心の底から好きだと叫ぶ。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:陽実 ◆NLsI:2012/12/20(木) 21:52 ID:79k


駄作者がまた書きます。


ここへの書き込みは受け付けません。

http://ha10.net/test/read.cgi/yy/1354350787/l50
感想、アドバイスなどはこちらでお願いします。

2:陽実 ◆NLsI:2012/12/20(木) 21:54 ID:79k

prologue


見てるだけじゃダメだと知ったのは


最初の恋を実らせるため。


好きだと言えればいいのに、大切にしたくて言えない。


だけど、実らせたい、壊したくない。


だって君が好きだから。


だから私は、心の底から好きだと叫ぶの。

3:陽実 ◆NLsI:2012/12/20(木) 21:58 ID:79k

第一話


“好きとかありえない”


そう言い続けてきたから伝えられないの。


今更好きとか言えないし。



だけど心は正直に君へ向くんです。

目は正直に君をおうんです。



それに気がついたのは、ある日の昼休みのこと。




サッカーボールがはねる音が、渡り廊下を歩いていた私の耳に飛び込んだ。


びっくりして、音がした方向を向く。


その瞬間、私はあなたの虜になったのです。


髪の毛から滴る汗がキラキラと輝く。


そんな君に恋をしました。


書き込む 最新10 サイトマップ