嘘と冗談

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:以後匿名で書いて行きます:2013/02/15(金) 23:52 ID:A4M

__Prologue

冗談は相手のため。
嘘は自分のため。

似たもの同士の大きな違い。
そんな双子のお話です。



規則
・荒らしは禁じております。
何度かあった場合は、アクセス禁止依頼を出します。
・書き込みは禁止です。
感想等はこちらでお願いします。
小説 感想等 http://ha10.net/test/read.cgi/frt/1350702628/l50
※長続きしません。
続かなくてもいいという方は、よろしくお願いします。

それでは、Let's START!!!

2:匿名 ◆/d9g hoge:2013/02/18(月) 16:14 ID:A4M

今日も学校に通う。テストが迫ってきた。もう、嫌だ。



私は凛野 依亜(りんの いあ)。双子の姉がいて、姫亜(きあ)っていうわ。

姫亜は高校生モデルで、スタイル良しの、頭も運動も良し。つまり、完璧少女だ。

双子ならなんでも似てると思われがちで、本当に迷惑。命は一人ずつ、一つずつ持っていて、体も全く違う。似ていても外見だけ。

それなのに人は姫亜と私を比べる。彼女は完璧で私は違うから、いつも見習えと言われる。

私が私で何がいけないのか。それはどれだけ考えてもわからなくて。暴れれば姫亜はいつも気遣ってくる。

皆がうっとうしい。私の中は真っ黒でぐちゃぐちゃになってしまい、ただただ生きている人形のように...

私の、いわゆる不幸な人生に、光が当たることが何回かあった。しかし、暗闇は光さえも遮り、底なし沼に生きてきた。

そんな生活を繰り返して十数年。今私は...。


書き込む 最新10 サイトマップ