いじめ…物語

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:闇ウサギ:2013/03/10(日) 21:58 ID:4qk

いじめ…物語を書いて行きます!
よろしくですっ!

2:闇ウサギ:2013/03/10(日) 22:04 ID:4qk

早速…。

ももクロちゃん♪&AKBを使って書きたいと思います。
あくまでも、フィクションです。


あたし、有安杏果。
ももクロちゃん♪の緑。
あの、あたし、百田夏菜子(赤)の秘密を知ってしまったんだ。
いつも元気な夏菜子がAKBさんにいじめられてたのを見てしまったの。
「調子に乗るな。」って…。
あたしは、夏菜子に悩み事がないかって言ってみた。
AKBさんにいじめられてるって教えてくれた。
あたし、あーりん(ピンク)・しおりん(黄色)・高さん(紫)に相談してみた。
協力してくれるって!

そしてあたし達は、みんなで戦う事を決意した。

3:闇ウサギ:2013/03/10(日) 22:09 ID:4qk

ーあーりんー

今日ね、あーりんが楽屋入ったら、あーりんの机にね、いろんな嫌がらせされてたの。



あーあ、あたしが「たぁげっとぉ」?
あーりんのこと、こんなんじゃやつけられないよぉーだっ!
でもでもでも、悔しぃ!
みんなにいってやる!
あーりん(以下あ)「夏菜子~、杏果~、れに~、しおりーん。あたしがたぁげっとなんですけどぉ!」
杏果(以下杏)「まぢ?大丈夫?」
あ「うん!こんなんじゃあーりんは倒せないよ!」

みんなは、あーりんが強くて良かったと、心から思ったのである。

4:闇ウサギ:2013/03/10(日) 22:14 ID:4qk

ーれにー


楽屋にはいると、たくさんのゴミがおかれていた。


なんじゃこりゃぁ!?
プレゼント?わっはっは~♪って違うわ!
みんなに報告しなきゃ!

れに(以下れ)「ねぇねぇ、みんなぁ!私の楽屋にねゴミがたくさんあったの。プレゼントかな?」
しおりん(以下し)「んなわけないでしょ!」
れ「だよねぇ」


れにちゃんが天然で良かったと、心から思ったのである。

5:闇ウサギ:2013/03/10(日) 22:18 ID:4qk

ーしおりんー


楽屋に入ったら、なんと、たっくさんのカレーライスがあった!


お、美味しそう。
食べてもいい…かな?
夏菜子もいないし、食べちゃえ!

バクバクバクバク

ギュルルルル

あ、お腹壊しちゃったかも!
お、お腹いたいィィ!
ほ、ほうこくをぉ!

しおりん(以下し)「楽屋のカレーライス、腐ってた…」

夏菜子(以下夏)「食べちゃった?今日のライブいける?」
し「うん。もちろん!ファンのためだから!」

しおりんが頑張り屋さんで良かったと、心から思ったのである。

6:闇ウサギ:2013/03/11(月) 22:11 ID:4qk

ー杏果ー


今度はあたしか…。
あたしの机の上にはたくさんのきたない言葉が書かれていた。
っチッ、悔しい!
こんなんじゃ、負けないし!
てゆーか、人気上がったからこーゆー嫌がらせがあるんだよね?!
ラッキー♪♪♪

杏果(以下杏)「嫌がらせあったよー!けどさ、人気があるからだよね?ラッキー♪」
あーりん(以下あ)「あ…、えーと…。」
杏「だよね!はっはー!あたし達の方が上だぞ~www」


杏果がバカで良かっと、心から思ったのである。

7:闇ウサギ:2013/03/11(月) 22:16 ID:4qk

ー夏菜子ー


あたしへのいじめはひどい。
びっくりはするくらい。
けどね、みんながいてくれているから、あたしがいる。
そう思えるの!

夏菜子(以下夏)「みんな、ありがとう。」
泣きながら言った。
みんな(以下み)「どうした?」
夏「わかんないけど、、、。ありがとう。」


改めて、みんなで戦う事を決意した。


書き込む 最新10 サイトマップ