ありがとう、ただそれだけ。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:匿名さん:2013/02/25(月) 19:30 ID:6RU

Prologue

貴方は何故、そんな事が言えるんですか?

何故、僕に無い物を?

そんな貴方が、羨ましかった。

でも、貴方は分けてくれたんだ。

未来の自分を___

ありがとう、ただそれだけ。

>>2に付いて、自己紹介。

>>3に、小説書き始めます。

2:゚+。:.゚*rin*゚+。:.゚:2013/02/25(月) 19:34 ID:6RU

>>1私です。

+-*profile*-+

長谷川 陵(ハセガワ リョウ)
【♂】

長谷川 優斗(ハセガワ ユウト)
【♂】[陵の弟]

安斎 結菜(アンザイ ユイナ)


まずは、これ位ですね。
では、始めます!

3:゚+。:.゚*rin*゚+。:.゚:2013/02/25(月) 19:41 ID:6RU

結菜に、【♀】書き足し。

―――――――――――――――

「ふあ……」
僕は、長谷川陵、中学二年生。

着替え終わって、食べ終わったら玄関を出た。

ヒラリ

もう、桜の季節。
「綺麗……」と、僕は呟いた。

キーンコーン、と鳴り出したチャイムを、静かに聞いていた。


っていけない、始まりのチャイムだ!

授業が始まって、そーっと、歩き出した。

※『』(ニジュウカギカッコ)の場合、ヒソヒソ話と小さい声

『間に合えっ……!!』
ガラっと、ドアを開けた。

そう、僕は友達が居ない。

むしろ、影で悪口を言われてる。
「ギリギリセーフっ!」

僕は、机に立ち塞がった。

4:゚+。:.゚*rin*゚+。:.゚:2013/02/25(月) 20:12 ID:6RU

感想下さい!!

5:マスカット:2013/02/25(月) 20:16 ID:q5E


プロローグからすごいですっ!

尊敬しますー 先輩っ!!

また 来まーす

6:゚+。:.゚*rin*゚+。:.゚:2013/02/28(木) 17:30 ID:6RU

>>5
マスカット!!

ごめん、此処辞めるんだ……。
この小説、1Pしか書いてないけど すみません!!!


書き込む 最新10 サイトマップ