病んでる人が書いた小説2

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ぱる:2012/12/11(火) 23:28 ID:W2I

以前立てたスレッドがみつかりませんでした・・・


7月21日土曜日。やっと二年生の一学期が終わった。HRが終わったあとの教室は夏休みの計画を立てる声でカオスだった。下らないと思った。友達とか親友とか。結局、裏切られるのに。と。
そそくさと帰り支度をして、静かに教室をでた。



電車に乗り込んだ。今日はまっすぐ家には帰らない。1時間ほど電車に乗ったあと、私はド田舎の駅におりた。そこから徒歩30分。あの場所についた

はがれかけた外壁、割れたガラス。2年の今日、この学校で自殺した少女がいた。それから、この学校は風評被害によって、去年廃校になった。


埃まみれの階段をのぼり、屋上にでた。真夏の太陽が容赦なくアスファルトを照りつけた。
周りを見渡すと、花束がをみつけた。彼女が飛び降りたとされたところだ。その場所に私はたった。

彼女の名前は相沢カンナ。自殺サイトで知り合ったため、本名かどうかは分からなかった。カンナは私の分身のようだった



中2の冬、私は友達に裏切られた。周りからしたら大したことはないのだろうが…。
当時正義感の強かった私は、友達とクラスで起きていたイジメの解決にのりだしていた。サキ、カナエ、ノゾミと。
ある日男子からメールがきた。「お前、嫌われてりから」と。サキに相談した。すると自業自得だと言われた。3人は男子
に私に強要されていると言った。こっちのセリフだった。クラスの奴らとこのバカ女に引っかかった自分に腹がたった。
そこからは、シカトの嵐。


友達なんて馬鹿らしいと思った。だからネットに気兼ねなく話せる友達をつくろうとした。初めは興味本位だった。自殺サイトをみたのは。リスト
をめくっていた私の手がとまった。まさに私と同じ境遇の人をみつけたから。

相沢カンナ。同級生らしい。カンナは友達から裏切られた挙げ句、自分が嫌いになったと綴っていた。

すぐに私たちは友達になった。


カンナのスレッドに毎日かかれるのは、クラスメートからのイジメの内容て自分を嫌いになっていく自分についてだった。


まるで自分のことを言われているようだった。

中3になっても状況は変わらなかった。カンナだけは。私はバカ女達から謝られた。軽蔑しかしてないが、こっちも大人なので、許してやった。


もうすぐ夏休みというときだった。カンナが日記をやめたのは。その日以来、私は自殺サイトをみなくなった。

1ヶ月後カンナが死んだと知ったのは、ニュースをみていた時だった。自殺だった


しばらく開かなかったスレッドを開いた。遺書らしきものがあった。




絵美へ
今日ね、裏切ったこに謝られたの。嬉しかった〜でもね、帰りに聞いちゃったんだ。また裏切ってショック死させちゃおうって言ってたの。
私はもう無理みたい。
さようなら。



カンナは負けたんだ。
彼女は最後までうらぎりものを信じた。
だから死んだ。


私は花束を見た。罪滅ぼしだろうか。裏切り者は自覚がない場合が多いからそんなことすら思ってなさそうだが。

すると携帯がなった。メールだ。サキからだ。

夏休み、ディズニー行こうよ〜

こいつもか。と思いながら、

うん!いくいくー(≧∇≦)
と返した。そんなもんだ。


日が傾きはじめた。
私はまた埃まみれの階段をおりた。
そして呟いた。
ねぇカンナ。バカみたいに人を信用して寿命が短いのと、他人を見下して長生きするのどっちが幸せかなぁっと。

わからないね〜

そんな呑気な答えが聞こえたきがした。


書き込む 最新10 サイトマップ