運命、

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:莉菜@in増殖中なぅ、:2012/12/15(土) 20:42 ID:NaM

私は、『運命』は、神からの『定め』だと思う。
町中を歩く彼も、学校に通っている少女も、神が決めた行動をしている。
人は、神に忠実だ。
そんな私は、夢を見た。
愚かな夢だ。
……これは、神からの警告なのかも、しれない。

2:莉菜@in増殖中なぅ、:2012/12/15(土) 20:51 ID:NaM

ブロンドの髪の男の子が問う。
「何でキミはここにいるの?」
赤い髪の女の子が問う。
「どうしてキミは恐れないの?」
黒い髪の男の子が問う。
「どうしてキミは心臓が動いてるの?」
緑の髪の女の子が問う。
「何でキミは生きてるの?」
白銀の髪の女の子が問う。
「何でキミは、死んでないの?」

ーーー

「へ? 夢?」
「そ、夢」
「なあんだ、神妙な顔で言うから何事かと思ったら」

3:莉菜@in増殖中なぅ、:2012/12/16(日) 10:31 ID:x4w

繭はイチゴ牛乳を飲みながら言った。
「失礼な。そんならジュース代返せ」
「あ〜ん、ごめぇん美佳ちゅあ〜ん」
手をすりすりとさせる繭を見ながら、小さくため息を吐いた。
「もういいよ、別に。それより何の話してたんだっけ?」
「夢がどうこう」
「そうなの。いつのまにか子供に囲まれていて、何でキミは生きてるの? 何でキミは死んでないの?って質問攻めのされんの」
繭はツインテールを揺らしながらほおほおと頷いた。

4:マスカット:2012/12/16(日) 20:35 ID:KEs

面白いです!!頑張って下さい!

5:林檎:2012/12/16(日) 21:05 ID:oeU

面白いですね!
後、主人公?の名前なんて書いて
あるんですか?←小学生なので…
わかんないです!


書き込む 最新10 サイトマップ