人間に恋をしてしまった私

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:林檎・マスカット:2013/01/29(火) 17:00 ID:2U6

はい!マスcとリレー小説です。
今度はファンタジーと恋愛です♪

登場人物

[主人公]

李緒 (りお) [♀]
・実は……○○です。
・人なっこく、容姿端麗

阪田 瞬 (さかた しゅん) [♂]
・優しい、モテモテ
・彼女が居る。

葵 (あおい) [♀]
・李緒のライバル
・負けず嫌いで、セコい

愛川 春 (あいかわ はる)
・可愛くて真面目
・彼氏が居る。

後、私とマスcのルールです。

・一人一個ずつ書くこと
(二回続けて書くのは禁止!)

・無駄レス等はお止め下さい。

・感想、アドバイス募集しています。

・ご自分の作品を宣伝しないで下さい

・荒し、喧嘩は退場して頂きます。

でわ、挨拶もそこそこに始めます。

2:林檎:2013/01/29(火) 17:06 ID:2U6

プロローグ

私は、人間に恋をしてしまいました。

恋した人の名は 阪田 瞬。

かっこよくて、一目惚れしてしまった

だけど私は、人間に恋してはいけない



だって……私は【妖精】だから

3:林檎:2013/01/29(火) 17:16 ID:2U6

私、李緒と言います。

実は私、妖精なんです。
妖精は人に見えないから寂しいの。
誰か……私を、見付けて欲しいな……

その時、

蜘蛛の巣に体がくっついたのだ。

嘘!取れないっ!!

誰か助けて!!
妖精は私、以外人間界には居ないし。

どうしよう!!

すると急に糸が切れたのだ。

『きゃああ!!』

私は、真っ逆さまに落ちたかと思った

でも大きな手が私の体を覆った。

___誰!?

私が振り替えるとそれは……

「に……ににに人間!??」

私が見えないはずの人間が居た。
な……何で!?

私は、固まったまま動けなかった。

「君……? 人間じゃ無いよね?」
「ええ……妖精よ?」
「ええ!妖精……」

彼は驚いて、跳ねあがった。

「とにかく蜘蛛の巣には気を付けな」

彼の事が、私は忘れられなかった。

「あの人……なんて優しい人なの…」

私の心臓がバクバクなっている。
頬も熱くなってきた。


この気持ちは何だろう……??

それよりあの人……格好よかったなぁ

4:マスカット:2013/01/29(火) 17:38 ID:q5E

あっ! 葵だ〜♪

「ねぇ!聞いてよ〜葵!」

「ん?…なに?」

「なんか……人間が 私を
助けてくれたんだ〜」

「……え?!見えるの私達の事?!」


「う…うん…そうらしいよぉ」

「ふーん……で??」


「それが何故か……私の心臓が
バクバクして 頬も 熱くなったんだ…

何でだろうね〜分かんないよ〜」


「妖精っていっちゃったの?」

「うん…仕方ないじゃん♪」



…それより気になるのが……



何で心臓バクバクしたんだろぉ…

5:みさき:2013/01/29(火) 17:41 ID:hGc

この小説も頑張ってください。
続きが気になります!!

6:マスカット:2013/01/29(火) 17:52 ID:q5E

みさき s!!
来てくださったんですね!
ありがとうございます♪


書き込む 最新10 サイトマップ