君の瞳はまっすぐで。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:紫苑:2013/01/15(火) 20:39 ID:v9M

君の瞳はキラキラしててまっすぐで、強い光を放ってた。
俺はそんな君が好きになったんだ。
でも君の瞳はいつもあいつを見ていたね。

神頼みなんて俺らしくないって分かってる。でも、
神様お願いします。
一瞬でもいい。あいつの瞳を俺に向けて下さい。

2:紫苑:2013/01/15(火) 20:41 ID:v9M

はじめまして!紫苑です。
男子目線で書いてみたいと思います。
コメントをいただければ幸いです。

3:紫苑:2013/01/15(火) 20:51 ID:v9M

登場人物
・五十嵐 颯大 Igarasi Sota
・井山 杏莉 Iyama anri
・長谷川 恭祐 Hasegawa Kyosuke
・竹橋 琉羽 Takehasi Ruu
・竹橋 翔羽 Takehasi sho

一応このぐらいにしときます。
次からスタートです!

4:紫苑:2013/01/16(水) 16:18 ID:v9M

「さいてぇー!!恭祐のバカ!ばかばか!」
児童会室に響くあいつの声。
周りはまたあの2人かってあきれてる。
「またお前らケンカしてんのかよ。杏莉もうるせぇ」
「だって颯大。恭祐が私のことをバカにするんだよ!自分は児童会長だからって。」

泣き目で君は俺に訴えてくる。
あぁもう可愛いなぁ。

「まぁまぁ颯大。気楽に行こうぜ。」
「恭祐!お前が一番悪いんだろうがぁ!」


うちの学校は人数が少なくて、半ば強制的に副会長になった。
でもいまは楽しんでやってるよ。
児童会に入ってよかった。

楽しい毎日。一年からずっと一緒の仲間。
ずっとずっとこんな毎日が続くんだと思ってた。

5:紫苑:2013/01/16(水) 20:09 ID:aWM

恭祐と翔羽とで家へと向かう帰り道、翔羽と別れてから、恭祐がいきなりおかしなことを言い出した。
「なぁ颯大。お前って杏莉のこと好きなのか ?」

びっくりした。こいつは俺の気持ち知ってるのか?
「はぁっ?何言ってんだ!?恭祐、頭がおかしくなったのか!?」
「んなわけないだろ!だってお前…。」
「なんだよ?」

こいつも杏莉のことが好きなのか?
ライバルなのか?
こいつとは絶対にライバルになりたくないなぁ、なんて考えてたら…

「俺な、杏莉のことが好きなんだ。」
「ひょはっ?」
思わず変な声が出てしまった。
「ウソだろ?冗談だよな?お前がか?」
「本気だよっ!!」

これは夢か?夢なのか?
「痛いっ」これは夢じゃない。

「いつからなんだ?」
「小5のころから。」
「まぁあいつ最近すごい可愛いくなったしな。学年1の美少女らしいじゃん。」

俺が恭祐にかなうはずがない。
勉強は勝っているとしても、ほかはダメだ。
「この関係が崩れるなんてなぁ。」

思ってもいなかった。

6:紫苑:2013/01/16(水) 20:58 ID:aWM

俺は小さな頃から天才と言われてきた。
誰もホントの俺なんかみてくれなくて成績さえよければどうでもいいんだ。
毎日勉強ばっかさせられてて。
当然友達なんか一人も出来なくて。さみしかった。

そんな地獄をから俺を救ってくれたのが杏莉たちだったんだ。
杏莉のあのキラキラした強い光を宿した瞳に一瞬で恋をした。

その時から毎日が一変した。いままで暗かった周りの景色が急にキラキラして明るくなった。

7:紫苑:2013/01/17(木) 17:43 ID:aWM

毎日いっつも5人でいてそれが当たり前になってて。

大好きな大好きな、恭祐と杏莉、双子の翔羽と琉羽。
1人でもいないとあの記憶が蘇ってきて不安だった。

だからこの関係がくずれるなんて思ってもいなかったんだ。
まさか恭祐が杏莉を好きだったなんて、しかもよりによってなんで杏莉なんだよ。なんで俺のずっと好きだった杏莉なんだよ。
意味が分からねぇ!意味が分からねぇよ。

8:゚+。:.゚*rin*゚+。:.゚ :2013/01/17(木) 18:31 ID:Lf.

えっと、100点中92点の高得点です

改行(文を開ける事)してみては?
後、「」を減らす事ですね。

「ぇ」とか「ぁ」とかの小文字は使わない方が良いです。
ストーリーは面白いですね♪

これからも応援してます

9:紫苑:2013/01/17(木) 19:29 ID:aWM

ありがとうございました。

参考にさせていただきます。

10:紫苑:2013/01/17(木) 19:59 ID:aWM

俺の友達長谷川恭祐は…
顔良し、頭良し、運動神経良し、リーダーシップがあって
全校生徒を束ねる児童会長とまさに完璧だ。

ちなみに俺と杏莉は副会長。
琉羽と翔羽は書記だ。

でもさすがの恭祐も勉強は俺にはかなわない。

告白された回数だって40回以上で、
毎朝ラブレターがげたばこに入ってる。

俺だって告白されたことぐらいあるけどさ……

こんなヤツに俺が敵うはずがないだろ?
だれがみても杏莉とお似合いだよ。

11:紫苑:2013/01/18(金) 20:59 ID:aWM

ヤケクソになっちゃいけないってわかってるけどさ……

ムカつく。俺のほうが先に好きになったのに!!
俺のほうが先にあいつのいいところに気づいたんだ。

なのにいきなり出てきて、かっさらってくのかよ!

俺は絶対にあいつに負けない。
杏莉に相応しいやつになってやる。

12:紫苑:2013/01/19(土) 11:52 ID:aWM

~次の日~

「は?颯大お前なに言ってんだ?」
「宣戦布告だ!バカ野郎!お前に杏莉をとられてたまるか!!」

言ったぞ!俺言っちゃった。宣戦布告しちゃったよ!?

どうしよう?あいつはどうくるんだ?!

「お前がそうくるんなら受けてやるよ。五十嵐颯大くん♪」
あいつはそう言って笑みを浮かべた。

背筋がぞっとしたよ。
こんとき何かイヤな予感がしたんだ。

俺はのちのち知ることになる。
あいつは悪魔だ。

13:紫苑:2013/01/20(日) 15:54 ID:1KI

「やりぃ! また俺の勝ちだね!颯大くん♪」
「くっ、また負けた……」

いま俺は恭祐と勝負している。
どっちが杏莉に相応しいかって。

ただいま2勝4敗。

次は絶対勝ってやる!!
「恭祐、次は50m走で勝負だ!」

恭祐はまたあの笑みで……
「いいぜ♪」
と、うなずいた。

「だけど五十嵐颯大くん俺に勝てるのかなあ?」

なんだこいつ。
めちゃめちゃムカつく!!!

14:紫苑:2013/01/21(月) 22:02 ID:1KI

「かっ勝てねぇ……」

あのあと一回しか勝てなくて。
いま3勝6敗中。

「颯大あーー!! 頑張れーー!!恭祐なんかぶっ倒しちゃえ!!」

杏莉が応援してくれる。
こんなに嬉しいことってないんだけど……

恭祐、なんでお前はそんなに悲しそうな顔をするんだよ。

おかげで嬉しさ半減だよっ!!
馬鹿!

15:紫苑:2013/01/21(月) 22:05 ID:1KI

↑に付けたし。

生徒会長なら、学校1のモテ男なら、もっと明るくしてたほうが
いいんじゃねえの?

16:紫苑:2013/01/22(火) 21:20 ID:1KI

「疲れたあ。」

勝負開始から気づけば、3時間たっていた。
そりゃ疲れるよな(笑)

「まあ、今日のところは引き分けにしといてやるよ!」

でもやっぱ、恭祐はいいヤツだよな。
つくづくそう思うよ。

「まっ明日は俺が勝つけどな♪」

前言撤回!!!
こいつは悪魔だっ!!!
鬼!悪魔!このドSめっ!

明日は俺が勝つ!

17:紫苑:2013/01/26(土) 12:01 ID:1KI

あれから1週間……

結局勝負はついてない。
ずうーっと引き分け!

でも宣戦布告した日から俺は考えていた。
恭祐のことだから絶対杏莉に告白するんだろうなって。

案の定……

「なぁ颯大。俺、杏莉に告るわ。」

ああ来ちゃったよ?
来るべき時が来ましたよ?

何俺コレどうすりゃいいの?
神様俺はなんて返事すりゃいいんでしょう?

神様ぁ!!!

18:紫苑:2013/01/26(土) 21:26 ID:1KI

「ぶつぶつ独り言は気持ち悪いよ?なんかあったの颯大?」

「心臓に悪いから急に話しかけないでいただけます?考え事をしていただけですが。なにか?」


やっちゃった……
またキツく言っちゃったよ。

杏莉気づついたかな?

俺のこと嫌いになっちゃたかな?

19:紫苑:2013/01/26(土) 21:34 ID:1KI

ああどうしよう?
「もう颯大たったら(笑)もう少し女子に優しくしないと恭祐に負けちゃうよ?」

「うるせえよ。余計なお世話だ。琉羽!!」

でも本当に琉羽の言うとおりだよな。

ああもう俺どうしちゃたんだろう?
恋するとこんなにおかしくなっちゃうの?

自分が自分じゃないみたいで、
なんでも出来る恭祐に嫉妬なんかして……

馬鹿らしいってなんて思ってたけど、
恋ってすっごく素敵だ。

20:紫苑:2013/01/26(土) 21:36 ID:1KI

最後の2文書き直します。

馬鹿らしいって思ってたけど、
恋ってすっごく素敵なんだな!

いま分かったよ。

21:紫苑:2013/01/27(日) 22:44 ID:1KI

ぐずぐず悩むなんて俺らしくないよな。

昔、ばあちゃんが教えてくれた。


「いいかい?颯大。人間は一人では生きていけるけどね。
独りでは生きていけないんだよ。常に前を向いて居なさい。
いいことあるよ。」


俺はだから常に前を向いている。
泣きたくなったときは上を向く。

ばあちゃんの教えに間違いはない。
いままでにたくさん良いことあったから。


物事は前向きも考えよう。
ここでやらなきゃいつやるんだ?俺は。

決めた。



俺は杏莉に告白します。

22:紫苑:2013/01/28(月) 22:30 ID:1KI

告白するって決めたけど……

なかなか前に進めない。


なんて言えば良いんだろう?いつ伝えたら良いんだろう?

分からない事がたくさんあって
一体俺は、どうしたらいいんだ?

琉羽と翔羽に相談してみるか。
明日学校で聞いてみよう。

23:紫苑:2013/01/31(木) 20:34 ID:9fg

「」

24:紫苑:2013/02/01(金) 20:50 ID:1KI

↑上のヤツ誰なんだろう?

朝の騒がしい学校。で相談するのはイヤだから帰りに聞いてみよう。

あの双子なら信用できるから。


ああ帰り道が楽しみだ。


書き込む 最新10 サイトマップ