きずけよ、ばか

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:巳藍 ◆KfPc:2013/01/22(火) 21:03 ID:oTY

好きって言ったらどうなる。

今のままの関係がいい。


よく耳にする言葉だ。


だが俺はそんなことはこれっぽっちも思ってない。

好きって言いたい。

今まで以上の関係がいい。

けどそれは絶対叶わない。

病気で会えない!!

引っ越してしまったから!!

とか、そんな甘いストーリーじゃない。



答えは簡単。


だって、俺

好きな人と会ったことない。

そう、一度も。

2:巳藍 ◆KfPc:2013/01/22(火) 21:45 ID:oTY

「はぁ・・・。」


一人きりの部屋で俺のため息が
響きわたる。

中学三年にして、運動しか取り柄のない
ただのバカの川崎太陽とは俺のことだ。

くだらないことを頭の中で唱えながら
俺は、どっさり積まれている教科書や参考書を見る。


最初はやる気があったんだけどな。

最初だけ…。

「もうやめよう。」

結局、真っ白なノートと教科書を片付けて
携帯を手に取る。

青色のスライド式の携帯。

みんなはスマホだが、俺はスマホに変える
気にはなれなかった。  

本心は金がないだけだが…。

「2時か…。」

待受画面はでっかい時計が写ってるだけ。

友達にはダサいと連呼され爆笑されたが、
俺は気に入っている。

そのダサい時計は深夜2時を指しており
さすがに今から友達にメールするのは迷惑だと思った。

「あ、そうだ…あいつなら」

あいつとは、川原悠斗。

昨日、「俺は朝に寝て、夜に起きる!」と鼻で笑っていた。
あいつなら、きっとまだ起きているはずだ。





『起きてるか?』
と、とても短い文を打つと俺は携帯を閉じた。

その瞬間、携帯が揺れた。

・・・はや。

3:ヒヨドリ:2013/01/23(水) 16:31 ID:QdU

私の小説見に来てくれてありがとう!
 巳藍さんの小説すごく続きが面白そうで気になります。 早く更新して〜〜〜〜

4:ゆず:2013/01/23(水) 19:07 ID:tqU

面白いです!
どうして会ったことがないのかはなんとなく検討つきますが、楽しみ。早く更新してください!

5:隼 ◆BMRc:2013/01/23(水) 20:25 ID:PZ.

名前かえました!!

ヒヨドリさん>有難うございます!!頑張りますね(´∀`*)


ゆずさん>面白いですか!?有難うございます!!

6:隼 ◆BMRc:2013/01/23(水) 20:41 ID:PZ.

『起きてるぞ!太陽がこんな時間にメールとか
 珍しいな!!何時もおっさんみたいに寝るの早ぇのに』

こいつにメールなんかするんじゃなかった。
悠斗は人の気持ちを考えずズバズバ言う。
まぁ嫌いじゃないけど、そういうの。

それに、悪かったな。
おっさんで。

さりげなく、悪口を書かれてメンタルの弱い俺は
少し傷ついていた。

こんな情けない性格だと改めて思い知らされ、
口からまたため息。

その瞬間、俺の手に握られた携帯が
また揺れた。

「誰だよ」
メールを開いてみると見知らぬメアド。

内容を見ようか迷ったが、好奇心に負けて
結局開いてしまった。

『こんなに遅くにごめんね!!
 起きてるかなぁ?』

…俺はすぐに携帯を閉じた。
間違えて俺にメールをしてきたんだな。

分からしてきっと女の子だ。
彼氏とメールとか?
…考えるのやめよう。

虚しくなった俺はメールを送ってきた子に

『間違えてますよ』

とだけ送り眠りについた。



これが、恋の始まりとか夢にも思ってなかったけれど。


書き込む 最新10 サイトマップ