色々書いてみる※駄作注意

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ラン:2013/03/14(木) 19:51 ID:iLU

題名は……特にはない!
色々書いてみます!
感想ください!やる気上がります!
荒らしはスルーで

2:ラン:2013/03/14(木) 19:57 ID:iLU

なぜ、私は生きないといけないの……?

今、思ってることはただ一つ

「死にたい」これだけだ

この世界にいても面白くない

だったら死ねばいいんだ

死んで新しい世界へ行けばいい

天国か地獄のどちらかに行けばいいんだ

私はビルの屋上に立っている

紹介が遅れました岡場更羅と言う。

まぁもうじき死ぬし意味ないか

3:ラン:2013/03/15(金) 06:43 ID:iLU

さぁ、私が待ち望んだ死の時間が

やってきた。

「さよなら。地球……」

飛び降りる瞬間、私の手を握る男

そいつに飛び降りるのを止めさせられた

死ねなかった……

「今から警察署へ行くから」

は?警察?あぁ尋問的な?

4:ラン:2013/03/15(金) 19:26 ID:iLU

もう何回目だろう。警察署に行くのは

今みたいに死のうとしたことなんて

何回もあるそのたびにあの“男”が

助けに来る。なんて思ってたら

もう、ついた

いつもの部屋に連れていかれて質問タイム

が始まる。ん?今日は例の男じゃないか

「じゃあ、始めるか。」

(すいません。質問タイムは会話のみです)

「名前は?」

「岡場更羅」

「年齢は?」

「20」

「死のうとした理由は?」

「新しい世界に行きたいから」

「死ねば新しい世界に行けるのか?」

「行けるじゃん。天国か地獄に」

「僕と新しい世界を探さないか?」

「は?全力で断る」

「君は新しい世界を見たいんだろう?」

「そもそも名前も知らない奴とはいたくない」

「……僕は亀岡釼」

「……ふーんだから?」

「………………これで終わり」

「あー終わった!終わった!」

疲れた〜新しい世界を見つけられる?

私は……

5:ラン:2013/03/15(金) 19:44 ID:iLU

さっきから気になってる?

私が死にたいって思ってる理由

私ね……小さい頃、父と母が死んだの

父と母は事故で死んだの……

その時の父のカバンに手紙が入ってたの

父と母は、私が5才の時に死んだ

で、その時の手紙は【10才の更羅へ】

って書いてあったの。

5年たって開けたらねこう書いてあった

【更羅へ。パパとママは5年前のあの日
死ぬ運命だったんだ。この手紙を読んで
いるなら、ちゃんと生きてますね
更羅、パパ達は1つだけ伝えたいこと
があるんだ。いつか、新しい世界を
見つけて、自分の思うような生活を
してね
パパとママより】

そんな手紙だったの……

6:ラン:2013/03/15(金) 20:10 ID:iLU

手紙を開けてから10年……

私の答えは“死んで天国か地獄へ行く”

だったの

間違いなの?この答え……

ねぇ誰か教えて

正しい答えをさ……

「教えてあげようか?」

この声は……

「亀岡釼!」

なんでこいつがいる……

一番会いたくなかったんだけどなー

7:ラン:2013/03/15(金) 20:23 ID:iLU

「悪いが話は全部聞いたよ」

うわ、聞いてたの。引くー

「まぁいいだろう。とりあえず就職活動から始めろ」

「ふっ」と笑顔で言う

あのさ、就職なんて簡単じゃないの

本当に馬鹿なの?あいつ

「任せとけ!簡単に就職できるからよ」

地味にむかつく。でも今は春。

桜が風に添ってやって来る4月

私は変わることが

出来るのかも知れない……

8:陽実 ◆NLsI:2013/03/15(金) 21:10 ID:Fxg

御依頼ありがとうございます。
激辛、でしたね。

結論。
100点満点中60点(あくまでも私の評価)
理由は下記

まず基本はお決まりのように書かせていただきます。

三点リーダやダッシュの偶数個連ねる使用。
会話文の終了の際、句読点を使用しない。
感嘆符や疑問符の次の文章は、一マス開ける。
段落の最初に一マス開ける。


次に重視して欲しいという内容について。

話は面白いと思います。
でも、展開が少し早いように感じられます。
それと、ご自分で自覚しておられるとおっしゃていましたが、情景描写。
やはり足りないかと思います。
この際主人公の五感フル活用しましょう!!

それともうひとつ。
小説なのですから、読者に語りかけなくて大丈夫です。
自分の中で進んでいくのが小説なのですから。

じゃあ私はこのへんで失礼します。

9:ラン:2013/03/16(土) 06:32 ID:iLU

>>8
アドバイスありがとうございます
参考にさせていただきます

〜続き〜

「じゃあ、僕は仕事へ戻るから。」

 そう言って、足早に帰った。

あれ?4月って就職シーズン終わってる?

とりあえず働けばいいのかな?

最初に本を買いに行こうかな。

いい仕事があるといいんだけど……

空を見てると桜がとても綺麗。

 なんかすぐ着いちゃった【月鈴書店】

へ〜名前はいい感じじゃん。

さて、さっさと買って帰るとするか。

えーっと【絶対就職!2013】

これでいいか。さっさと済ませて

帰るか〜

10:ラン:2013/03/16(土) 16:55 ID:iLU

 ん?会計をしてる途中こっちを

見てくる。怪しいね〜さっさと帰ろ。

『ありがとうございました〜』

こいつらまだ付いてくる。殺る気?

「あの……お話があるんですが……」

告げられた事はとても衝撃的なこと

だった……そう、とても

11:ラン:2013/03/17(日) 06:05 ID:iLU

上げ

12:ラン:2013/03/17(日) 18:01 ID:iLU

「あの……岡場更羅さんですよね?」

誰?私のことを知ってるみたいだけど

「そうだけど……。あなた達は?」

とりあえず名前を聞かないと……

「私達は【岡場芸能人育成事務所】です」

岡場?つまり……私のパパかママの会社?

13:ラン:2013/03/20(水) 20:00 ID:iLU

話が長すぎて……さ

聞くのも大変だった〜。

とりあえず用件だけちゃんと聞いた!

あのね……社長になってほしいらしい。

少し長かったけど思いだそう。

「社長になってもらいたいんです。」

初めの台詞から驚きばかり。

カフェの中でね。一人。

「えぇーーー!!」って叫んじゃった。

周りから冷たい目線を浴びてる。

14:ラン:2013/03/20(水) 20:15 ID:iLU

あー!もう考えるの、やーめた!

とりあえず、明日から来いって言ってた。

さて、パパの会社ちゃんと継ぐよ。

見ててね!この世でたった一人のパパ!ママ!

〜5年後〜

『岡場芸能事務所!新アイドル募集!』

さぁ、やって来た!この時期が。

5年前、私は変わった。今はこの

【岡場芸能事務所】の代表、つまり社長だ。

ちゃんとこの会社を継いだ。

やっとわかった。新しい世界は

行くものじゃない。自分で………

作るんだ。そうだよね、パパ!ママ!

聞かなくても分かる。だって

この世が私の新しい世界だから。

あの日から、私の世界はきらめいた。

前よりも今が明日が新たな世界だ

    〜END〜

15:ラン:2013/03/21(木) 06:42 ID:iLU

とりあえず、これでこの話はおしまい
です!って誰も読者いないけど……
次のタイトルは……
【不幸少女】かな?
とりあえず応援よろしくお願いします!

16:ラン:2013/03/21(木) 18:17 ID:iLU

不幸少女 NO.1

「起きて!7:30よ!」

太陽が眩しい&耳元で叫ばれて

「わっ!?ってえぇ〜!!」

と起き上がる私。

「もぉ雪雨!なんで早く起きれないの!?」

おかしいな……目覚まし時計はセット

したはず……。ん?まさか……やっぱり

「電池切れてる!!」はぁ〜最悪!

おっと!そんなことよりも……

「学校〜!!」急いで階段を降りる

が……「あ!やーばーいぃーーーーー。」

痛ったぁーーーーーーこけました。

いつもだけどね。ははは

17:ラン:2013/03/21(木) 19:41 ID:iLU

朝ごはんなんて食ってる暇など

今の私にはない!「行ってきます!」

駆け足で家を出るが……。毎度ですが

転びました。私、櫻田雪雨は

ものすごくドジで不運です。

ぐにっ?これは……犬の糞ふんだ〜!

ヤバイね……! でも、学校優先じゃー

18:ラン:2013/03/22(金) 17:39 ID:iLU

上げ〜

19:ラン:2013/03/23(土) 09:25 ID:iLU

周りの景色も見えない位のスピードで

私は学校へ急ぐ。だってこの学校

登校時間を過ぎたら、門閉められるからね。

はぁ、引っ掛かった信号〜。

急いでる時に限って引っ掛かる私。

もうすぐで着く。門にはすでに

学校で一番怖い、鬼山先生が………

急がないとやーばーい!

ずこっ! いったーい! またですが

こけました。

20:麗会い:2013/03/23(土) 17:07 ID:RNw

雪雨ちゃん、ドジですねぇ(^^;
果たして間に合ったのか!?←実況

21:麗愛:2013/03/23(土) 17:08 ID:RNw

すいません、名前が……

22:ラン:2013/03/23(土) 17:12 ID:iLU

感想ありがとうございます。
雪雨のドジっぷりは素晴らしい!
続き書きまーす

23:ラン:2013/03/23(土) 17:20 ID:iLU

時計をみると……8:19,

うぉぉぉ!急げ〜はぁはぁヤバイ

門が閉まるぅぅ! ズサーーー

「セーフ! ですよね! 先生。」

私の特技? スライディング。

遅刻ぐせのある私はスライディング

してギリギリセーフで学校に着くから。

先生がセーフと言ったんで、とりあえず、

教室に行く。もうすぐで朝礼だからか

階段や下駄箱には誰もいない。

そうだった! 担任は鬼山だった〜!

走れ! とにかく走れ、自分!

24:麗愛:2013/03/23(土) 17:23 ID:RNw

「走れ!メロス」を思い出した(笑)

メロスがメロンになりそうだった(笑)
ふぅ〜〜

25:ラン:2013/03/23(土) 17:28 ID:iLU

案外、鬼山が担任だったらいいのに
だれも遅刻しなそ〜ww

って卒業すんのに25なのに
今になって思い出すわ

26:ラン:2013/03/23(土) 17:37 ID:iLU

バンッ!! 勢いよく教室のドアを

開ける。するとクラス中の視線が

こっちへ………。「遅い! 櫻田!」

へいへい。すいませんでした〜!

しょうがないじゃん!私は素晴らしい位

ドジで不運なのだから!

まぁいい。席へ行こう。一時間目は……。

数学か、ちゃんと持ってきてるね。

ん?何かが足りない。

「あぁ〜〜〜〜! お弁当! 忘れた」

またか〜……。「あっははは!」

皆さんに笑われています。ははは

27:ゆい:2013/03/23(土) 17:44 ID:qok

ちゃんと見てるぞ

いいじゃん!!おもしろいよ!!

http://ha10.net/test/read.cgi/novel/1363767547/l5
うちも小説かいてるの
よかったらみて??

28:ラン:2013/03/23(土) 17:53 ID:iLU

ありがとうございます〜!
駄作ですがこれからも見てくださーい

29:ゆい:2013/03/23(土) 17:59 ID:qok

見るねー
うちのもダメ作だしいW

30:麗愛:2013/03/24(日) 07:13 ID:RNw

お弁当忘れちゃったのかぁ………!?
がんばれ、雪雨たん。

31:ラン:2013/03/24(日) 08:24 ID:iLU

一時間目の数学。なんとなくだけど

嫌な予感がします。ん?この問題どう

解くんだっけ?えーっと………。

「櫻田! この問題解いてみろ!」

数学の大谷先生。こういう時に限って。

「すいません。わかりません。」

今日はもう何回目?ドジったりしたの

とりあえず席に着く。ん?手紙が

回ってきた。このクラスの流行りかな。

【今日は何回目だ?不運な出来事ww
佐藤 佑巴】

くしゃ。丸めて投げたはずゴミ箱に。

けど、当たってしまった。佐藤の頭に

32:ラン:2013/03/24(日) 19:41 ID:iLU

上げ〜!

33:麗愛:2013/03/25(月) 06:49 ID:RNw

雪雨ちゃん…………
もう、不運すぎて泣けてきた。

ノーコンですね、ノーコン。

34:ラン:2013/03/26(火) 13:39 ID:iLU

その後から頭の中は休み時間の事で

いっぱいだ。ヤバイ………!

「今日はこれで終わり。ありがとうございました。」

『ありがとうございました!』

先生は帰ったよね。よし全力で女子トイレに行こう!

だって佐藤がこっち見てるから。

だんだんやってくる。ヤバイ〜!

「GO! 私!」

全力で走りだすが、私は学年1足が遅く

佐藤は学年1足が速い。

ズテンッ! 痛ったーい。毎度ですが

こけました。ははは

35:ラン:2013/03/27(水) 08:25 ID:iLU

上げ


書き込む 最新10 サイトマップ