私は恋をしてしまった

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:マスカット:2013/03/10(日) 16:18 ID:q5E

下手だとは思いますが

頑張りたいと思いますっ!!

2:マスカット:2013/03/10(日) 16:23 ID:q5E

登場人物ですっ!

川口 晴美(かわぐち はるみ)【♀】

佐々木 たくみ(ささき たくみ)【♂】

内山 咲(うちやま さき)【♀】


それくらいですっ!

3:マスカット:2013/03/10(日) 16:30 ID:q5E


〜プロローグ〜

私は なんでこんな顔で

生まれてきたの?

美人な顔なんて…大嫌い……

そのせいで 信用していた 友達にも
裏切られて……

もう…笑顔さえ 作れなかった


  でも……

ある人のおかげで 私は変わった___

4:マスカット:2013/03/10(日) 16:45 ID:q5E


「晴美ちゃーん…今日もキモいねー」

私と一緒のクラスの 立花 凛
前はすごく仲がよかったのに…

凛の好きな人が私の事好きだったのだ

「………………」

「無視かよっ!!!」

凛は 私の足を蹴った……

「凛!蹴ったところ見つかるかもっ」

凛の親友 森田 みのり だ

「大丈夫だよ見えない所にしといた」

「一発ぐらい いっか!」

「「きゃははははっ!!!」」


…笑い声が教室に響く

5:マスカット:2013/03/10(日) 17:22 ID:q5E

私は告白をしたことなど一度もない

告白された回数は数えきれないほど…

答えは全部 「御免なさい」

それが基本とも言っていいほど……


「__美!…晴美!!」

「あっ!御免!」
「ぼーっとしてたよ?大丈夫?」

「うん!大丈夫!!」


咲は私の親友!
咲だけは信用している友達だ

6:マスカット:2013/03/10(日) 21:31 ID:q5E

この続きはまた明日!

7:詩音:2013/03/12(火) 21:01 ID:gBQ

面白いですね。頑張って下さい。

8:マスカット:2013/03/13(水) 06:57 ID:q5E

詩音s
有り難うごさいます!
頑張りたいと思います!!

9:優月:2013/03/13(水) 16:30 ID:H4g

面白いですね。
続き気になります ああマスカットsの文才がほしい(´・_・`)

10:匿名さん:2013/03/13(水) 16:32 ID:H4g

>>9文足りなかったです^_^;

文才がほしい×
のような文才がほしい○
すみませんでしたm(_ _)m

11:まかろん:2013/03/13(水) 16:37 ID:UaM

続きが気になります(≧∇≦)
がんばってください♪

12:マスカット:2013/03/13(水) 20:00 ID:q5E

詩音sや優月s まかろんs!

本当ありがとぅございますっ!!

これからもよろしく
お願いします(アドバイスも)

13:マスカット:2013/03/15(金) 20:07 ID:q5E

私は今日 風邪で学校を休んだ

うぅ…気持ち悪い……

医者には2日には治るって
言われたけど…

どうかな?……


ー2日後ー

ふぅー!治った!…学校行こっと……

      ー学校ー

「ん?…何これ……」

そこにあったのは……

14:マスカット:2013/03/17(日) 12:37 ID:q5E

え?私の椅子に落書き?!

どうして?!

「私ぃ 見ちゃったんだけどぉー」
「何見たの?凛ー」

二人は にやついている

「咲がぁー 書いてたのぉ」







咲?


そう…なの?……咲

15:マスカット:2013/03/17(日) 13:24 ID:q5E

「咲……そうなの?」


「違う!!これには訳が『えー 私
見たって言ってるじゃん』


私どっちを味方すればいいの?


咲は信用できるし
親友だとも思っている


凛は咲が落書きしてる
ところを見たと言っている……
しかも 咲は「これには訳が」って
言ってる……











私……やっぱりっ!!!

16:いちご:2013/03/18(月) 16:35 ID:eCQ

マスCの小説すごくおもしろいな〜!                                     
もっともっと、見たいよ〜!!!
林檎LOVEマスCLOVEいちLOVE

17:マスカット:2013/03/18(月) 16:37 ID:q5E

おー
ありがとぅ!!

いちごぉー♪

18:いちご:2013/03/18(月) 16:38 ID:eCQ

GHASBJDRHGAKLSHRAGKLSRHL siRH: kleRGSRKLHG;KDTHJKDHDH?

19:林檎:2013/03/18(月) 16:39 ID:VJM

おお!いちご〜♪来たんだ!

20:マスカット:2013/03/18(月) 16:40 ID:q5E

雑談は そろそろやめよっか!

いちごー

21:いちご:2013/03/18(月) 16:43 ID:eCQ

意味分かんないのを送ってみました!!

22:マスカット:2013/03/18(月) 16:44 ID:q5E

>>いちご

…おいっ!!

23:林檎:2013/03/18(月) 16:44 ID:VJM

マスc、小説上手すぎ!頑張れ!

24:マスカット:2013/03/18(月) 16:47 ID:q5E

あ 林檎!
ありがとぅ……

もぅ荒らすなよww

また書けなくなっちまう…ww

25:いちご:2013/03/18(月) 16:49 ID:eCQ

林檎へ
 今、マスCといちごは電話をしながらやってマ〜スC!!
                           なんちゃって!
                                     BY  いちご

26:いちご:2013/03/18(月) 16:51 ID:eCQ

二人とも何かしゃべって!

27:林檎:2013/03/18(月) 16:52 ID:VJM

うーん、でも喋りすぎると、注意されて、フリト行けとか言われるよ〜

28:林檎:2013/03/18(月) 16:53 ID:VJM

フリトでスレ作ってくる。
いちご、マスc来てね。

29:マスカット:2013/03/18(月) 16:53 ID:q5E

小説を書けたのは
二人のおかげっすww
有り難うございます!!

30:林檎:2013/03/18(月) 17:00 ID:VJM

いえいえ!フリトにスレ立てたよ!
【◆◇ 林檎のトーク部屋 ◇◆】だよ

31:マスカット:2013/03/19(火) 15:14 ID:q5E

私……やっぱりっ!!






咲を…信じる……!!


親友を信じなきゃ 親友じゃないよ!


でも……もしも……




もしも 咲が私を裏切ったのなら……









私は咲を信じられるの?

……!!!!!!

親友なのに何考えてるんだろ!

私のバカッ!!!

32:マスカット:2013/03/19(火) 17:13 ID:q5E

…あっ!

凛が来たっ!!


「ねぇ 晴美 言っとく事が

あるんだけど 時間…いい? 」

「う…うん……どうしたの?」

「…あの事なんだけど……
落書きしたの 本当に見たんだ

咲が やってるところ」



「うん……」

「…突然だけど…
たくみ君……いるでしょ?」

「あ …うん」

「晴美 好きでしょ…

たくみ君のこと……」






え?!…ば……ばれてたの?!


「ぅ…ぅん///」










「…咲も好きなんだよ」




……え?





咲も たくみ君のことが……





    好き?!

33:マスカット:2013/03/20(水) 17:09 ID:q5E



私は たくみ君の事を
好きなことは秘密にしている

って言うか 誰にも話したことがない


もちろん
咲にも 話したことがない……

咲も 私に話さなかった……


私 咲だけに言ってみようかな…









たくみ君の事が 好きなこと……

34:マスカット:2013/03/20(水) 17:24 ID:q5E



「……咲!!」

「何〜♪晴美」
「ちょっと 話があるから来てっ!」

「うん! 分かっ『此方!!』

   グイッ!!

私は 咲の腕を引っ張った










着いたのは 誰もいない屋上



思いっきり走ったせいか
息切れがすごく ヤバイ……


「ハァハァ……着いた…よっ!ハァハァハァ」

「ぅ…うん…ハァハァ……」







「……で 話って何?」

「………………」




「いいよ!何でも言って!!」




何でも言って……いいんだね

35:ゆい:2013/03/20(水) 18:15 ID:nTQ

マスカットもうまいじゃん

うちの小説みてくれてありがt−
これからも
見てね

そこではなそーねw

続き楽しみにまっちょるよw

36:マスカット:2013/03/20(水) 18:22 ID:q5E

「あ…あのね……」

「うん」



「実は私 たくみ君の事
……好きなんだ」




「……知ってるよ」



「え?! 知ってたの?!
……いつから?」

「んーと 1年前くらいからかな?」




えーー!!!!!!!

私が 好きになったの
ちょうど1年前 位だよ!!


「だって ずっと一緒にいたじゃん」

「あ そっか!」


よかったぁー♪♪……




まだ よくないっ!!


「咲っ!」
「ん?何?」

「もう1つあるんだけど
……言っていい?」

「うん 何?」


「…咲 たくみ君の事好きなの?」


「……







ううん!好きじゃないよ!」





よかったー

ライバルにならなくて!!

37:マスカット:2013/03/20(水) 18:24 ID:q5E

ゆい…見てくれてありがとぅ!

私もこれからゆいの小説見るよ!!

38:ゆい:2013/03/20(水) 19:20 ID:nTQ

マスカットー
いえいえ
おっけー
よろしくねw

39:ゆい:2013/03/20(水) 19:24 ID:nTQ

咲はいいこだねーww

40:マスカット:2013/03/20(水) 20:16 ID:q5E

>>ゆい
ふふふ…咲の本性……それはっ!

言えませーんwww

41:ゆい:2013/03/20(水) 20:21 ID:nTQ

なにそれー??
気になるー

42:ゆい:2013/03/20(水) 20:22 ID:nTQ

小説更新中なうでーすWW

43:マスカット:2013/03/20(水) 20:25 ID:q5E

はーい

44:マスカット:2013/03/21(木) 08:32 ID:q5E


     〜咲目線〜

……やっぱりね

晴美がたくみ君の事が好きなこと


……確信した



でもね正直に言うと


私もたくみ君のこと好きなんだよ

今でもね……♪


晴美は私がたくみ君の事が好きなの


凛から 聞いたのかな…?

ふふっ……そんなことはどうでもいい



絶対 勝って
たくみ君を私のものにしてやる……


私はもぅ……




















……貴方の敵なの♪

45:マスカット:2013/03/21(木) 08:45 ID:q5E

私はもぅ……








……貴方の敵(ライバル)なの♪

よし 今からでもするか



「たくみ君…!!!」
「……何?」

「今日から ……

たっくんって呼んでもいい?」

「うん!いいよ」

「ありがとぅ!嬉しぃ!!」

「ぅ…うん///」

たくみ君が顔を赤くした


よっしゃ!ちょっと成功?!♪

46:マスカット:2013/03/21(木) 09:12 ID:q5E

〜次の日〜


あ たっくん だっ!!

「たっくん!おはよう」
私は 笑顔を浮かべた

「ぉ…おはよ///」

「どぅしたの?顔が赤いよ」


「え?!……大丈夫だよ」

〜たくみ目線〜

ぁ…咲が来た……

「たっくん!おはよう」

ぅわー! 笑顔 可愛い…///

「ぉ…おはよ///」
どうしよ!俺 絶対 顔赤いよっ!!

「どぅしたの?顔赤いよ」
心配そうに見てくれる咲 優しいな…

「え?!……大丈夫だよ」
やっべぇ!気付かれそうだった!

……ってか
何 たっくんって言われて
照れてるんだ俺!!!

バカだぁー!!

47:マスカット:2013/03/21(木) 11:29 ID:q5E

〜昼休み〜

「たっくん!来て」


「ん?何?」




「たっくんのこと……
たっくんって言ってるの
私(咲)だけだよね…?」

「そうだよ!」



「よかったぁー♪」
「……何でいいの?」


「…え……

それ言わなきゃ駄目なの?」

「うん」



「////// 嫌だ…言いたくな『何で』

「……恥ずかしいから」





たっくんは我に戻った


「あ!御免 なんか『大丈夫だよ!』


「本当御免…しつこくて」

「いいのっ!!大丈夫だから!」



私 逆に嬉しかったから……


「有り難う」

「いえいえ♪」

48:マスカット:2013/03/21(木) 11:59 ID:q5E

「たくみ君!!」

「あ どしたの?晴美」


「なんか最近 咲がたくみ君のこと
たっくんって呼んでるよね?」

「あぁ うん」

「私も…そぅ呼んでいい?」


「え?!…うん!いいよっ」

「有り難う!嬉しい///」
あ 晴美 顔赤いぞっ!
ぅ…つられる/////



あー!晴美が可愛く見えてくる…

49:マスカット:2013/03/21(木) 12:28 ID:q5E

〜帰り道〜

「たっくん! 一緒に帰ろ!」
「晴美!うん いいよ」

「あー今日楽しかったねー」
「あぁ……あ……あっ!」

「何? 『あ』 ばっかり言って」


「今日 塾だった……」

「何時から?」
「5:00から」

「ヤバいじゃん! 走って帰れば?」

「え…でも 晴美が『私はいいの!
時間 ないでしょ?遅れたら大変!』


「…有り難う」

「うん!じゃーねっ!」





















俺は 晴美のおかげで
塾には 遅れなかった……


塾のこと 思いだしてよかったぁー!

50:マスカット:2013/03/21(木) 12:30 ID:q5E

おー ★祝☆
50 いきましたっ!

51:マスカット:2013/03/21(木) 14:26 ID:q5E

こんな 日々が何日か続いた



「たっくん!また 一緒に『晴美!』

「ん?何?咲」
「来てくれる?」

「あ うん」

ついたのは 屋上

「で…何?」

「最近たっくんと仲良くしてるよね」

「……うん」

「どうしてぇ?私ぃたっくんのことぉ
好きなのにぃ」

いきなり ぶりっこ?!

「え?……」

「だぁーかぁーらぁー!!!

どぉしてぇ って聞ぃてんのぉ」

「好きだから……」

「じゃぁ『まってっ!!!!
咲 たっくんのこと好きなの?』

「…大ー好き だけどぉ」

「前 好きじゃないって言ったよね」

「そ・れ・は ♪
友達としては好きじゃない けど
恋愛として…男の子としては

好きってことぉ♪」

「……最低…ゥザ」

「はぁ? お前のほうが

ウ・ザ・イ ♪」

……最低だ…咲…信じてたのに……

52:マスカット:2013/03/21(木) 14:39 ID:q5E

皆さん
この小説が 少し 早いと思うので
遅らせますっ!!
本当すいません……

53:林檎:2013/03/21(木) 15:39 ID:VJM

早いから遅らせなくても良いんじゃない?
黙々と、マスcは一生懸命書いてるんだから、早すぎる事は無いよ!
コツコツ頑張ってるマスcがうちは、好きだよ!
うちなんか、頑張ろうって思っても、上手く書けないんだもん。
マスcは、新しいのを立てないで、頑張ってる。

だからずっと頑張って!!
長文御免ね。応援してるよ!

54:マスカット:2013/03/21(木) 16:19 ID:q5E

林檎…ありがとう
うんっ!頑張るっ!!!

林檎も一緒に頑張ろうね

55:林檎:2013/03/21(木) 16:27 ID:VJM

うん!うちも頑張るよ♪

56:マスカット:2013/03/22(金) 11:06 ID:q5E


〜咲 side〜

うーん……たっくんと晴美を
くっつかせないためには……


ふふ……そぅだっ!!


放課後にでも やりますかぁ















〜放課後〜

「晴美ー 私トイレ行きたい……」

「じゃあ 先に行ってる『待って!』

「外トイレだから 怖い……」

「分かった じゃあ トイレ行こ」


ぅふふ…作戦1は成功ね……

57:匿名さん:2013/03/22(金) 13:28 ID:q5E

あー…疲れたー

58:夜星桜音歌:2013/06/07(金) 18:35 ID:ez-J1E

私よりもすごく上手。自信もってね。とてもよかったよ。また書いてね。いつまでも私応援してる。がんばってね。素敵な小説書いてね。よろしくね。

59:林檎 hoge :2013/06/07(金) 20:57 ID:hH2

三ヶ月前の小説を上げないで下さい
マスcは今、違う小説を書いてますから


書き込む 最新10 サイトマップ