ゲーム

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ゴミ箱 0328:2013/03/02(土) 16:29 ID:YBI

ハジメマシテ、ゴミ箱と申します。
この作品は……殺人ホラーにするつもりです。
駄作ではありますが、最後まで読んでくださるのは涙流して喜びます(笑)
じゃ、はじめます

2:ゴミ箱 0328:2013/03/02(土) 16:49 ID:YBI

「遅いなぁ……」
公園の錆び付いたブランコに腰をかけているのは蛭田 萌(ヒルタ モエ)。彼女は一人、人を待っていた。

(もう帰ろうかな、電話も繋がらないし、明日怒ってやる……)
萌は少し不機嫌だった。なぜなら、待ち合わせの午後12時を決めた相手が待ち合わせ時間を30分も過ぎていたからだ。

「もーえー!」
ニコニコしながら手を振ってこちらへ向かってくるのは待ち合わせ相手、白川 美紀(シラカワ ミキ)だった。

「遅い! どこで何やってたの!?」
萌は笑顔の美紀をにらむ。

「あー、ごめんごめんご〜」
反省していないだろう。この美紀の笑顔を見るからに。

「はぁ、行くんだったらさっさと行こう」
萌はむぅっとしながら学校へ向かった。


書き込む 最新10 サイトマップ