スズハ・ハッピープロジェクト!

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:まかろん:2012/11/30(金) 21:30 ID:P9w

掛け持ち2つ目です!あんまり続かないので、今回は頑張って続けます。

登場人物
*森本 鈴波*
★通称「スズハ」で、高校1年の女子。
★後術の正樹とは幼なじみで、付き合っている。が・・・そう長く続かず・・・?
柔道が得意で、現在三段。
★容姿: 黒髪ロングヘアーで、スタイルは結構いい。
★性格: 一直線で正義感が強い(と言ってもただのお人好し)のだが、結局はいつも空回りばかり。

*宍戸 正樹*
☆通称「マサ」で、高校1年の男子。
☆ スズハとは幼なじみで、付き合っている。が・・・そう長く続かず・・・?
☆容姿: 端正な顔立ち(いわゆるイケメン)と、長身で、女子に相当モテている。
☆性格: 今まで顔がいいだけで大概のことは通ってきたので、お気楽で自由奔放。
女ったらしで、現在、鈴波を含め3又をかけている。

*吉川 双葉*
♧通称「双葉ちゃん」で、高校1年の女子。
♧マサとは中学のときの同級生で、そのときから一途にマサが好き。今は、スズハとマサとは違う高校に通っている。
♧容姿: 特徴は小柄なところぐらいで、どちらかと言うと地味な、どこにでもいそうな普通の女の子。
♧性格: 純粋で素直な性格であるが、それゆえにだまされやすくいつも損をしている。でも、健気に頑張る。
今時地味で冴えない子だが、マサを想い、精一杯努力をしている。

2:まかろん:2012/12/01(土) 10:00 ID:P9w

第1話『これは空回りの始まりです。』
ただいま、あたし、森本鈴波は珍しくカンカンに怒っている。
「ちょっとマサあれはどういうことなの!?」
「えー?なあんのこと?」
マサは昔から隠し事があるときは文字を伸ばしてとぼけるクセがあるのだ。
ムカっとしたあたしは、
「どりゃあ!!」
あたしお得意の投げ技をし、マサに迫る。
「いったい、何すんだよ!?それはオレも悪いことしたよ。
でもさ〜、瞳さんもエミちゃんもオレのことすきって言ってくれてんだからさー」
と、泣きながら言う。ますますムカつく。
んなこと知るか。確かにマサのもう2人の彼女は、あたしよりよっぽど美人だ。
でも、全員お遊びでしかない。
「じゃあ、今すぐ二人に別れろって言って。ま、当たり前にあたしも別れるけど。」
と、しばらくすると、瞳っていう人とエミって人に電話で
「別れてくれ〜、じゃなきゃオレは一生ボコボコにされるはめになる・・・!」
と伝えた。そして、二人のメールアドレス、電話番号、写真を全て消去した。
そして、斜め前の自分家に走って行く。
まあ、浮気されてもどうってことないけど。
だってあたしたちは「あーあ、あたしも彼氏ほしいな。」って言って、「オレなんかどう?」って
こたえられて、「じゃあ付き合おっか」という流れで付き合っただけなのだから。
要するに、恋愛感情なんかもってなかったのだ。
かといって、一応付き合っていたのだから、腹が立つのも当然のこと。

よし決めた!今度女の子にあたしみたいな気持ちにさせないように、
マサの本命の彼女をさがさなきゃ‼

続く


書き込む 最新10 サイトマップ