恋を教えてくれてありがとう。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:オレンジ:2012/12/20(木) 14:14 ID:IK.

オレンジです。
『命のカウントダウン』
『わがままなキス』を書いています。
まぁ、わがままなキスハホッタラカシ………
掛け持ちしちゃいました☆<
恋愛&友情もの小説です。
どうぞご覧あれ。

2:オレンジ:2012/12/20(木) 14:17 ID:IK.

__『恋』_____
よく、みんなに「初恋はいつ?」って聞かれる。
けれど、初恋なんて………






                       したことない!






なんだかんだで、生きてて15年目。

私に人生最大のピークが来ました!


その名は……………『モテキ』!

3:オレンジ:2012/12/20(木) 14:22 ID:IK.

「好きです____」

よく、見かける男子ども。
顔はいまいちだし、頭もいまいち。
そんなんでOKなんて…
言えるわけねぇよ!

「ごめんなさい……私…付き合えないの。」

そう謝ると、男子は逃げる。
モテキって辛い。

「早く、本当の恋をしたい___」

耳につけている、ピアスが揺れる。
このピアスは、あの人との…大切な………

ううん。
思い出しちゃいけない。
思い出しちゃいけない思い出だから。

そんなことを思いながら、学校から帰る。
それが日常。
でも、今日は漫画みたいなことが起こる。
少女漫画みたいな恋が始まる____

4:オレンジ:2012/12/20(木) 15:59 ID:YU.

みんなの読んでいる、少女漫画の恋の始まり方って、どんなの?

転入してきた人のことを好きになったり?

幼馴染みのことが好きになったり?

……………………でも。
私の恋の始まり方は____。

席替えで、隣の席になった。
だった________。




*特別 自己紹介*

私は、白井 那乃。
高校一年生。
チャームポイントは、栗色の髪の毛。
外見は、笑顔がかわいい女の子。
耳にピアスをしていて…
そのピアスには、思い出したくない思い出がある。

5:ラビ:2012/12/20(木) 16:02 ID:avc

入ってもいいですか?
恋愛小説大好きです!

6:オレンジ:2012/12/20(木) 16:24 ID:YU.

ラビs>>
どうぞー★

7:オレンジ:2012/12/20(木) 16:40 ID:YU.

今日、席替えをしました。
その時…喋ったことのない、男子が横の席____。

「えっと…よろしく。」

「えっ?あぁ……よっしく。」

顔……結構イケメン。
その時。

「こ〜ら〜?白井〜〜??」

ってゲッ!
担任の、村上がこっち見てる。
しかも、睨んでる………。

「ずいぶん、暇そうだなぁ?」

「全然 暇じゃないです。」

私は、否定する。
だって絶対、難しい問題出すから。

「こんどしたら…………ニヤッ」

村上の笑み怖ッ!!

「ば〜か。」

………………は?
隣の席から、小さく『ばか』って聞こえた。

「なぁ〜にぃ〜!!」

私は、小さい声で怒る。

「俺は、『今井 湊』だ。お前みたいにバカではない。」

「っ…あんたねぇ。女の子に対してバカとは何よ!」

「白井っっ!!!!!!」

私は、自分が席を立ち、叫んでいたことに今 気づいた。

「お前、居残りな。  ニヤッ」

…………っ……最悪。

「ば〜か ば〜か」

っ…こいつ……………ムカつく!!





私の隣の席になったのは、最低な男子でした。

8:ラビ:2012/12/20(木) 16:58 ID:/h2

オレンジ、ありがとう!←(タメで良い?)

イケメンだけど最低男か〜…
でも、そういう人こそ心は暖かい人って言うよね!

9:マスカット:2012/12/20(木) 17:20 ID:KEs

すごく面白いです!
「命のカウントダウン」も、
面白いです!頑張って下さい。

10:オレンジ:2012/12/20(木) 17:27 ID:YU.

ラビ>>
いえいえ。
タメOKだよー☆
イケメンだけど、最低w
自分でも、おもしろい設定だと気づいたww


マスカットs>>
ありがとうございます!
がんばります。
呼びタメOKでしょうか(>_<)

11:ラビ:2012/12/20(木) 17:38 ID:/h2

うん☆面白い設定だよねww
でも私そういう男子嫌いじゃない♪

「命のカウントダウン」見たよ〜^^
面白かったよ〜 コメント書いといた♪

12:オレンジ:2012/12/20(木) 17:50 ID:YU.

ありがとう♪
今から書くね!

13:オレンジ:2012/12/20(木) 17:57 ID:YU.

+帰り道+

「もぉ〜、あいつムカつく〜〜。」

私は、怒りながら帰った。

「ムカつかせて、悪かったな。」

後ろから、不吉な声がする。
まさか、と思って後ろを向くと…
湊がいた。

「帰んの遅すぎ。」

「部活だよ。ばーか。」

「黙れ。」

やっぱムカつく。

こいつのせいで、人生変わるわ。





そうです。
本当に変わってしまいました。

14:ラビ:2012/12/21(金) 15:33 ID:kQM

今回も面白かったよ^^
人生変わるって…どう変わっちゃうの!?

15:ラビ:2012/12/21(金) 15:56 ID:kQM

今回も面白かったよ^^!
人生が変わるって…どう変わっちゃうの!?

16:オレンジ:2012/12/21(金) 16:45 ID:YU.

ここに来てくださった方々。
自分勝手で悪いんですが…………
もうこの小説は書けません(><)
え…と、掛け持ちってきつくて………
『命のカウントダウン』を書き終わってから、書きます。
すみません、本当に自分勝手で(´`°)
私の小説を見たいなら、『命のカウントダウン』で………° °

17:マスカット:2012/12/21(金) 16:53 ID:KEs

呼びタメOK です!!
じゃあ オレンジ で!!!!
よろしくお願いしま〜す!


書き込む 最新10 サイトマップ