candy × candy

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:睦月 ◆8skU:2012/11/30(金) 18:15 ID:1sY

prologue

貴方は“前世”のキオクがある?

貴方とは違う。

でも、同じ分身。

そんな、もう1人の人物。

もし、無いのなら欲しいと思う?
それが、辛い過去であってたとしても?

そして、そのキオクのセイで全てを奪われるとしても、
前世のキオクが欲しい?

___貴方なら
      欲しい?

2:睦月 ◆8skU:2012/12/01(土) 16:01 ID:1sY

story1

・・・・今すぐ帰りたい。
10秒以内には確実に帰りたい。

大きな門があり、そこから続く壁には有刺鉄線が張り巡らされている。
大きな門には警備員が2人ほど、そして壁の周りには50mに1人警備員がいた。
壁の中の面積は東京ドーム20の広さだった。
大きな門の横には【Drop学園】と書かれており、
その下には【Candy研究部】と書いてあった。
その門の前には1人の少女が立っていた。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

紺色の髪に右は黒、左は透き通るような青の瞳で精悍な顔つきをしていて
髪も肩より7,8cmほど上と男と言われても納得できそうだった。
露骨に嫌そうな顔をしていたが、何かを決心したかのように、警備員に近づいて行った。

「・・あれ、今日入学希望の子?」

警備員は少女を見るやいなや中に簡単に入れた。
情報が行き届いているのか、警備員はすぐさま中の本部に連絡し、そのまま本部へ連れていった。

3:睦月 ◆8skU:2012/12/01(土) 19:34 ID:1sY

今の内に説明しておこう。
この学園は選ばれた人間のdrop達が入る学園で、
初等部から高等部まであり、
人格が保つまでのサポートをしていってくれる。
サポートの必要な理由は後程伝えよう。
本部には初等部から高等部までの校長と学園長、
そして職員がいる1Fと研究員達のいる2Fに分かれている。
説明が長くなってしまった。
まぁ、少女は1Fの職員室へ連れて行かれた。

「・・・失礼します」

少女はそう言って入って言った。
少女の声は少々低めで大人っぽい声。

「あ、待っていたよ。君が転入生だね?」

一番廊下側の後ろに座っていた黄土色の髪に右は黒、
左は薄い黄をした先生が立ち上がった。

「・・はい。
 水垣 蒼紀(ミズガキ アオキ)です」

少女は蒼紀と名乗り、教師に一礼した。

4:睦月 ◆8skU:2012/12/02(日) 15:52 ID:1sY

「で、“覚醒済み”?」

教師はそう言ってニコリと作り笑いを浮かべた。
少女、蒼紀は無表情のまま返答する。

「いえ、外見のみでの判断です」

それを聞いた教師は眉を潜める。
だが、蒼紀は無表情を崩さず、瞬き1つしない。

「ということは、学園の制度は知っているかい?
 君の学園内での支障とか…」

教師の質問に蒼紀は首を横に振った。
やはり無表情のまま。

「そうか。制度は順を追って話そう
 支障っていうのなんだけど、覚醒していない生徒は
 覚醒している生徒以下になるんだ。
 ということで、国から支給されている備品なども生徒以下になる
 いいかい?」

教師はそう説明して蒼紀を見た。
蒼紀は無表情ではなく、溜め息をつきながら教師を見て言った。

「もしNoと言っても学園に入るのは定めですよね?
 ならYesもNoもないですよね?」

そのコメントに教師は何も返さなかった。
いや、返せなかった。
教師は蒼紀をそのまま初等部校長のところへ案内した。

5:睦月 ◆8skU:2012/12/02(日) 20:27 ID:1sY

「・・失礼します」

蒼紀はまた無表情のまま校長室に入った。
中には高そうな椅子に座った女性だった。
いや、女性じゃない10代真ん中の可愛らしい女の子だった。
肩までの軽いパーマの髪で前髪は三編みにして
右の耳に掛けるようにしていた。
やはり、右目は黒、左目はピンクのオットアイだった。
そして髪もピンク。整った顔で可愛らしかった。

「貴方が転入生?
 ・・可愛い!!でも、Dなのね……
 頑張って覚醒してちょうだい!!
 私は貴方に後継ぎを任せたいわ」

ニコニコと微笑む校長は人形のようだった。
然程、蒼紀と背丈は変わらないが全然違った。

「学園生活を楽しんで♪
 …………あまり、でしゃばらないことよ」

明るく微笑みながら言った校長だが、後半は冷たく氷のような鋭い言葉だった。

「・・・・・・・」

だが、蒼紀は無表情のまま、校長室をあとにした。

6:睦月 ◆6wNU hoge:2013/01/19(土) 14:31 ID:eyU

お試し中です♥


書き込む 最新10 サイトマップ