人は……変わってしまうの?

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:理乃 ◆tP96:2013/02/24(日) 14:38 ID:Dc.

どうも♪駄作しか書けない理乃です!
呆れるほどの駄作になると思いますが、感想やアドバイスをくれると嬉しいです!!

登場人物

名前 宮白佑葉 (女)
明るく素直。クラスでも、皆と仲がいい方。
幼馴染みの和也のことを友達として好き。

名前 葉月和也 (男)
頼りになり、クラスの皆とも仲がいい。
佑葉と幼馴染みで、大切に想っている。

名前 御鈴陽花 (女)
しっかりしていて、佑葉の親友。
佑葉の良き相談者でもあり、和也の唯一の相談者でもある。

2:雫:2013/02/24(日) 14:42 ID:3WE

どういう感じのお話になるんですか?

3:理乃 ◆tP96:2013/02/24(日) 16:44 ID:Dc.

いや〜思い付きで書こうと思っていたので、
全然決めていないです☆((殴
>雫さん

4:理乃 ◆tP96:2013/02/24(日) 20:16 ID:Dc.

『佑……葉…』

『和也っ…!和也ぁあああ!!!』

……!!

「はぁっ……はぁっ…」

夢が怖すぎて、早く覚めたくて、勢いよく起きる。

夢のせいで冷や汗はたれていて、息づかいは少し荒くなって、顔は少し青かった

今日、とてもリアリティーな夢を見た。

風景は、私達が確実と言っていいほど見たことある場所で。

物ーつーつ、人ー人ー人がとても細かく、まるで現実と同じような感じで。

その人の声や、何気ない仕草まで現実と同じで。

まるで現実と夢、見違えてしまうほどリアリティーな夢だった。

気持ち悪い…。きもちわるい…。キモチワルイ…。

信じちゃダメ……。そう、心の中で何回も唱え続けた。

唱え続けている時に、ふとよぎった言葉。

『予知夢』

今日の出来事はその言葉にぴったりと合うくらいだった。

もし、これから先にあんなことが起こってしまうとしたら、

私はどうやって動けばいいんですか?

ねぇ…誰か、教えてよ……。

5:理乃 ◆tP96:2013/02/25(月) 20:35 ID:6Uc

「って考えている場合じゃなかった……確実に遅刻だ…」

時計を見ながら一人、ポツリとつぶやく。

誰もいない家にその声だけが静かに響く。

「ってヤバい!急いで用意しないと…!」

バタバタと音を立てながら用意をし、こけそうになりながら家をでる。

「っわぁ!!」

「遅い……。確実に遅刻するんですけど」

「あ……和也、ごめんね!」

慌て過ぎて和也がいつも待っていてくれていること忘れてた…。

ごめん和也。忘れていたことを許してね。きっと気づくことはないと思うけれど。

「お前ってやつは……。まぁいい、とにかく行くぞ」

「うんっ」

ため息をつきながら走りだす和也。そして笑いながら和也についていく私。

あの夢のことは………

嘘だよね―――――――?

6:理乃 ◆tP96:2013/02/27(水) 20:08 ID:2FU

「おはよーございますー」

「お前らな…!ちこk「おはよー!」水玲!」

おはよう!わが友の美奈!

「なんですかー?」

「普通、今挨拶するk「美奈!おはよ」宮白!」

先生!挨拶をしないと一日が始まらないって私の中で決まっているんですよ!

「先生!怒るならそこの二人にも言ってくださいよ?
 さっきからずっと喋ってますけど…。反省する気0で」

私が指差した方向には、いかにも盛り上がってますムードを出している和也と、和也の友達の北園開成。
  
「葉月!北園!」

「「はい?」」

「……!そこの四人、とりあえず廊下に立っとけ!」

「はーいっ」

「え!?寒いよ…」

「ちぇっ…めんどくせー」

「まぁまぁ、なんとかなるって」

そうぶつぶつと言いながら私たちは30分間廊下に立っていた。

もちろん、黙っていられるわけもなく、喋りながら。

7:理乃 ◆tP96:2013/02/27(水) 20:15 ID:2FU

ぐだぐだ文をのろのろと書いてすいません!!!
ここで新キャラの紹介ですヽ(^o^)丿

名前 水玲美奈 (女)
此方も明るい性格。めんどくさがりなため、面倒事には首をつっこまない。
佑葉の良き理解者でもあり、友達でもある。佑葉の友達の開成とは気が合う方。

名前 北園開成 (男)
明るく大体の物事はなんとかなると思っている人。めんどくさがりで何かと諦めがち。
和也の友達でもある。佑葉と仲が良く、美奈との相性はいいほう。


書き込む 最新10 サイトマップ