メイド始めましたっ!

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:MA−TAN:2012/12/12(水) 00:32 ID:i-6ko

初めてネットで小説書きます!分かりにくい文章とかもででくると思いますけど、ご了承下さい。
荒らしは辞めましょうね!
少しでもコメントしてもらえると嬉しいです

2:MA−TAN:2012/12/12(水) 00:50 ID:i-yH6

大東 花梨
くりっとした瞳に長い睫毛
ピンクの唇
焦げ茶のロングヘアー
スタイルが良い
大東グループの社長令嬢


海城 宗也(そうや)
切れ長の瞳にすっと通った鼻
薄い唇
長身
社長(ファッション会社)

3:MA−TAN:2012/12/12(水) 01:29 ID:i-ZVY

第一話

私、大東花梨は大東グループの後継者です。

いわゆる、令嬢。

「佐藤さん、明日の食事会、このワンピースで良いかな?」

サテンの白いワンピースを着て、メイドの佐藤さんに尋ねた。

「はい。よくお似合いです。靴は今朝届きました。」

佐藤さんは笑顔で靴の箱を私に渡した。

「可愛い!」
靴を見てそう言おうとしたとき。

♪〜♪〜

ガラステーブルの上でケータイが鳴った。

「はい。」

『あ、花梨か?今から○○ホテルまで来てくれるか?』

電話したのはお父さん。
「分かりました。すぐに向かいます。」

4:ユズ:2012/12/12(水) 15:09 ID:kwE



私も、メイドの小説書いてるんですよ!

『どうせもう止められない』です
もしよかったら来てください!

タメ&呼び捨てOKですか?うちはOKです

小説、おもしろそうです!
頑張ってください!!

5:MA−TAN:2012/12/12(水) 18:11 ID:i-Gso





車に揺られて30分。

目の前には高層の立派なホテル。

ロビーは大理石の床。

お父さんはもう居て、ロビーにある黒いソファに座っていた。

私は正面のブラウンのソファに座った。

「花梨、突然だが、お父さんは仕事でオーストラリアに行くことになった。」

お父さんは私に真剣な顔をして言った。

6:MA−TAN:2012/12/12(水) 18:18 ID:i-miw

「そうなの?どの位の期間?」

よくあることなので、私は何食わぬ顔で出された紅茶を飲みながららたずねた。

「まだ分からない。その間、花梨は…。」

「お母様と家で待ってるわ。心配しないで。」

7:MA−TAN:2012/12/12(水) 18:53 ID:i-tTA

「違う、今回は紗英も行く。」

紗英=お母さん
つまり、私はお留守番っていうこと?

「大事な仕事だからな。」

お母さんは副社長でもある。

「花梨は…。」

私は?

「海城家で預かって貰うことにした。」

か、いじょう…?

よくわからないという顔の私にお父さんは続ける。

「海城君は父さんの後輩でな、今でもよくあっているんだ。花梨と年も近いし、何より信用できる。」

そんな、会ったことも無い人の家に…。

「お父様、むちゃいわないで。大体、知らない人にお世話になるなんて。」

「誰も居候しろとは言ってない。」

「へ…。」

「メイドとして、働くんだよ。」

8:MA−TAN:2012/12/12(水) 21:03 ID:i-56c

メイド。。
って、あのメイド?

お帰りなさいご主人様とかいうあの。

「なんでメイドなの?」
「いい社会勉強にでもなるだろいと思ってな。」
「でも、どんなことすればいいかわからないよ。」

「大丈夫だ。そのへんは海城君が教えてくれるから。」

それじゃ、と、お父さんは残ったコーヒーを飲み干して去って行った。

9:あんず:2012/12/12(水) 21:06 ID:mTs

面白いですね。
入っていいですか??

10:MA−TAN:2012/12/12(水) 21:12 ID:i-Fe6

どうしよう。

あまりの展開の速さについていけない。

お父さんはいつもいきなり何だから。

私が小さいときも、よく思いつきで海外旅行とかしたっけ。

車内で外の景色を見つめながら物思いに耽っていた。

11:真由子:2012/12/12(水) 21:15 ID:i-nWI

あんずさん、小説の続きを書くのはやめてね!

コメントは大歓迎です
真由子はMA−TANです!

12:MA−TAN:2012/12/12(水) 21:23 ID:i-nWI





ついに今日はお父さんとお母さんがオーストラリアに行く日。

なんと、お父さんが私に言って一週間も経ってない。

学校も、少しの間だけだけど、移ることにした。
社会勉強なので、公立の普通の学校。


「花梨〜、行ってくるわね。体に気をつけるのよ〜!」

お母さんが空港で私に向かった手を振る。

私も笑顔でふりかえした。

13:MA−TAN:2012/12/12(水) 23:21 ID:i-ZVY




家に帰ると、キャリーバックに残った荷物を詰め込んだ。(服とかは送っている)

「いってらっしゃいませ。」

佐藤さんの穏やかな笑みに見送られ、家を後にした。

門の前には外車が止まっていて、それで海城家に向かった。



「お待ちして降りました大東様。」

海城家に着くと、30代くらいの真面目そうな男性が挨拶をしてきた。

「よろしくお願いします。大東花梨です。」

お互いに挨拶を済ますと、奥の部屋に連れて行かれた。

14:MA−TAN:2012/12/12(水) 23:33 ID:i-2Dw

「これに着がえて、宗也様の帰りをお待ち下さい。」

そういって永田さん(←名前聞いた)が渡したのは、メイド服。

黒地に白いエプロンとレースがついた定番の物だ。

胸まである長い髪はポニーテールにした。

今は午後3時。あとどのくらいで宗也さんが帰ってくるのかな。

永田さんに聞くと、3時間後の6時だそうだ。

15:ユズ:2012/12/13(木) 17:15 ID:kwE


や〜〜

おもしろそぉ!!
こうみると、恋愛系ですか?

16:ユズ:2012/12/13(木) 17:23 ID:kwE



あと、スレきてくれて
ありがとぅございます!!

17:MA−TAN:2012/12/13(木) 18:16 ID:i-ZVY

宗也さんが帰ってくるまで荷物の整理をする事にした。

私の部屋は十畳くらいの広さで、ピンクのカーペットが敷いてあった。

キングサイズのベッドに机まで。

使用人(メイド)の分際でこんな立派な部屋にして貰って良いのかな…。

部屋の隅に置いてあるダンボール箱から衣類などを取り出し、クローゼットにしまった。



「花梨様、宗谷様がお帰りです。」

「あっ、はい!」

慌てて服についた皺を手で伸ばして、永田さんの後を追った。

18:MA−TAN:2012/12/14(金) 00:28 ID:i-4WY

宗也さん…。

どんな人何だろう。

メイドの仕事なんて私に出来るのかな。

ううん、お作法はお母さんに厳しく教えて貰っているから大丈夫なはず。
ドキドキと緊張で早くなる鼓動。


ガチャ

玄関のドアがゆっくりと開いた。

「お帰りなさいませ、宗也様」

私は頭を深く下げた。

19:爬虫類:2012/12/15(土) 20:08 ID:dcM

うわぁ〜!すごく面白いね!!
続きを楽しみにしてます!!
あっ!自己紹介してませんでしたね!安田美奈(あんだみな)と申します。よろしくです!!

20:美奈:2012/12/15(土) 20:11 ID:dcM

ヤベェ・・・・
名前まちがえた・・・
・・・まぁ、気になさらずに〜〜(オホホホホ♪)

21:真由子:2012/12/15(土) 21:19 ID:i-meA

コメントありがとう

22:ユズ:2012/12/16(日) 10:33 ID:kwE



おもしろそぉ〜〜♪

続きが見たい!!

23:真由子:2012/12/18(火) 23:35 ID:i-NGc

みんなコメントアリガトー♪


ユズ、また見に行くね〜。

24:MA−TAN:2012/12/19(水) 00:03 ID:i-dik

宗也 side
最近仕事が増え始めた。だから家では飯もロクに食わないし、部屋も散らかってる。

家政婦を雇ったり、秘書をつければ少しは楽になるだろうだろうけど、そういうのはなんか嫌だ。(永田は仕事の時だけ)

そんなある日、お世話になっている大東さん(先輩)から大東さんの娘を進められた。

なぜ娘を進めたかというと、仕事で海外に赴任している間心配だからだそうだ。

大東さんの娘…。
会ってみたいな…。

そんな興味本位でメイドとして雇ってみることにした。

25:MA−TAN:2012/12/19(水) 00:33 ID:i-NGc



ゆっくりと頭を上げると、一人の男の人が目に入った。

わわ…。
すごい格好良い…。

切れ長の目にすっと通った鼻、薄い唇。
長めの黒髪はワックスで少し遊ばせていて。
長身にスーツが良く似合っていて。

芸能人顔負けのプロポーション。

「あ、お前が大東さんの娘?」

声まで格好良い…。
男の人は私の顔を覗き込んで言った。

「はい、大東花梨でと言います。よ、よろしくお願いします。」

「俺は海城宗也だ。早速手伝って欲しいことあるからこい。」

宗也さんはスタスタと歩きだした。

26:友紀:2012/12/19(水) 01:12 ID:i-gKw

イケメンキター!(≧∀≦)

27:美奈:2012/12/19(水) 17:46 ID:dcM

宗也、カッコいい〜!!

28:とかげ ◆TwCg:2012/12/21(金) 07:14 ID:ffE

人物の心情が描かれていて分かりやすくて、面白い!!

更新頑張ってO(*><*)O

29:MA−TAN:2012/12/21(金) 21:18 ID:i-K8Y

ありがとう
とかげちゃん、喧嘩上等見てるよ!

30:真由子:2012/12/21(金) 21:22 ID:i-56c

喧嘩上等の女の子、格好良いよね!

31:MA−TAN:2012/12/21(金) 21:31 ID:i-56c

「これ、20枚コピーしといてくれ。」

宗也さんが書類を机に置く。

「あと、その机お前のだから。置いてあるパソコンも好きに使え。」

指差したホワイトの机には赤いノートパソコンが置いてあった。

「あの、夕食は何時にしましょう?」

遠慮がちに聞いてみると、「7時半」とだけ答えてパソコンをし始めた。

32:由衣:2012/12/22(土) 01:04 ID:i-GiI

お嬢様がメイドで、イケメンとの恋なんて萌萌

33:とかげ ◆TwCg:2012/12/22(土) 09:52 ID:ffE

MA−TANさん

読んでいてくれてありがとう><
私も読んでますよ〜(*^^*)

34:真由子:2012/12/22(土) 18:05 ID:i-B2.

あげ

35:美奈:2012/12/23(日) 11:32 ID:dcM

宗也好き〜〜

36:ユリ:2012/12/24(月) 11:58 ID:i-Kkg

続き頑張って〜。

37:林檎:2012/12/24(月) 19:55 ID:CGY

来ました!面白いですね!

38:MA−TAN:2012/12/24(月) 20:02 ID:i-dqo

みんな、読んでくれてありがとーね(泣)

39:早田:2012/12/25(火) 20:44 ID:i-4WY

いい!すごくいい!

40:ま:2012/12/26(水) 20:58 ID:i-FPs

あげ

41:MA−TAN:2012/12/27(木) 21:48 ID:i-F2M

あげ

42:爬虫類:2012/12/27(木) 21:59 ID:dcM

あげ♪

43:MA−TAN:2012/12/28(金) 00:58 ID:i-..s

コピー機にA4のコピー用紙を二十枚入れて、【カラー二十枚】とボタンを押した。

うーん、なに作ろう…。私、和食が得意なんだよね。

時間的に…味噌汁と、ごはんと、、、チキン南蛮でも作ろうかな。
あと、酢の物も!


クローゼットから、ピンクのエプロンを取り出した。

紘叔父様(お父様の兄)から頂いたエプロン、有り難く使わせて頂きます。
ガチャ


キッチンにはたくさんの種類の食器と、料理器具が揃えられていた。

3日前に発売されたばかりの圧力鍋まで…!!

ま、大東家も品揃え(店かよヽ(^^))は負けてないけれどね。

44:MA−TAN:2012/12/28(金) 01:12 ID:i-tTA

「花梨は料理が好きだと大東さんに聞いた。…だから、美味い飯を期待している。」

いきなり声がしたと思ったら、宗也さんがいつの間にかキッチンにいた。
て、あれ…?
料理器具や食器が新しくて種類が多いのは、私の為に宗也さんが買ってくれたって事…?

なんだか嬉しくて、宗也さんをじっと見つめてると、

「なんだよ、そんなまじまじみんな。」

っていわれた。

ちょっぴり耳を赤くして。

なんか…可愛いかも。

そう思ったのは口が裂けても言えない。

「出来たら呼んでくれ。」

宗也さんはまた部屋に戻って行った。

45:美奈:2012/12/29(土) 09:03 ID:Oqg

花梨は宗也の事が好き?

46:美奈:2012/12/29(土) 09:04 ID:Oqg

かな?

47:カルパッチョ:2012/12/30(日) 11:28 ID:Oqg

あげ

48:MA−TAN:2013/01/03(木) 12:33 ID:i-nWI

あげ


書き込む 最新10 サイトマップ