤していたら家の前で

ダンボールが落ちているのを見つけた

微動だに動いてどうも生き物か動物が入っているとしか

考えられない

私は気になってダンボールの中を覗いてみる

そこに入っていたのが4才ぐらいの女の子だった

3:美麗:2012/11/30(金) 20:22 ID:gTo

「嘘・・・なんでこんなところに・・・」

私は声に出してしまった

結構、衰弱していた

だから急いで家に入れないと死ぬけど・・・

そんなことをしたら警察に捕まってしまう

じゃあどうしたらいいものか・・・

しばらく考えて出た答えは施設に預けること

今から行ったてまだどこも開いてないだろうし

ずっと待っていたら仕事に間に合わなくなる

ということで仕事を休むことにした

そして病院の携帯番号を押す

しばらく「プルルルル」と鳴っていてやっと反応があった

「もしもし、看護士の黒木なんですけども
担当の方はいらっしゃらないでしょうか?」

そしてやっと休むことが許された

私は携帯電話を閉じる

今度は、近くの施設に電話した


電話が終わり決まったことが今日その子を施設に預けること

それまでは、私が預かっておくことにした

4:美麗:2012/11/30(金) 21:54 ID:gTo

この歳の子供は何を食べ、何を飲むのか・・・

よく分からないので娘の鈴果を呼ぶことにした

「鈴果〜ちょっと!」

そうすると娘は不機嫌そうな顔をして、上から降りてきた

ブツブツ文句を言っているようだった

「何なの?こんな朝っぱらから
しかもお母さん仕事は?」

思春期を終え特にもう成長することはなくなった娘

中3のくせに・・・やけに憎たらしい

しかももっとヤヤコシイのが反抗期

反応が冷たくなったり、無視したり・・・

困ったもんだ

おっと本題に入らないと鈴果が怒る

「ねぇ4才の子供って何食べるの?
仕事は、休みにしてもらった」

鈴果は・・・変化はしなかった

「さぁ?ネットで調べればいいじゃない
で、何でそんなこと聞くの?」

質問のぶつけ合いにしかならないようだ

5:あんず:2012/11/30(金) 22:09 ID:mTs

おぉ!大人の人が主人公……。
すごいね!!美麗!
あと……。あのさ、美麗って何歳??
難しい話書いてるから……。
中学生?

6:美麗:2012/11/30(金) 22:17 ID:gTo

小5の11さい((クソチビです

7:あんず:2012/11/30(金) 23:04 ID:mTs

嘘!?年下!?
私は小6の11歳。
もうすぐ(12月生まれなんだ♪)12歳

続き楽しみにしてるね♪
あと、私のスレも4649★

8:美麗:2012/12/01(土) 08:27 ID:gTo

>>7
了解♬
雑談になってきたらフリト板に来てね


ダンダン

と音をたてて息子の哲が階段を降りてくる

「ふぁ〜」

哲は呑気にあくびをする

「おはよう母さん、鈴果」

と言ってきたものだから拍子抜けしてしまった

あれ?何だっけ鈴果と話してたこと

「で、何でそんなこと聞くの?」

鈴果が言ってきた

言い方的にはかなり怒っているようだった

「ゴメンゴメン
そこのダンボールの中見てみ」

風呂場の前に置いているダンボールを指差した

「うわ!クッサ!!何この臭い」

と鈴果が言ったものだから少々腹が立った

_____何よ、そこには子供が入っているというのに・・・

9:美麗:2012/12/01(土) 10:28 ID:gTo

あげ。

10:美麗:2012/12/01(土) 17:34 ID:gTo

あげ。

11:美麗:2012/12/01(土) 20:44 ID:gTo

回想:母の居ない少女の記憶

お母さんは、私を産んでくれた

でもお父さんは居なかった

お母さんは、多分だけど17歳くらいの時産んでいるらしい

私が産まれた時は、嬉しくて泣いたそうです

でも捨てられっちゃったけどね

私が泣きたい

捨てている途中私は怖くて泣き叫んだ

なのにお母さんは何も言わずにただ私を運んでいた

その顔はやつれていて悲しそうで・・・諦めるしかなかった

そして私は捨てられた

でも、新しいお母さんが私を拾ってくれた

その時は記憶があやふやだ

その後は色々なことをしてくれて大事にしてくれた

新しいお母さんには、すごく感謝している

12:美麗:2012/12/02(日) 12:55 ID:gTo

あげ。

13:美麗:2012/12/02(日) 17:27 ID:gTo

あげ。

14:リンリン♪:2012/12/02(日) 21:11 ID:Lf.

来ましたー!

「キミと居た日々。」来てくれてありがとうございます!
あの、ちょっと「。」を付けてみてはどうでしょうか?

15:あんず:2012/12/02(日) 21:40 ID:mTs

あの、捨てられた女の子って
4歳ですよね……。
回想に、なんかすごい大人っぽい事
書いてあるけど………。
4歳ですよ!?4歳……。
だから、分かんないんじゃ…………。

16:美麗:2012/12/03(月) 15:47 ID:gTo

>>14
すいませんが私はそういうのちょっと・・・

>>15
いえ、回想なので
いつかいたのか謎です

17:あんず:2012/12/03(月) 20:52 ID:mTs

>>16
あ、ごめんっ!

18:美麗:2012/12/04(火) 22:33 ID:gTo

あげ。

19:匿名さん:2012/12/05(水) 09:04 ID:kVA

なるほど、確かに小5のクソガキだね。4歳の子が食べる物くらいわかるでしょ、子供が中3なら。
話が甘すぎる。
中3は立派な思春期です。全然抜けてません。どうせ、生温い携帯小説ばっか読んでるんでしょ。文章力無さすぎる奴がネット上によくこんなのアップできるね。

20:リンリン♪:2012/12/05(水) 15:09 ID:Lf.

>>19
何故酷い事を言うんですか?
美麗さんが可哀想ですよ。

後、文が大体棒読みです。そっちこそ読解力なさそうですね。
後、人の事言う自分が文章力ないですよ。
少しは文を分解してみればどうでしょうか。
下の様に
文章力無さすぎる奴がネット上に、
よくこんなのアップ出来るね。

見たいな。貴方も文章力無いですよ。

21:とかげ:2012/12/05(水) 15:57 ID:ffE

>>19
美麗さんは美麗さんの書き方で良いじゃないですか。
そもそも、書かなきゃ始まらないですから。

それに、この板はプロを目指して書く訳では無く、趣味や書きたいから書く板ですよ。
人がどんな小説を書いたって、あなたがそうやって言う権利あるのですか?
書いた人にしか権利を渡すことはできません。

リンリン♪さんの言う通りです。

22:アイカ:2012/12/05(水) 16:23 ID:gTo

だったらもう書きません
今、本当に泣いています
それだけ言いたかっただけですので

では、さようなら

23:とかげ:2012/12/05(水) 17:25 ID:ffE

>>22

24:とかげ:2012/12/05(水) 17:27 ID:ffE

>>22
頑張って書き続けて欲しいです・・・。
気にしないでください。

ちなみに23は無視してください

25:凛  ◆0P4w:2012/12/05(水) 19:08 ID:Lf.

こんばんわ、元リンリン♪です。

匿名さんs、酷いですよ・・・。
そのせいで、美麗が、美麗が。。。
小説書かなくなったんですよ!?反省してますか!?

>>24
>>23は、「あ・・・。」とか言おうとしたんですよね?
美麗、可哀そうですよね。。

26:とかげ:2012/12/06(木) 07:11 ID:ffE

美麗さんはどんな気持ちでこの小説を書き続けてきたのでしょう?
匿名さんsには一生分からないでしょうね。
でも、美麗さんが本当に小説を書きたくないなら、私はそれでも良いと思っています。
とにかく、無理だけはさせたくないです。

>>25
いえ、長い文を書いて投稿したらエラーになって変になりました。
美麗さんにこの件は忘れてもらいたいと思っています。


書き込む 最新10 サイトマップ