汚らわしい友情

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:美麗:2012/12/24(月) 17:40 ID:gTo

捨て気味ですが今度こそ!
っと勝手に燃えてる美麗ですw

ではプロローグを書きます


<プロローグ>

あたしたち約束したよね?

でもあたしは約束忘れてちゃた

そして親友じゃなくなった

ごめんね
ごめんね

そしてまたごめんね

2:美麗:2012/12/24(月) 18:46 ID:gTo

『ずっと一緒にいようね!』

『うん!ずっとだよ!!』

昔の記憶が蘇る

あたしは【石牧 陽子】

中学1年生

特に可愛いって程じゃないんだけどクラスでは一番モテるらしい

只今、友達と一緒です

その子は【佐々木 恵】

クラスのムードメーカーで幼馴染

「ね!陽子!!」

えっ……

急にあたしに振られても

「何の話だっけ?」

「だから〜慎吾って格好良いよねって」

慎吾とは紀隆 慎吾のこと

「んな格好良くないでしょ?」

「そうかな〜」

恵って紀隆のこと好きだったしな

3:モモタロ芋:2012/12/24(月) 18:46 ID:E/s

うわぁおもしろそう!!
早く続きが読みたいです( ´ ▽ ` )ノ

4:美麗:2012/12/25(火) 18:17 ID:gTo

モモタロ芋さん、よろしくです〜

面白くなんかないですよ〜
続き頑張ります!

5:美麗:2012/12/25(火) 20:30 ID:gTo

面白みも無い他愛な話しをしていくうちにチャイムが鳴った

その瞬間担任が入ってきた

珍しく早いもんだなぁ〜と思いながら恵と別れた

「早く座れ〜今日はお前らにとってビックニュースがあるんだ」

ざわめく

それは目に見えてた

「んじゃ、入って来い」

ドアが開き入って来たのは髪の長い女の子だった

「こんにちわ〜今日からこのクラスになる【浅見 羽華】です
宜しくお願いします!」

浅見 羽華?どこかで聞いたことがあるような・・・

6:小説大好き匿名さん:2012/12/25(火) 23:38 ID:KL6

羽華とは一体誰なんでしょうか?おもしろいです。続きがんばってください♪

7:美麗:2012/12/26(水) 10:36 ID:gTo

>>6
来てくださって有難うございます!

続き、がんばります♪

8:美麗:2012/12/26(水) 12:36 ID:gTo

あっ・・・羽華って子

あたしと約束した女の子だ

隣の席の紀隆が

「石牧?どかした?」

と心配そうに言ってきた

「別に・・・」と言いつつ気になる

羽華ちゃんとは保育園からの中で小3の時

あたしが引っ越してから一度も会ってない

懐かしいなぁ〜

“元気にしてるかな?”くらい気にしたけど・・・元気で良かった

その時はそう思っていた

その後起きる出来事も知らずに・・・

9:小説大好き匿名さん:2012/12/26(水) 16:54 ID:dcs

おおっ!いい所で終わりますね〜。うまいですね〜。

10:匿名さん:2012/12/26(水) 18:25 ID:DPQ

続きめっちゃきになるー!!
なにが起こるんだろう?

11:モモタロ芋:2012/12/26(水) 18:27 ID:DPQ

この書き込み↑私です(ーー;)
すいません!!

12:美麗:2012/12/26(水) 20:20 ID:gTo

>>9
ありがとうございます!
上手くないですよ(汗

>>10
何かです(ヘッヘッヘ

13:美麗:2012/12/26(水) 20:37 ID:gTo

羽華ちゃんはクラスに入るなりたちまち人気になった

友達の恵だって羽華ちゃんの所に行って


あたしは   1人になった
********************
そんなあたしはその時やきもちを妬いてたんだろう

だからあんなことになってしまったんだ
*******************
そのことも知らずにあたしは1人でぼーっとする

今までは周りに友達がいて楽しかったのにな・・・

と思っているとやっと

「陽子も一緒に話そう!」

と言ってもらえた

その時はすごく嬉しかった

なんとか返事を言いそこからは楽しく話した

14:美麗 ◆xgV2:2012/12/27(木) 18:10 ID:gTo

あげ

15:梅子 ◆xgV2:2012/12/27(木) 21:28 ID:gTo

次の休み時間は嘘みたいに静かだった

いや羽華ちゃんの周りが

「恵、なんで羽華ちゃんのところに行かないの?みんなだって」

「いや〜聞きたいこと聞いたしいいかなってねぇ?」

「うん」「そうだね」

と口々に言う

じゃあ、人気な訳じゃないんだ

でも一時期人気になったし……

やっぱりやきもちは妬く

「へぇ〜」

「まぁさ、残る人は残るよ?」

ほら、っとでも言うように指を差す

16:梅子 ◆N4dg:2012/12/28(金) 11:37 ID:gTo

そこにいたのは

クラスの目立つ女子4人

と羽華ちゃんだった

羽華ちゃんはこっちに気づいたらしく

ニコッと笑い近づいてきた

そうして

「陽子ちゃんだよね、あの時の約束覚えてる?」

「「「約束?」」

みんなが食い入るように聞く

どうしよう・・・

こういうの困るんだけどな・・・


書き込む 最新10 サイトマップ