空は水色☆*スカイライトブルー*

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:[>∀<] ◆m7Yw:2012/12/22(土) 19:44 ID:cdk

こんにちは


[>∀<]です。


これから小説を書いていきます!


人物紹介


三ノ輪 由美
みのわ ゆみ


明日見 大地
あすみ たいち


中嶋 蓮
なかじま れん


以上です!


では


ーSTARTー

2:[>∀<] ◆m7Yw:2012/12/22(土) 19:55 ID:cdk

ピーーー!


試合終了か……


はやいよ!


「由美!お前またミスしやがって!」


なによぉ!!


「大地だってこけてたくせに!」


「チッバレたか」


「ちょーしにのんなぁーー!」


それに!


大地がこけたからミスしたのよ!


「まぁ、落ち着いて。三ノ輪。明日見。」


あっ


「蓮先輩!」


「先輩!由美がヒドイんすよ!」


なっ!


「どっちもどっち。早くなおしてきな。」


「「はーい…」」


私達は一輪車クラブに入っているの。


私と大地は中1。


蓮先輩は中2。


前の部長だった私のお姉ちゃんが蓮先


輩を部長にしたの。


落ち着いてる蓮先輩に比べて


大地は〜!!


調子乗りやがってー!


私は、大地が好き。


でも、告白できない。


大地がすぐふざけて、する気失せるから。


どうすればいいのか…

3:[>∀<] ◆m7Yw:2012/12/23(日) 10:03 ID:cdk

「おい、由美」


「何よ、大地」


顔赤らめて、何言うつもり!?


「ブラ…」


は!?


あーー!


「どこ見とんじゃーー!」


透けてたし!


何なの!?


大地のスケベ!


「ごめん、でも見てないからな。後ろ


しか。」


ん?


まあ、そうだけどさ。


私からしたら、好きな人に下着の一部


見られたんだよ!?


恥ずかしいって…


「こ…今回は許す」


あー私のバカ!


素直に言わないと!

4:[>∀<] ◆m7Yw:2012/12/23(日) 13:42 ID:cdk

キーンコーンカーンコーン


「チャイムなった!」


そういって校門に向かう大地。


そういうとこだけ早いんだから。


「ありがとうございました!蓮先輩!」


「ん。じゃあな。」


タタタタ…


「待てー!大地!!」


「げっ由美!」


「アハハハッ」


思わず笑っちゃった。


私と大地は空を見上げる。


「綺麗な水色…」


「…だな」


昔から私達は空が好き。


白い綿の様な雲と一緒にまわってる。


綺麗なんだよね


喧嘩したときも空があったから。


雨を降らしてくれたときに、仲直り


出来たんだよね…


空は好き。


でも、オレンジ色の空は嫌い。


別れる印だから…


「帰ろっか。」


「んだよ、もったいないなー」


空を見ながら歩いてる大地。


危ないって!


バシッ


「前向いて歩け!」


「いってーなぁ…」


「「フッ」」


「「変わんないなー」」


幸せ…


告白しなくても、このままの方が


大地と一緒にいられる気がする…

5:[>∀<] ◆m7Yw:2012/12/26(水) 12:55 ID:cdk




静かになっちゃった!!


どうしよ…


「今日から冬休みだな」


大地が少し寂しそうにそういった。


「そだね…」


冬休みは嫌だな…


大地と会えないから…


「由美……」


大地は私を包みこむように抱きしめた。


「ん?何大地。」


「俺…」


俺?


何々?


「由美の事が…」


??


えっ、もしかして


告白??


なんて…


何期待してんだろ私…


「な……に……?」

6:[>∀<] ◆m7Yw:2012/12/26(水) 17:26 ID:cdk

「好きだ……」


え……………?


ちょっと待って今何て?


好きだって……


言ったよね!?


「本当に??からかってない??」


「当たり前じゃん!本気だよ…」


えー!?


嘘みたい!!


嬉しいな…


「私も、好きだよ………?」


赤くなってる!


「マジか!?」


「も〜。そっちこそ信じてよね」


愛しの大地が、私の事を好きだったなんて!


こんなに嬉しい事はない!!


世界一の幸せ者だよ…私。


書き込む 最新10 サイトマップ