こちら天海星雲委員会です。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:あまてらす:2013/03/09(土) 21:42 ID:iQE

銀河系星雲地帯、ここは人類の理想郷。
2120年、地球は、地球外生命体によって支配され、私達人類は、と言うより、生き残ってる人達15人はここでの生活を余儀なくされている。けれど、ここには皆が欲しい物全てがある。少なくとも、私と彼以外の人はそう思っている。
    〜続く〜

2:麗愛:2013/03/09(土) 22:22 ID:RNw

幸安委員の真似ですか?
更新がんばって下さい♪

読者一号ということで!!

3:あまてらす:2013/03/10(日) 01:00 ID:iQE

コンコン、と響く音。
「心音、いるか?」
「うん、いるよ。」
彼の名前は<凍堂 響夜>私と同じく、この侵略の意味を知っている人。
「どうしたの?」
と、訪ねる私。
「いや、お前のところしか、安心できなくてさ。」
彼はそうやって、ソファーに横になり、私のほうを、ずっとながめていた。

4:未来:2013/03/10(日) 12:46 ID:Yjs

おぉ!
恋愛かー
いいね!

5:あまてらす:2013/03/10(日) 13:03 ID:iQE

どもども!作者のあまてらすだお!みんな、みてねー!

6:マスカット:2013/03/10(日) 13:12 ID:q5E

うんうん!!
面白いねー♪♪
私もここで小説書いてるんだー♪

7:クロス:2013/03/10(日) 13:14 ID:m-Oio

この小説を一目見て思いました「意味がわからない」と

8:あまてらす:2013/03/10(日) 13:19 ID:iQE

幸安委員会と似てて、少し意味深な話なので、いみふだったら、違う小説読んでね!

9:クロス:2013/03/10(日) 13:22 ID:m-Oio

設定などしっかり書いた方がいいですよ
読者を置いていくことはしたくないと思うので

10:たっくん:2013/03/10(日) 13:24 ID:2M.

あー
うん
登場人物とあらすじ書いて

11:たっくん:2013/03/10(日) 13:25 ID:2M.

今は
iPhone5から散髪屋でしてます

12:マスカット:2013/03/10(日) 13:25 ID:q5E

>>1ってプロローグ?

13:マスカット:2013/03/10(日) 13:26 ID:q5E

あー たっくんじゃーん

14:クロス:2013/03/10(日) 13:26 ID:m-Oio

登場人物は順を追って紹介というのはどうでしょう
>>10

15:あまてらす:2013/03/10(日) 13:27 ID:iQE

緊急放送がなり始めた。『惑星3ufvが接近しています。星雲委員会は戦闘準備して下さい。』
突然の放送に少しとまどう。
気がつくと彼はもういなくなっていて、部屋の外では乗組員たちが
「今度のはかなりでかいらしいぜ。」
などと言うことを話している。
私は急いで部屋から出て、朝夏たちがいる準備室へと向かった。

16:あんず ◆kJjA:2013/03/10(日) 13:27 ID:mTs

幸安委員会の真似……ですか?

17:あんず ◆kJjA:2013/03/10(日) 13:29 ID:mTs

朝夏って誰ですかね?

18:クロス:2013/03/10(日) 13:30 ID:m-Oio

15人の1人と考えます
>>17

19:あまてらす:2013/03/10(日) 13:34 ID:iQE

では書きます。
あらすじは、1番にかいてあるよ!
登場人物
・緑笹 心音
 14歳。
 地球外生命体に地球がしはいされた理由を知っている。 両親は6さいの時に他界。性格は物静かで、人と関わる事があまり得意ではない。

とりあえずここまでで。

20:マスカット:2013/03/10(日) 13:37 ID:q5E

あまてらすっ!また来るよおー

頑張ってねー

21:あまてらす:2013/03/10(日) 14:10 ID:iQE

・凍堂 響夜
 14歳
 心音と同じく、支配された理由をしっている。普段は他人思いの明るい性格。両親は委員会の上層部として健在。この船の中で彼のことを知らない人はいない。

22:匿名さん:2013/03/10(日) 15:14 ID:iQE

ドアを開けると、一人の少女が飛び付いてきた。
「心音ー、心配したよ!」
彼女の名前は<香月 朝夏>人付き合いが苦手な私にとって唯一の親友の一人である。
「どうしたの?」
「あ、あのね。」
そういいながら彼女が指差したのはとんでもないものだった。

23:あまてらす:2013/03/10(日) 15:16 ID:iQE

上の、私でした。

24:大和:2013/03/10(日) 15:33 ID:/qE

マスカットさん、不要な雑談を招くような行為はやめていただきたい。

25:マスカット:2013/03/10(日) 15:53 ID:q5E

大和s>>
あ…すいません…
友達の小説など
見るとつい嬉しくなって……

本当すいません…

26:未来:2013/03/10(日) 15:54 ID:Yjs

>>22
「唯一の親友の一人」の文章が・・・

27:クロス:2013/03/10(日) 16:04 ID:m-84Y

矛盾してますね・・・・
>>26

28:大和:2013/03/10(日) 16:09 ID:/qE

「一人である」
ということから読み取れるのは、
複数形ということになりますね。
そうすると「唯一」の使いか、「一人である」の使いが
おかしくなるのは当然のことですね。

29:あまてらす:2013/03/10(日) 16:12 ID:iQE

すいません!
「唯一」ではなく、「数少ない」でした。

30:霊探偵八雲 ◆YpF.:2013/03/10(日) 16:18 ID:ICc

いつも、拝見させて もらってます。
陰ながら、応援 してます

31:匿名さん hoge:2013/03/10(日) 16:19 ID:JX6

ボカロパクんな

32:クロス:2013/03/10(日) 16:23 ID:m-84Y

タイトル真似てるだけです内容は何も似てませんよ
>>31

33:大和:2013/03/10(日) 16:24 ID:/qE

内容にもよりますよ。
まぁ題名はアレですが。
>匿名さん

しかしながらこれ以上の雑談というわけにもいかないので、
僕になにかある場合は交流掲示板の「集え小説板住人よ!」へ。

34:あまてらす:2013/03/10(日) 17:11 ID:iQE

朝夏が見せたもの、それは、小さく黒い石。まちがいない。宇宙誕生を司る石、「バロックストーン」だ。
「えっ、どうしてこんなところに…。」思いもしなかった。地球侵略の本当の意味が分かるかもしれない、その手掛かりになるかもしれない物がこんなに近くにあったなんて…
でも今は、この事について深追いする時間はない。急いで戦闘準備して、この船をまもらなければ。私は服を着替えると、急いで船室を出た。


書き込む 最新10 サイトマップ