ナツの夜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ルイ:2012/12/29(土) 12:45 ID:7Vw



夏祭りの明るさと
夜の静かさが交わるなか
少女は一人寂しく
夏の大三角形を指さした

「私…受け入れて……くれる…かな」

**************************
ダメ作者のルイです☆
荒し・中傷・暴言はしないでください
感想・アドバイスはぜひ!!
プレゼントフューチャーも
みてくれたらうれしいです

2:ルイ:2012/12/29(土) 13:02 ID:7Vw


主人公
戸川 幸輝  (とがわ こうき)
・中2 ♂
・夢の少女のことが忘れられない


イナ
・空から落ちてきた
・耳と尻尾がはえている


月林 夏羽 (つきばやし なつば)
・夢の少女

3:ルイ:2012/12/29(土) 13:09 ID:7Vw



ミーン ミーン
セミの声がうっとうしいぐらいに響く

それを隠すようにオレは
片方の耳にイヤホンをつける

『弱虫の僕が吐いたー反対言葉の
愛の歌ーーーーー』

耳の中でいいぐわいに響く
やっぱりボ○ロの歌はいい

4:ルイ:2012/12/29(土) 13:14 ID:7Vw


「こうーきぃー!!
今日は夏祭りでしょーーー!!!」

母さんの声がイヤホンを
つけていない片方の耳に響く

せっかく、ボ○ロの歌を
聞いていていて
いい気分だったのにさ……

5:ルイ:2012/12/29(土) 13:23 ID:7Vw


「ハイハイわかってるよ」

オレは気力のない言葉を
母さんに届けた

歌に集中したいから
さっきまで聞いていた
天○弱の歌を一時停止した

気がつけば、5時45分
夏だから全然暗くないが
今はそこではない

夏祭りは、6時からだろうが!!!

6:ルイ:2012/12/29(土) 13:31 ID:7Vw


あーもういい
着物はきなくていいだろう

オレはいつもの服で
イヤホンを片耳につけたまま
家を飛び出した

セミの声が聞こえなくなる
もう空は青と黒の混ざった
グラデーションになっていて
辺りは暗くなっている

ちょっと心配になったから
一時停止をしていた
天○弱をまた聞いた

7:ルイ:2012/12/29(土) 13:40 ID:7Vw


『この両手からーこぼれー
そうなほーどー』

やっぱり、いい歌だ……

夏祭り…もう始まっただろうな
もう7時だ

「そういえば、夏祭りに
ある女の子と行く夢をみたな……」

海の近くで花火がたくさんあって
栗色の髪の女の子が言ってたっけ

『ナツの夜は楽しいな』

顔と名前は覚えていないけど
そうそうかわいかったと思う

8:ルイ:2012/12/29(土) 16:07 ID:7Vw

まあ、どうせ夢だろうと
無理矢理、思いこんだ

9:ふれあ:2013/01/23(水) 19:25 ID:iR.

はじめまして。
題名に引かれ、よんでみました。
…っ、とっても面白かったです!
私は フェアリーテイル恋もの小説☆ からきた ふれあです。
もし、見ていなくとも、いつかは見ることになると思いますので、コメントしました。
小6じょしです。
よろしくです


書き込む 最新10 サイトマップ