私の、家庭教師っ!

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:九九:2013/03/05(火) 17:03 ID:oLc

初めまして
では、早速
私、田川 まき 高校2年
彼氏無し(3年間)。ファッションもだ
め、唯一、習字だけ得意。
まき 『どうしよー!テストヤバッ!』
牧野 ちえ みきと同級生
ちえ『まぁ、大丈夫だよ』
まき『あー!大学行けるかなー。』
ちえ『行かなくても良いじゃん。私は、いくけど。』
まき『もー!』
ちえ『まきっ!危ない!』
まき『きゃー!』
謎の男『大丈夫?けがはない?』
まき『あ、あありがとうございますっ!』
つづく

2:鏡時 ◆MUNk:2013/03/05(火) 18:08 ID:5zI

えーと、台本書きを控えた方が…。

そして喋ってるときのを『』じゃなくて「」にした方が…。

私なんかが言っちゃってごめんなさい!!

3:麗愛:2013/03/05(火) 18:49 ID:RNw

うーんとっ、私なんかが言ってゴメンね?
以前、同じこと言われたんだ。

名前「〜〜」ってしなぃって。

どうしてもって場合は、

「〜〜」
って□□が言った。

みたいな?ように、私はしてる。

あくまで私の書き方だから正直役にたたないけどごめんね?

あと、かぎかっこは「」だね。
鏡の言う通りですな(^^♪

4:九九:2013/03/09(土) 13:24 ID:oLc

アドバイスありがとうございます
見てくださるだけで嬉しいのに
コメントをくださるなんて…
本当にありがとうございます!
これからも、宜しくお願いします!
アドバイス、これからもお願いします

5:九九:2013/03/14(木) 10:32 ID:oLc

今日は、感染性胃腸炎と言う病気にかかってしまったので、小学校は、休みなので、書きます!
謎の男 青木まさる 大学2年生
超一流大学に行っているまさる。祖父が青木教室と言う予備校を営業している。そのため、頭が良い。

6:九九:2013/03/26(火) 13:25 ID:oLc

続き
まき「ただいまー」
母「おかえりー!あ、明日から家庭教師来るわよ
まき「えーなんで!そんな急に」
母「まき言ってたじゃない。教えてくれる人がいれば成績上がるのにーって言ってたじゃない」
まき「えー」
母「とにかく明日は、5時には帰ってくるのよ!」
まき「はーい。で、どんな感じなの?」
母「青木教室って言うところでお母さんも通ってたの。だけど、お母さんが通ってた時はそんな有名じゃ無かったし青木とおるさんと言うお父さんが1人で20人くらいの生徒を見てくれていたの」
すいません!ここまで
また、書きまーす!
さようなら(#*ω*♪)

7:九九:2013/04/02(火) 23:10 ID:oLc

続き
母「でね、叔父のお葬式にもとおるさんととおるさんの孫のまさるくんと来てくれてたのよ!だけど、まきその頃三才だったから覚えてないかもね♪
まき「で、どんな人来るの?」
母「確か、女の厳しい先生がついてくれるって!」
まき「なんだー女の人かー」
母「とにかく明日は5時には帰ってくるのよ!」
次の日…
キーンコーンカーンコーン キーンコーンカーンコーン
まき「あっ、ヤバー」
ちえ「どうしたの?」
まき「今日から家庭教師くるのー!じゃあ先帰るねー!」
ちえ「バイバイ」


書き込む 最新10 サイトマップ