ある日突然降ってきたのは。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:トロ ◆q9IU:2013/01/26(土) 11:16 ID:MzI

中学二年生の俺、松村翔也は随分とつまらない生活を送っていた

とある春の日 俺は空を見上げてた

いい天気だな、と思っていると空に何か飛行物体があり、違和感があった

色は黒みたいで、雲ではなさそうだ

しばらくするとその飛行物体は俺の方に落下してきた

俺は危険を察してその場を去ろうとした瞬間

「うわぁぁ!!そこに君行かないでよ!!助けて!!!」

「ん?」と声のした方を見ると少女が落下してきた

「わぁぁ!?てめー死ぬぞ!?」

「きゃぁぁぁ!!!」

見事に俺は落下してきた少女をキャッチすることに成功した

あのまま去っていたら殺人罪と一緒だな…危ねぇ…

「助けてくれてありがとー!!」

落下してきた少女は笑顔でお礼を言った

ん?よく考えれば空から少女が降ってくるのは可笑しくないか?

って言うかこの少女何!?

少女はただにこにこしたまま僕を見つめていた


書き込む 最新10 サイトマップ