即刻退場

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:莉菜@in下がり気味なぅ、:2012/12/18(火) 21:02 ID:xBM

年間何人死んでいる?
自分に呆れて死んでいる?
死=退場退場♪

ココは退場者たちの街!
死んだあなたも殺されたあなたもみぃんなみぃんなここに来る☆
あ、ごめんなさい! 自己紹介が遅れちゃいましたね☆
私はリリィ。またの名を漆黒のリリィというのです、ひゃっほい!!
死んだ人たちが集まる夢の国っ。

さあ、お立ち会いお立ち会い!!

2:莉菜@in減少中なぅ:2012/12/19(水) 20:31 ID:xBM

※ちゅーい※
リリィという子が出てきますが、それは私の分身みたいな子です(笑
リリィちゃんの活躍をお見逃しなく!!!

3:莉菜@漆黒のリリィ:2012/12/19(水) 20:46 ID:xBM

さあお立ち会いお立ち会い!
自殺した女子高生に、家族に殺されたおじさん!
産まれてすぐ死んだ赤ん坊に、餓死した野良犬!
衰弱死したおじいちゃん、おばあちゃんもここに来ればいつのまにか極楽天国!
自分で死んだ人も、殺された人も、ここに来ればみぃんな幸せのワンダーランド!
それが、【アインクロード】!!
別名、死の国!

4:莉菜@漆黒のリリィ:2012/12/19(水) 20:54 ID:xBM

「おぉ、リリィちゃん! 今日もべっぴんさんだねぇ」

八百屋の店主、ザードはガッハッハと笑い、林檎を手を磨きながら言った。
リリィちゃんと呼ばれた髪の長い女性は、くるっと振り向いた。
風になびく綺麗な栗色のロングヘア。
引き締まった身体に、自然と目が行ってしまう。

「ザードさん、おはよう! 今日はのんびりしたいんだけど、この世界に、公園とかあるの?」

「バカ言っちゃいけねぇ、リリィちゃん。何でもあるぜ、この世界にはな」

張り裂けそうなほど口を開けて笑いながら、両手を大きく広げた。
リリィはその姿を見て、微笑んだ。

ーーーアインクロード。
いつのまにかやって来たこの国には、何でもある。
前の世界にあったゲーム機やTV。


書き込む 最新10 サイトマップ