ヒカリノカナタ

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:睦月 ◆6wNU:2012/12/08(土) 20:09 ID:1sY

どーも、睦月デス!!
最近、長続きしなくて悩んでいます…

昔、書いていた[ソラノヒカリ]っぽく[ヒカリノカナタ]です☆
作文は得意なんですが小説は苦手です…
駄作ですが応援宜しくお願いします
一応、書いときますね

 ルール
□荒し、ナリ(いないけどパクリ)は無し
□雑談、宣伝等はお控え下さい
□アドバイス、感想、応援コメント宜しくデス
□ソラノヒカリに似てるかも(>д<)
□更新諦めても文句は無しで…

他は・・特にナイですね
では、どーぞ宜しくデス!!

2:林檎:2012/12/08(土) 21:51 ID:Qjs

え!?日向!?

3:睦月 ◆6wNU:2012/12/09(日) 10:33 ID:1sY

はい、そうです

4:睦月 ◆6wNU:2012/12/09(日) 11:18 ID:1sY

−プロローグ−

蒼い空が広がっている。
春の日射しは暖かで、舞い落ちる桜と合っていた。
キラキラと光る朝露。

そんな穏やかな場所には、大きな寮があった。
大きいと言っても、2階建てで普通の小学校の半分ほどの大きさの建物だ。
古びた感じが、かなりの年を感じさせた。

その寮の一室で、1つの目覚まし時計が、けたたましく鳴り響いていた。
だが、そんなことは気にせず、ベッドの主は気持ち良さそうに眠っていた。

___何も知らない少女は、気持ち良さそうに寝ていた。

5:睦月 ◆6wNU:2012/12/09(日) 13:22 ID:1sY

−主人公設定−

 陽遊 彼方 ヨウユウ カナタ
○中学1年生
○一人称⇒私
○寮生の1人
○不思議な感じで何を考えているか分からない
○いつも1人で、それに慣れている

6:睦月:2012/12/09(日) 13:37 ID:1sY

>>2 えと、まぁ日陰ですけどね

7:睦月 ◆6wNU:2012/12/09(日) 16:03 ID:1sY

−I− (アイジャナイデス、イチデス)

あの目覚まし音が、どれだけ鳴っただろうか?
もう数分は鳴り続けていて、苦情が来ないかハラハラするほど鳴っている。

そこで、やっとベッドの主が起きた。
昨晩、髪を乾かさずに寝たのだろう、そのように予想できる酷い寝癖だった。
しかも、寝起きも悪くムスッとした顔で目覚まし時計を見る。

「・・なんで鳴るのさ!」

少女はそう言って目覚まし時計を睨み付け、やっと気がついた。
その目覚まし時計が、8:21を知らせていたと。

「・・・ウソっ!?」

慌てて飛び起きると、クローゼットにあった制服を着る。
セーラー服のような形で、胸にはネクタイをつけ、鞄を持った。
そして、部屋を出て鍵を閉める。
慣れているのか、素早く階段を降りて一階へ。

「あら、カナタちゃん。朝ごはんは?」

呑気な寮母の高松さんがニコリと微笑みながら出迎えてくれる。
『なんと良い寮なのだろう。』
そう思ってくれた方、サンキュー。
だが、主人公のカナタはそんなこと気にせず高松さんを見て

「ノーサンキューです」

そう言って鞄を片手に全力ダッシュ。
高松さんは、そんな背中を見ながら考えていました。

『カナタちゃんだけ、寮用代金、倍取ろうかしら?』

8:睦月 ◆6wNU:2012/12/09(日) 19:35 ID:1sY

寮母の高松さんがそう考えている間も
カナタは走って走って歩いて、走って走って歩いてを繰り返していました。
と言っても、朝食なしの寝起き娘が約2分で軽い丘を越えて
そこから500mほどのところにある校舎に着くわけがありません。
いや、この距離には流石に苦情がありますが寮を使わない生徒で、
もっと遠い人もいるという発言で一切文句は受け付けられないようになったんですよ。
まぁ、いくら食事のためなら100mを8秒で行けるカナタでも無理ということです。

チャイムが鳴ったと共に急ブレーキ。
まぁ普通は落ち込みながら登校でしょ?
ですが、ですね?
そこからは学校指定の鞄を振り回しながら歩き始めたんですよ、主人公。
しかも、天にも上る軽やかな足取りで。
いや奥さん、ちょっと聞いて下さいよ。
今日、入学式なんですよ?
なのに、この余裕っぷり…こんな自信どこからくるんだか。
いやまぁ、どこから来るのかは後程、説明しますよ。

「・・ハァー。遅刻は慣れてるけどショック」

うつ向きながら呟くカナタ。
いやでも、全然余裕に見えますよね〜。
先程の説明、読み飛ばした人、又は読んだ人、もう一度読みましょう。
確か12, 3行目ですよ?

まぁ、このバカな主人公が歩いている間に軽い説明といきましょうか。
ここは【雲雀丘学園(ヒバリガオカガクエン)】。
初等部から高等部まである、今どき珍しい学園だ。
昨年改築して真新しい真っ白な校舎。
緑多き学園をモットーに芝生の校庭。

はい、今の発言、私には聞こえましたよ?
『羨まし〜、良い学園じゃ〜ん!』
でしょ〜?
しかも受験じゃなくて抽選式ー!!
この最高な学園に主人公は通っているんですよ〜。

9:睦月 ◆6wNU:2012/12/09(日) 19:47 ID:1sY

一応ですが、兵庫に実在する雲雀丘学園とは何の縁を御座いません
今、検索したら実在してましたが、これはフィクションですし
舞台は東京なんで…


書き込む 最新10 サイトマップ