友情ってなんだろう・・・

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ラン:2013/01/30(水) 17:48 ID:iLU

友情をテーマにしたものです
キャラはとりあえず中心となる
2人を紹介します
〜白川まいか〜
人見知り
少し暗い
小学校時代から友達が少ない
〜浅野みな〜
男女に好かれている
明るい女
友達が多い

2:ラン:2013/01/30(水) 17:54 ID:iLU

書きます〜
プロローグ
〜光川中学校〜
「白川、白川・・・あった!
私は1-1か・・・友達できるかな・・・?」
このクラスがまいかの
運命を変える・・・!?

3:ラン:2013/01/30(水) 18:01 ID:iLU

ガラガラと教室のドアを開ける
そして自分の席を探し座る
「もう、みんな話してる・・・
どうしよう、話かけてみたほうが
いいのかな?」と思っていたら
後ろから私の肩をたたく女の子がいる
「え?」と振り向くと「はじめまして
あたし、浅野みな!よろしくね」
彼女は明るく正反対の女の子だ・・・
窓が開いていて涼しい空気が
入る1-1、この時彼女の運命
が狂い出す・・・

4:ラン:2013/01/30(水) 18:43 ID:iLU

寒い体育館で入学式......
「楽しい中学校生活を送って
くださいね」と校長が話す
(長すぎるよ・・・)

「えー担任の佐野たかのりです!
よろしくな!」
ふーんこの人が担任か・・・
明るすぎ、正直言って苦手
「じゃ、これから自己紹介するぞ〜」
げ!一番いやなやつじゃん
「次!白川だぞ」その声で気付き
あわてて「あ、はい」と返事をする
「白川まいかですよろしくお願いします」
その後も自己紹介は続き、
「じゃ、今日はもう帰れ!
さようなら」
なにこの先生軽すぎ
「ねぇあたしの友達、紹介するよ!」
なにそれ、私が友達いないみたいな
言い方・・・事実だけどさ
「うん!ありがと!」と私はいう

5:ラン:2013/01/30(水) 19:19 ID:iLU

「えっと〜この子が[糸井みいな]
でこの子が[荒川ジェシー]
あたしの親友なんだ!ジェシーは
ハーフなんだよ!」
ふーん、明るい人達
「よろしく〜♪♪」とみいなちゃん
「ヨロシク・・・ね!」とジェシーちゃん
二人はクラスが違うからあんまり
興味ないけどさ、とりあえず
友達は作らないとね.
帰ろうと思って、
「私、そろそろ帰るね」
と言い鞄を持とうとすると・・・
「あ、ちょっと待って!あたし達も
行くんだから!!」
こうして1日目は過ぎていく

6:ラン:2013/01/30(水) 20:07 ID:iLU

〜帰宅中〜
「ねぇ、まいかの家はどのへん?」
肩をたたきみなが聞く
「あ、私はシェアハウスに住んでるの」
『へぇ〜』三人が声を揃えていう
別に驚くことじゃないけど
「なんでなんで!?」と
ジェシーが聞く
私は両親を事故で亡くして
それで家賃の安い戸々に住んでる
そのことを全て3人に話した、
ジェシーは「ごめん」と
2人は「・・・・・」と無言だった
私が家に着き「じゃあね」と言うと
3人は『うん!バイバイ!』
といい私は3人とわかれた

7:ラン:2013/01/30(水) 20:18 ID:iLU

追加キャラです!
大宮 咲
シェアハウスに暮らす21さい
のOL
中崎 太一
咲と同じくシェアハウスに住んでる
高1の16

8:まりあ:2013/01/30(水) 20:20 ID:fKE

ランよろしく♪アキだよ!
フレコしてくれてありがとう♪

9:ラン:2013/01/30(水) 20:25 ID:iLU

「ただいま・・・」
『おかえり〜』と二人が声を揃えて
言う
「学校はどう?」咲さんがいう
「ま、楽しいかな」私は曖昧な言い方
で言う
「ふーん今の内に楽しんだ方がいいぜ」
というのは太一君だ
やっぱり高校は大変だな〜
夜空が綺麗な中、まいかの心は
少しモヤモヤしているようです・・・
「ふぅ〜上がったよ」と私は言う
「あ!ご飯できてるよ〜」
「ありがとうございます!」
10分後、私は部屋に戻る
「はぁ〜疲れた~!!」

10:ラン:2013/01/30(水) 20:26 ID:iLU

あ!よろしくね

11:ラン:2013/01/31(木) 06:20 ID:iLU

「あ、今日塾だった!
早くしないと!」
鞄を持ち急いで階段を降りる
「いってきます!!」
早口で言う
『いってらっしゃい』と
二人が言う
〜塾〜
バン!!ドアを開けると全員
集まっている
「白川!遅いぞ早く座れ!」と先生が
「はい!」といい空いてる席にすわる
2時間後・・・
「今日は終わり!ありがとうございました!」
やっと終わったよ・・・
さ帰ろ!
電灯が少し明るく感じる頃
まいかは一人、道を歩いていた・・・
「ただいま〜」明るく言ったつもり
『おかえり』と二人は言う
「じゃ、俺もう寝るわ!じゃあな」
「あたしも!バイバイ」
「はい!お休みなさい」
階段を上りベッドに入る
「お休み・・・」
彼女の1日目は終わった

12:ラン:2013/01/31(木) 07:30 ID:iLU

「もう朝・・・?
朝ごはんできてるか」
階段を下り「おはようございます」
と言う「おはよ〜!」と咲さんが
言う、太一君はもう学校に行った
朝ごはんを食べて制服に着替える
「じゃ、いってきます!」
「いってらっしゃい」と咲さんは
準備しながら言った
外に出て歩いていると
『おはよ〜!』と3人が声を揃えて
言った、声大きすぎ
「おはよ」と合わせたつもりで言う
学校についてジェシーとみいなと
別れ、教室に入る
みな、は『おはよ〜みなちゃん!』
と言われて少し照れてる
「ほら、席について!えー今日の
HRは係決めをやる!
先生は少し用があるから、メンバー
決めとけよ!」といい教室から出てく
はぁ、誰とやろうかな・・・

13:ラン:2013/01/31(木) 15:55 ID:iLU

『みな!一緒にやろ!』女子は言う
相変わらず人気だな〜
「いいけどまいかも一緒ね!」
とみな、「ね?いいでしょ!」と言う
どうせ他にないしね「うん!よろしく
ね!みんな」と言ってしまった
「じゃ!決まり〜」と明るく言う
あの後『なんであの子も・・・?』と
実は影で言われている
【ランから】
ダメなとこあったらアドバイス
してください!頑張って直すので
よろしくお願いします

14:ルンルン:2013/01/31(木) 16:26 ID:K1M

うち的には、まいかは、
暗いっていう設定だから、!マークは、やめたほうがいいかもです!
あと、文の最後には、何かしら
つけたほうがいいと思う!
(。とか?とか)

15:あんず:2013/01/31(木) 16:52 ID:mTs

えーと、いきなり入ってきてすいません。
アドバイス、いいですかね?


「おはよう!」と○○が言った。
すると「おはよう、○○ちゃん」と●●が言った。

みたいな、と○○が言った。というのは止めた方がいいと思います。

>>13ですと……
【例】

「みな!一緒にやろうよー!!」
「えぇ!?ずるいよ!私がみなとやるの!」

クラスの女子たちは、皆、みなの元へ駆け寄り騒ぎ出す。
『私がみなとやるの!』と。
いいなぁ。
皆にあんなに好かれてて。
相変わらず人気者のみなに比べて私は……。
自分から、声も掛けられない臆病者だ。
きっと、1人ぼっちになるんだろうな。
そう思った時。

「いいけど……まいかも一緒ね!ね、まいか!!」

明るいみなちゃんの声が響く。
こんな私を、仲間にしてくれるんだ。
そう思うと、心が暖かくなった。

「みなちゃん、ありがとう!」

にっこりとみなちゃんに笑い掛ける。
そして、

「みんな、よ、よろしくね?」

少し緊張しながらおどおどと口を開いた。
……すると

「じゃあ、決まりだね!よろしく、まいか!!」
「まいか!一緒にやろうね!!」

みんな明るい笑顔で私を迎えてくれた。
こんな幸せなことがあるなんて。
これも全部、みなちゃんのおかげだよね。
私、クラスの皆と仲良くなれたかも……!

しかし、世界は幸せばかりではなかった。
幸せはそんな簡単に掴み取れるものでもなかった。
幸せは、長くは続かないものだったということを、私は……

「最悪。なんでまいかまで入ってきたの?
仲間になったからって、みなと仲良しだからって、調子乗ってるよね!」

この言葉を聞くまで……


忘れていた。


みたいにしてはどうでしょうか?
勝手に作り変えてすいません!
私個人の意見なので無視して構いません。
何か質問があったら受け付けます。
では、失礼しました。

16:ラン:2013/01/31(木) 18:13 ID:iLU

>>15
ありがとうございます、参考に
なりました!これからもがんばるので
よかったら見てください!
アドバイスしてもらいたいので

17:ラン:2013/01/31(木) 18:24 ID:iLU

>>15
話の内容はどうですか・・・?
自分じゃわからなくて・・・

18:ラン:2013/01/31(木) 18:35 ID:iLU

あの後女子は、みなと私とA奈とM美
の4人にしぼられ係決めが始まった
「ねぇ、何係にする?みな!」
「みなは何係がいいと思う?」
二人ともみなにしか聞かない......
さっきの言葉が胸に刺さる
(なんであの子が......)か
しょうがないか、
「あたしは〜良いこと探し係がいいな
クラスの人のいいとこを探して
メモとかするの!どう?」
みなってそういう思い付きがすごいな
二人はOKするでしょうね
みなが好きだから、
もちろん「うん!」と言った
「まいかは?」と聞かれ
「うん、いいよ」と答えた
はーこの係めんどくさいな......
「じゃ!決まったな!HRは終わりだ!」
まいかの心はこの時から変わって
いくのだ......

19:ラン:2013/01/31(木) 19:26 ID:iLU

一時間目は数学、塾で習ったから
全然、平気だったけど
問題は2時間目の体育
「今日はバレーボールをやる!
二人一組で練習!」
でたよ......二人一組、誰とやろうかな
「みな!一緒にやろ!」「うちが
一緒にやるんだから!!」
やっぱり、みなはすごいな
あんなに人気で......
私は一人だ......誰にも好かれない
小学校の頃もそうだったけど
「あの......一緒にやらない?」
と言うのは名前は確か......中月まなえ
だった気がする
断るわけにもいかず「うん、いいよー」
仲良くなれそうだな

20:あんず:2013/01/31(木) 22:47 ID:mTs

>ランさん
もう少し、心理描写、情景描写を書いたほうがいいかな?って思います。
周りの様子があまり分からないので……。
あと、>>19の、まなえが出てきたところ。
いきなりすぎませんか……!?

【例】

一時間目は数学。
ラッキーなことに塾でやったところがそのまま出題された。
が、問題は二時間目。
体育の授業だ。
運動神経が悪過ぎる、どんくさい私にとって体育は悪魔の授業と言っても過言ではない。
まぁ、嫌いな理由はもう一つあるのだ……。
それは、

「今日のバレーボールは二人一組で行う!練習開始!!」

そう、二人一組での練習。
友達の少ない私にとっては誰とやればいいか迷うところだ。

一方、

「みなー!一緒にやろうよー!!」
「ずるいー!私がみなとやるのー!」

みなは人気者。
周りには人だかり。
うらやましいよ、人気者は。
その友達の一人や二人、分けてほしいくらいだ。
小学校のころもそうだったよね、みなは。
変わってないなぁ。
……って私も誰にも好かれないところは変わってないけど。

なんて、一人でうろうろしていた時。
私と同じ、一人の子を見つけた。
声、掛けようかな。
そう思ったその時……

「一緒に、やらない……?」

その子から声を掛けられた。
あ、この子、中月まなえちゃんだったんだ。
髪しばってたから分からなかった。
反応しない私に心配したのか、まなえちゃんは、

「やりたく……ない、かな?一緒に、やろう……よ?」

おどおどと口を開いた。
断る理由などないし、もしろ、歓迎する。
だから私は

「いいよ!一緒に、やろ?」

と、頑張って笑ってみせた。

「ありがとう!!」


その時の笑顔は眩しいくらい輝いていて……
すごく可愛かった。
そして、どこか、みなちゃんに似ている。

「い、行こ!白川さ……まいかちゃん!!」
「うん!まなえちゃん!!」

仲良く、なれるといいな……。



またまた変えてすいません!

21:ラン:2013/02/01(金) 06:03 ID:iLU

>>20
アドバイスありがとうございます、
心理描写はできるんですけど
情景描写がわからなくて・・・
あんずさんが書いた>>20
だとどの辺が情景描写ですか?
アホなんで・・・

22:ラン:2013/02/01(金) 06:04 ID:iLU

>>20
アドバイスありがとうございます、
心理描写はできるんですけど
情景描写がわからなくて・・・
あんずさんが書いた>>20
だとどの辺が情景描写ですか?
アホなんで・・・
あと、まいか視点とかつけた方が
いいですか?

23:ラン:2013/02/01(金) 06:13 ID:iLU

みなside
二人一組か......誰でもいいけどな
「みな!一緒にやろ!」
「えーうちが一緒にやるの!!」
みんな、あたしのとこに集まってくる
ま、嬉しいけど
小学校の頃もそうだったな......
まいかは......?誰とやるのかな
あたしと正反対だし
やっぱり一人......?
と思って見てみると
え!?中月と一緒に練習してる......
なんであの子と......
早く練習しないとね......!
「じゃ!じゃんけんで決めな!
平等だし」

24:ラン:2013/02/01(金) 16:07 ID:iLU

まいかside
 まなえちゃんとバレーの
練習中、話をしたまなえちゃんは
3人の妹がいるみたい、家族の話を
する時はとびきり笑顔だった
いいな......家族がいて
こうして体育は終わった
意外にも楽しかった
こんなに心が温かくなったの
初めてだ......
そのあとの授業もほとんど塾で
やってて全然平気だった
帰ろうとしたら
「一緒に帰ろ!!」まなえちゃんだ
心からの友達になれるかな......と
思い、「うん、行こう」と
笑って言った

25:ラン:2013/02/01(金) 19:38 ID:iLU

「まいかちゃんはどこに住んでるの?」
あ、この質問前もあったな......
でも、話したら関係が崩れるかも......
だから「シェアハウスに住んでるんだ
ー」と適当に答えた
まなえちゃんは「ふーん」と言ってた
「あ!私の家ここだからじゃあね」
といいまなえちゃんは家の中に
入っていった
大きい家だな......
うらやましいよ
【ランから】
短くてすいません

26:ちひろ ◆BQKU:2013/02/01(金) 19:53 ID:rh2

来た!
入れて!!

27:ラン:2013/02/01(金) 19:53 ID:iLU

ええよ!
頑張って更新するから感想くれよ

28:ラン:2013/02/01(金) 20:03 ID:iLU

「ん、ただいま」とドアを開ける
「あ、おかえり〜!」「おかえり」
咲さんと太一君が返事をしてくれる
だけど......咲さんの様子がいつも
と違う気がする......
「咲さん何かありました?」と
おそるおそる聞くと......
「あ!そうそう、いい忘れてたけど
明日から新しい入居者がいるのよ!!
楽しみで!」
あぁそんなことか、彼氏でもできたの
かと思った
新しい人ね......どんな子だろう
「まいか、風呂でもいってこい
飯の準備しとくから」と言われ
私は風呂へ行く

29:匿名さん:2013/02/02(土) 05:36 ID:iLU

バスタブに浸かりながら
新しく入る子のことを考えた

女の子らしいけど
どんな子かな......とか
かわいいかな......とか
何歳かな......とか
考えてたら
「まいか!飯できた!早くしろ!」
って突然大きな声がして......
急いで着替えた

リビングに行くと
今日の夜はすき焼きか......
美味しそう
「いただきます」と少し明るく言った
私は好きな豆腐を一口食べた
「美味しい〜」といつもより
明るい声で言った
その後も会話しながら食べて
『ごちそうさまでした』
私は部屋に戻りベッドへダイブする
「はぁ〜今日も疲れた〜」といい
自然に眠りについた

30:ラン:2013/02/02(土) 08:00 ID:iLU

>>29
私です!
♪書きます!♪

「ふぁ〜よく寝た」
昨日は久しぶりによく寝た気がする
階段をゆっくり降りる、朝は
よく転ぶからね
「おはようございます」といつもの
ように挨拶する......が誰もいない
「ん?置き手紙が2枚あるえっーと」
【ごめんね!まいかちゃん!
急に仕事が入って明日の夜まで帰れ
ないから 咲】
仕事か......頑張ってるものね
で、もう1枚は
【わりぃな!部活の合宿に行くから!
2泊3日だから!その間新しい子と
楽しくな☆ 太一】
部活の合宿か......頑張ってね
そうだったね、新しい子が
来るんだった!
「で、今は8時か、朝ごはん食べよ!」
ちゃんと冷蔵庫に入ってる
ありがとうございます、咲さん太一君
「いただきます」と一人で食べる
一人の朝ごはんはなんか寂しく感じる
「早く新しい子来ないかな......」と
知らないうちにいっていた

31:ラン:2013/02/02(土) 16:53 ID:iLU

上げておきます

32:ラン:2013/02/03(日) 06:28 ID:iLU

朝ごはんを黙々と食べ、
「ごちそうさまでした」一人で
言う、「洗い物しておこうかな」と
思って、洗い物をしていると
トントンとドアを叩く音がする......
もしかして新しい子かなと思って
「はーい!今行きます」と言った
ドアを開けると「......今日から入る
ことになった......村山ねねです
よろしくお願いします」と女の子が
きた、あれ......この子
隣のクラスの子じゃない......?
「とりあえず中に入って、荷物は私が
持つから、」とねねちゃんを家の中
に案内した

33:ラン:2013/02/03(日) 15:32 ID:iLU

「ねねちゃんの部屋はここ
荷物おいとくからじゃ私はこれで」

ドアを閉じる......まさか1-2の

ねねちゃんが来るなんて......

正直戸惑ってる

「あの......」とねねちゃんがリビング
へやってきた

「あ、どうしたの?」

私は苦手な笑顔で聞く

「あ......朝ごはん食べてなくて」

あ、そうだったんだ

「いいよ、ちょっと待ってて」

パンとベーコンでいいかな

「今これしかなくて......
いつもは咲さんが作るから」

と事実を言う

「あ、これでいいわ、ありがとう」

その時の笑顔はとても綺麗だった

34:ラン:2013/02/04(月) 06:49 ID:iLU


ねねちゃんは黙々と朝ごはんを
食べてる。おいしくないかな......
と思ったから
「どう?美味しい?」と思わず
聞いてしまった
「美味しいよ。」
笑顔で言った。素直でいい子だな......
そんなことを考えてたら
「ごちそうさまでした」と言い
洗い物をしていた

真面目でかわいくて素直で......
いいな。と思った
「私は部屋に戻るね」ねねちゃんに
言って部屋に戻る

35:ラン:2013/02/04(月) 20:21 ID:iLU

「はぁ、こんなときに二人とも
いないなんて......」
そう呟く。あんな素直でいい子と
仲良くできないよ......
「はぁどうしよう。とりあえず音楽でもかけようかな。」
そう思ったけど......「嘘!壊れた......
ここにきた時から使ってるしね......
もう使えないね......

突然『ピロリロリン』携帯がなる。咲さん
からだ【どう?仲良くできそう?
どうせ人が苦手だから無理!みたいなこと
思ってるかもしれないけど
困ったことがあったらメールしてね☆
咲】
と書いてある。意外に気遣い屋さんで
とてもいい人。出会えてよかったな......

36:ラン:2013/02/05(火) 19:36 ID:iLU

トントン!ドアを叩く。
咲さ......は居ないからねねちゃんか
「はーい。どうしたの?」と少し微笑んで聞く
「あ、雨が降ってたから洗濯物取り込んでたの
これがまいかちゃんの分だよ。じゃあね」
といい部屋から出る

しかもたたんである......偉いな......
学校では見れない一面も見れたし
よかったな......
でも、ずっと気になってたことがある
どうしてここに来たんだろう......?
そう思って、リビングへ行ってこう聞いた
「ねぇ、どうしてここへ来たの?」と

37:ラン:2013/02/06(水) 16:17 ID:iLU

上げ

38: ◆SdIY:2013/02/06(水) 20:24 ID:iLU

上げ落ち

39:ラン:2013/02/07(木) 06:32 ID:iLU

続きは夜か夕方に

40:ゆら:2013/02/09(土) 06:44 ID:iLU

「え?......それは......」と
答えようとしない......きっと言いたく
ないのだろう
「ごめんね。やっぱり言わなくていいよ。」
そういい階段を上り部屋に戻る
そうだった......私もここに来たとき
聞かれたけど言えなかった......
ねねちゃんも言えない事情があったのかな......
ベッドで考えてたら眠くなってきた
「今は......【10:47】か......少し位
寝てもいいよね」といい静かに眠りに
ついた......

41:ゆら:2013/02/10(日) 09:19 ID:iLU

「あの......昼ごはんできてるよ」
とやさしく起こしてくれた。
お昼ごはんは食パンにクリームシチュー
とってもおいしかった。その後、ねねちゃんは
どこかへ出かけてしまった......
「はーつまんないな〜」なんて呟いていた
すると......メールがきた。まなえちゃんからだ
【今暇?よかったら遊ばない?
返信待ってるよ! まなえ】
か......暇だし行こうかなと思って
【うん!行くね^^ まいか】と
めずらしく顔文字を使って返信した

42:ゆら ◆EeYo:2013/02/11(月) 08:33 ID:iLU

【あ、本当!?じゃあ○◇公園に集合ね
早めに来てね まなえ】
本当!?ってひどくね?疑い深いな
ま、いいや。準備して、行く前に
ねねちゃんに置き手紙を書いていった

「ごめん〜!遅れた!」と急いで公園
に行く。すると......
「遅い!待たせないで!」と怒り気味
の声がする
うそ、なんでみながいるの!?
「私が誘ったの。そしたらまいかが来る
なら、いいよって言うから。ま、大人数の方が楽しいしね!」
って笑顔で言う
私、あんまり好きじゃないのに......
みなのこと


書き込む 最新10 サイトマップ