悪魔のお仕置きの時間よ♪

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:翔:2013/02/17(日) 16:44 ID:tlk

掛け持ちしてますが、もう1つの
方と、これもみてください。

登場人物です。
金沢 ガクト
普通の高校生。
突然、不意な事から悪魔と
出会う。

ミッシェル・ブラウニー・マカロン
悪魔の女の子。
お父さんと喧嘩して、
人間界との扉を開けてしまう。
物語はマカロンが扉を
開けた時から始まる。

ぐらいなので
たくさん来てくれると嬉しいです♪

2:翔:2013/02/17(日) 17:00 ID:tlk

マカロン目線から始まります。
「とりゃぁ!」
ばっごーーーーん
「あちゃー!またまた失敗しましたわ
お父様、ごめんなさいですわ〜」
私、ミッシェル・ブラウニー・マカロン
は悪魔です。でも魔法が上手く、使え
ません。
「マカロン!!!!!!!!!!!!
これで何回目だ!?」
「18回目ですわ♪」
「笑うな!!!」
ムカッ!
超お父様ムカつくんですけどー?
「悪魔って人を不幸にするのに
どうして魔法を使うの?」
今まで思ってた事なの。
「人を不幸にするには魔法を使う
んだよ。」
そうなのね!初めて知ったわ!
「魔法が使えん奴は出て行けー!」
「わぁーーーー!開け!人間界の門!
我を誘え!人間界へと!」
「あっ!おい…………。魔法は使えん
くせに門は開けれるのか?」
「いーーーーーーやーーーーーー」
落ちてる!怖いわぁーーーー!!!!

3:もりもと:2013/02/18(月) 17:21 ID:h1o

頑張れ!?!?!?
最高におもろそうなんですけど〜〜〜↑↑

4:翔:2013/02/18(月) 17:24 ID:tlk

ガクト目線
「おい!ガクト!今日も100点
だったな!」
「あぁ、サンキュー……」
俺は金沢ガクト。優秀でいつも100点
しかもイケメンとか言われて
女子にモテる。
俺の家は金持ち。
女子は金で寄ってくる。
「悪ぃ、先帰るわ……………」
「おう!また後でメールすっからな
返信しろよ?」
「あのっ!金沢君!」
同じクラスの女子、
大久保愛利さんだ……………。
「何?」
「これ!メールアドレスなの!
私のメールアドレスだから。
後でメールしていいですか!?」
うえ!?女子からメールアドレス貰う
って俺、キモいかも。
「捨てよ………………………」
ガシャン!
ゴミ箱にうまく入った。
「こら!これはメールアドレスでしょ?
女の子から貰った奴!
大切にしなさいよ!」
「誰?」

5:もりもと:2013/02/18(月) 17:27 ID:h1o

がんばれ翔さん

6:翔:2013/02/18(月) 17:59 ID:tlk

ありがとうございます

7:翔:2013/02/18(月) 21:52 ID:tlk

「私?私は悪魔のマカロン。
マカロンとお呼びなさい!」
命令された。
俺、命令されるのは嫌いなのに…………。
「あぁ!ガクト君だぁ!一緒に……」
あっ、こんな所をみたら女子は……
「誰!?あんた!ガクト君から
離れなさいよ!」
ほら、始まった。
「チャラチャラして!
アホじゃないの!?」
「ごめん、こいつ俺の妹」
「え!?ガクト?」
うへーーーー。恥ずかしい。
「あ…………そうなの!?やっぱり?
似てると思ったわぁ♪
私はこれで失礼します……………」
「ベーーーッだ!」
あぁ、俺は何てことを言って
しまったんだ。
最悪だ。
「お兄さんって呼べば良いのかしら?
お兄さん…………お兄さん?」
「ぷっ!」
「こら!笑うな!」
「ごめんって!」
俺、初めて笑ったぜ。
こんなに。
マカロン。可愛い衣装来てるじゃん。
「私、デザイナーよ?この服、私を
デザインしたの!」
「可愛い。俺のも作って」
「良いわよ!お兄さん♪」
こいつ、意外にも可愛い

8:翔:2013/02/19(火) 20:18 ID:tlk

「可愛い所もあるんだ」
「まっ!まぁね…………。」
「ってかお前何でここにいんの?
悪魔なんでしょ?」
「パパと喧嘩したのよ!」
お父さんと喧嘩したぐらいで
ここに来んなよ。
「何よ!文句ある?」
マカロンは顔が赤い。
かわいすぎる。
妹キャラだな……………
「何よ!こっちみないで!」

9:翔:2013/02/19(火) 21:16 ID:tlk

「妹さぁーん♪私と帰りましよ!」
「あら?確かお兄さんのお友達。
いわゆる彼女ね。」
「あらぁ!?よくわかってるわ!」
ん?あれは………………。
あの女!なんであそこに!
カランカラーン
「いらっしゃいませー!」
「お兄さん!どうかしました?
さきかえるのでは?」
「行くぞ」
俺はマカロンの腕を引っ張った。
なんか胸がモヤモヤしてきた。
あーーーーーーーーーーーーー
「お兄さん?顔が赤いわ」
「ん?熱あるんだよ。」
「あら!?寝ていないと」
「大丈夫。これで治るから」
俺はマカロンの方を向いて
おでこにかかっている髪の毛を
上にあげ、
チュ…………………。
「お兄さん!?兄妹でのキスは
ノーカウントですわよね!?」
「ノーカウントじゃありません♪」
俺はマカロンと別れて家に帰る。
女の子とキスするのって初めてじゃ
ないきがする

10:翔:2013/02/20(水) 16:24 ID:tlk

小さい頃、泣いていた女の子と
キスしたんだ。
その子は可愛くて確か…………。
わかんねーや。
「お兄さん!」
「うわっ!マカロン!何?」
窓からマカロンが顔を出した
「私の事を覚えていませんか!?」
マカロンの事?
なんかあったっけ?
「ごめん。わかんねーや」
ムカッ!
「お仕置きですわ!
陸上の神よ、我に宿り、
この者の記憶を甦らせろ!」
「うわーーーーーー!!!!」
うわっ!なんか暗い所にいる。
ここは…………。あっ!
優しい光。
その光を抜けると。
「うわぁーん」
女の子が泣いてる。
「どうしたの?」
女の子がこっちを見た
「マカロン!?」
それはマカロンにそっくりだった。
「君、どうして私の名前を知ってるの?
初めて会うよね?」


書き込む 最新10 サイトマップ