巡りあえる日を・・

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:笹:2013/03/22(金) 21:36 ID:ewA

どーも 笹です。
ここでは、過去に男子に色々されて男子が嫌いになった子が恋したお話を書いていきたいと思います。

たまにしか書けないのでその時はご勘弁を(汗) 
(勉強が・・・)
この話、すぐ終わっちゃうかも・・・

2:笹:2013/03/22(金) 21:46 ID:ewA


誰が男子と関わるもんか・・・
絶対リア充になるもんか・・・

♪ぴーぴーぴー ぴーぴーぴー♪
携帯のアラームが鳴る。

「・・・・ふぁあ・・」

ムク・・・

私、桜 ノア。高校2年生。 今日は新学期。

「ノア! ご飯だから起きなさい。」
「はいはい。」
そう、適当に言い私は階段を降りた。

3:笹:2013/03/23(土) 09:55 ID:ewA

・・・なんじゃこりゃ・・
私は、呆れ返った。
だって・・・・・
ご飯が・・・・       焦げてる・・
それだけの事だけど、几帳面な私にとっては絶えられない。
「ねえ、お母さん。 ・・ご飯、真っ黒・・」
「え!?・・・ありゃあ・・ やっぱ釜でやっちゃいかんね〜」
「!?」
こんな忙しい朝から釜で・・!? 意地っ張りだ・・・・
「料理下手なくせに」
 と聞こえないように私は言った。

4:笹:2013/03/23(土) 10:04 ID:ewA

「何か言った?」

ゲッ・・ 言ったのバレた!?

「なっ・・・ 何も言ってない!」
「そう。」

何気ない日常。 ご飯食べて、歯磨きし、準備して・・・

「行ってきま〜す!」
そう言い、私は家を出た。

「おはよー! ノア!」
ゴッ・・・
「痛っ!! 朝からラリアットやめてよ!!」
「ごめんごめんっ! 色々あってさ〜♪」 この子は、山里 春香。同級生の親友。

・・・・・まさか・・
「彼氏できたんだぁ☆」

5:閃光の舞姫(しず):2013/03/23(土) 11:09 ID:1IE

まっちゃ・・・まっちゃなのか!?
うちだよ!わかる!?わかって((殴

6:夢猫:2013/03/23(土) 11:34 ID:VqI

笹(まっちゃ)うちです!(元♪もえもえ♪)

恋愛小説がんばってね!
私も恋愛小説やっているけど、難しいので…
よかったら、アドバイスほしいです…

嫌いになってどうして、恋につながったのかが楽しみ☆
また来るね。

7:ひな:2013/03/23(土) 16:22 ID:9Xc

おー
まっちゃのスレッド発見!

8:ひな:2013/03/23(土) 16:27 ID:9Xc

もえだったのか!?

9:笹:2013/03/23(土) 16:51 ID:ewA

おお!!
きてくださりあんがと!!

頑張るね!
夢猫ってもえだったんだ!!

ひな、スレいったよん(^^)

10:笹:2013/03/23(土) 17:01 ID:ewA


やっぱり・・
私は悲しくなった。
「・・・嘘だったんだ」
そこでハッと春香が私が怒ってる事に気づいた。
ー・・・遅い・・
「ごっ・・ごめんね。 裏切るつもりはないから!!」
「・・・うん・・」

ー・
一年前、春香はこう言ってた。
「男子ってホントヤダ! 価値観全然違う! あんな人間と付き合うなんて死んでもヤダ・・!」
「私はあの事件があってから、男子嫌いだけどな。」
「そうだよね!?だよね、ノア!!  あたしたち絶対彼氏作らない! 約束!」
「うん。」
〜〜
約束したのにね・・

11:笹:2013/03/23(土) 17:04 ID:ewA

そう思った・・・けど親友だもん。
許す!
「大丈夫! あ、でも置いていかないでね!いろんな意味で!!」

短くてごめん!!

12:ひな:2013/03/23(土) 18:43 ID:9Xc

小説書いたんだ

13:なっちゃん:2013/03/24(日) 02:12 ID:zIw

ひなの紹介で来ました!
初めまして。

この小説面白いですね!!
続き、ドンドン書いてね♪

14:夢猫:2013/03/24(日) 08:37 ID:VqI

ノア許すのかいww
これからどうなる??
よかったら、「♫恋と友情♫ 短編集」ってのにアドバイスください…

15:夢猫:2013/03/24(日) 09:01 ID:VqI

あ、ごめん…
私の作品の♫はなぜか暗号化してます…

笹これからもファイト!
また来るね!

16:ひな:2013/03/24(日) 09:02 ID:9Xc

うん。あたしなら、ひどいよって怒るなぁ

17:笹:2013/03/24(日) 11:45 ID:TNc

どうしよう・・
今怒って亀裂入れたら・・・
ネタバレみたくなるけど、ひなには言ったけどまた喧嘩になるんだよね・・(汗)

18:笹:2013/03/24(日) 11:57 ID:TNc

「うん。当たり前でしょ!」
そう言い、春香は笑みをこぼした。

〜・〜・〜・
キーンコーンカーンコーン・・・
授業の鐘が鳴る。
「席につけー。 今日はみんなに報告がある。」
ざわっ・・・・
と、教室はざわめく。
後ろの席の五月・・山鳴五月(やまなり さつき)が
「誰か転校するとか・・? 転入生かな!? ね、ノア!」
と笑って話してくる。
「そうかもね・・」
と、ノアが言った。 でもその笑顔はひきつっている。

・・この空気苦手なんだよなあ・・

19:笹:2013/03/24(日) 12:08 ID:TNc

「転入生を紹介する。」
「「「「おおぉ〜〜〜!!!」」」」

「やった! 当たった!」
「それだけで・・喜ぶ?」
「そりゃそうだよ!!」
「・・・・ええ・・?」

20:生狐 ◆B5O.:2013/03/24(日) 12:15 ID:wY2

アドバイス数点良いですか(^^?)

21:笹:2013/03/24(日) 19:53 ID:TNc

アドバイス・・!?

よろしくです!!

22:笹:2013/03/24(日) 20:13 ID:TNc


ー・・ま、いっか。
転入生か・・ 女の子が良いなー

男子嫌いだし。
そう思った。 願った。
けれど願いは・・・・

「先生!男ですか、女ですか?」
「男です。」
届かなかった・・・

くそーっ・・!! 男かよ!
「えー〜・・・ 男かよ〜」
男子は嫌な意味で叫び・・・
「うっそ!男!? イケメンかな?? すっぴんだよ!」
女子は喜びの混ざった叫びを上げた。

男子の気持ち分かりたくないけど、分かります・・(−_−。)(汗)

「入ってきなさい。」

ガラッ・・

予想的に・・・ この後、女子が叫ぶと思う・・・

23:笹:2013/03/28(木) 20:11 ID:ewA



きゃあああああ!!
正解・・・。 やっぱな。

だって入ってきたのは・・・ ジャニーズですか? と聞きたくなるようなイケメン。

24:ひな:2013/03/30(土) 09:52 ID:9Xc

なんで、女子ってカッコいいやつにときめくんだろうね?
理解不能。


笹は○○○だからさ、分からないんだろうが、恋愛経験が少ないからみた感じそうなる。

25:大和:2013/03/30(土) 10:23 ID:/qE

雑談がすぎます、ほどほどにしてください。

26:笹:2013/03/30(土) 11:12 ID:TNc

>>大和さん

感想や、アドバイスは雑談じゃないと思います。
でも、雑談なら注意します。
注意してくださりありがとうございます。
以後気を付けます。

27:笹:2013/03/30(土) 11:40 ID:TNc

「自己紹介しなさい。」
「はい。」

「きゃあああっ!!声もイケメン❤」
「ほんと〜〜❤」

どこからなく女子の声が・・・  
                           うるさい・・(汗)
「静かに! イケメンなのは先生もわかっ・・  コホン・・/// いいから静かに!///」

先生・・・・本音ダダ漏れだわ・(汗)

「安代 夏目(あんだい なつめ)です。 よろしくお願いします。」

  また男が増えた・・・    
「吐き気する・・・うえ〜(ボソッ)」
「ああ、ノアは男の子嫌いだもんね・・(^^:)」
そう、優しく五月が言う。

「席は・・・・あっ」
ざわっ と女子がどよめく。

・・・・え?

みんな私の方に視線を向けてる。

ざわわっ     悪寒が・・

震えつつ自分の席の隣を見る・・・。

・・・・・っ・・(怒)
隣の席・・・       空いてるっ(怒)

「桜の隣の席だ! 桜!休み時間学校案内な!」

うそだろおおぉぉぉぉっっっ!!??

28:ひな:2013/03/30(土) 20:20 ID:9Xc

よくある、パターン。

29:笹:2013/05/06(月) 14:42 ID:mdg

休み時間

「ここが保健室です・・・。」
「ここPC(パソコン)室って書いてるよ?」

ふと見ると・・

PC室


あ ほんとだ。    どんだけうちやる気ないんだよ

自分のやる気なさに呆れる。

「桜さんってなんでそんなに元気ないの?」

そんな心配そうに見んなよ・・  はあ・・

「いや、別に元々ですヨー」
声が嘘らしくでてしまった。
「本当に?」

「うるさいっ!!」
思った言葉が声にでてしまった。

「・・・・・」
「・・・・・」

沈黙が続く・・

もうやだ・・・・

30:笹:2013/05/07(火) 19:29 ID:/jw


「なんで?(・−・?)」

こっ・・・・ コイツ・・・ッ

「関係ない! 聞かないで・・・」
「・・!?」
ふと、転入生・・・安代を見るとびっくりしてた。

「え・・・・?」



私はいつの間にか・・・・













泣いていた。

31:笹:2013/05/10(金) 20:30 ID:ru6




「え・・・」

「・・・・!?」
「な・・・なんで・・     なんで涙が出るの?」

「・・・・桜さんすみません!」

・・っ   ・・・・・        謝らないでよ・・・
なんで・・・あんなことがあって 男子が嫌になったのにっ・・・




こいつの事が気になるの・・?

おかしい・・・


「桜さん・・?」

はっ  ← 我がに返る


「大丈夫・・・   うん。 ありがとっ」

だっっっ!


私はとっさに逃げ出した。
あそこにいたらわたしは
壊れるだろう。






今気づいた。
情けない。

私は多分













こいつの事気になってるだろう・・・ 

      

32:笹:2013/05/10(金) 21:16 ID:ru6


キーンコーン・・・

「・・・・っ」


(ちきしょうっ・・!   忘れてた・・)
なぜノアさんが怒ってる(?)かというと・・・





席一緒だったぁ!!!!



「・・・」
ちらちらっ・・・




心配そうにこっち見ないでよ・・・    

「・・・〜さん。    〜くらさん!    桜さん!」

「はい!?」

「大丈夫ですか?」


「え・・・ あ。」

授業中だった・・・。  (オチ・・)

「顔真っ青でしたよ? 保健室行きますか?」
「あ・・ だ 大丈夫です!」
「そうですか。 授業再開ね♫」
「うっげええぇぇっっ!!」



先生・・私が真っ青なのは  隣にいるこいつです。

さっきから悪寒する・・



「・・・」 ちらちらっ



だからこっち見んな!

33:笹:2013/05/10(金) 23:17 ID:ru6

〜授業終了〜←早ッ

「あのさ・・・  こっちあまり見ないでくんない・・?」
「え?  いや・・・」
「なにさ!」
「・・・」


イラッ・・・・


「何!?」

「さっきの事気になって・・」

「は・・?」


・・・・ああ、あの事か。    教えるか・・・   



って駄目だあ!!!   なんで男子に教えないといけないの!? 冷静になれ!ノア!!

「無理。教えない。 ふざけないで。 一生無理!」
「! え!!  一生!?」
「そう!」
「・・・   教えてくれない??」
「ヤダ。」

ギャーギャー!!



見ている人たち・・
「青春だなあ。」
「早くね〜?」



終  






そんな2人を見ている人がいた。
「なんであんな奴が・・・っ!」













睨みながら・・。

34:笹:2013/05/10(金) 23:34 ID:ru6

「なんで泣いたんです!?」
「あんたには関係ないっ!!」

「・・・言わないと・・」



・・・?

何言ってんだ?

はっきりいってほしい。



老耳だから・・・。
(いいよね!若い人は!)← あんたも十分若いさwww



「言わないと、問題集50枚出しますよ。」
「はぁっ!!?」

なんで問題集!? ・・・

「見るからに、桜さん   勉強苦手そうなので (黒笑)」 フッ

「なぜドヤ顔!? 」

「こういう顔なんです。」

「違うよね! 完全に!」



最低!!    問題集とか・・・っっ!!       勉強苦手な私に!(←図星)


あ、でも・・

「そんなのどこから貰ってくるの??(ドヤッ)   自分が作るわけ!? ハッ!(ドヤドヤァ?)」

思いっきりドヤ顔してやった。

勝った気分だぜ❢ ベイベ〜ェ!


「俺が作るんですよ。 あと先生に手伝ってもらって!」

「・・・〜〜〜っ!!」

負けた。 言葉も出ない!! くっそ!





色々言い合って・・終わって・・


帰ってるとき

「ねえ、ノア〜〜??? きてぇ?」

誰かに呼ばれた。



なぜか








すごく








嫌な予感がした。

35:& ◆MNXQ:2013/05/11(土) 07:21 ID:DcE

来た☆

36:笹:2013/05/11(土) 18:35 ID:ru6



悪寒がする。 やだ。 行きたくない。行きたくない。行きたくない!


「来てよ! ノア!!」

ビクッ・・・

私を呼んだ声は、かすかに怒りが混ざっていた。

「・・・・・なんですか・・」

恐る恐る振り向いた。













「え・・・・?」


なんでいんの・・?




そこにいたのは・・・








































春香だった・・・。







「なんでいるの??・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・・」

37:笹:2013/05/12(日) 11:10 ID:ru6

「いいから。来て。」


グイッ・・・


痛っ・・・    なんで?   なんで怒ってるの・・・?





〜連れて行かれた〜

「何? 春香。」

「・・・・」

なんで黙ってる・・?

沈黙が続く。

「・・・あのさ」
「なに?  !?(ビクッ)」

見たことのない春香の怒った目・・




「ノアって・・・  男嫌いなんだよね?」

え・・?  何言うかと思ったら・・









そんなことかいな!

38:読者です ◆ZPO6 hoge:2013/05/12(日) 15:58 ID:A4M

失礼します。
内容はとても興味深いのですが、私は小さい画面の機器を使っておりまして、少々間が空きすぎて読みづらいです。
できればもう少し改行を少なくしてくれませんか?

39:笹:2013/05/13(月) 20:20 ID:ru6

>>読者です◆ZPОさま

読んでいただきありがとうございます。

分かりました。そうしたいと思います。
でも、ドキドキ感をだしたいので間が空いてしまうかもしれません。
その時はすみません。
(まだ小学でバカなので・・)

40:笹:2013/05/13(月) 20:23 ID:ru6


「・・そ・・そんなこと?」
「はぁ!?なにそれ・・・」

なにを言ってるのか分からない。 なんなの・・・?
「じゃあ聞いていい?」
「何?」
「あのさ、・・・」


出てきた言葉は思いもよらない言葉だった。







「夏目君のこと・・・好きでしょ?」

41:笹:2013/05/13(月) 20:31 ID:ru6

「え?」

「・・・どうなの?」
「なっ なわけないじゃん! どこがそう見えるわけ・・?」

「・・自覚無のばか・・(ボソ)」

「え?」   「なんでもない」
いま、なんか言ったよね?
ま・・いっか 

「ありがと・・。これで分かった。」
「何が?」
「いや!別に! 好きじゃないってわかって」

「・・・?」
「すきじゃないならしゃべんないでね!」

「・・・   誰と??」





「決まってんじゃん。     夏目君だよ♪」

42:フウ:2013/05/14(火) 00:36 ID:RFQ

見ました!!!

どうなるか楽しみですね!
何か似たような経験したことが・・・あるような・・・
ああ!2年の時ありました!
あの時は・・・おっと!しゃべっちゃダメですね!

楽しみにしてます!

43:& ◆MNXQ:2013/05/14(火) 18:04 ID:pRY

実際にもあるね。笹。うちのクラスでもさ。

44:笹:2013/05/14(火) 20:09 ID:ru6

読んでいただきありがとうございます!!


超★嬉しい0(>▽<)0
これからもよろしくお願いします!!

こんな駄目作を・・

45:笹:2013/05/19(日) 20:50 ID:ru6

な・・・何言ってんの?この方。

喋るな? 喋っちゃうでしょ。話しかけられるんだもん・・

「・・・・うん。」
「良かったぁ♪ これでライバル減る(ボソ)」

何かがおかしい・・

春香がおかしいのは分かった。
でも・・・


なんだか
自分自身もおかしくなってきたような気がする。

なんか春香に言われた言葉がずっと胸に突き刺さったように・・


痛い。

46:笹:2013/05/19(日) 21:04 ID:ru6

交流版にスレたてました。
これよんでくださってる方是非きてください

47:まーこ:2013/05/20(月) 01:24 ID:c3E

読ませていただきましたぁー!
展開が気になる(=^x^=)

48:笹:2013/05/20(月) 20:31 ID:ru6

「はい。ズバリそれは恋ですね!」
「ぶっっっ!!」
「汚っ!」

今現在、五月に相談にのってもらってます。

てかなぜに!?
「ノアも大人に・・ほあ〜 よかったわあ」
「は?あたしが子供だったっていいた・・「子供ジャン?」
「・・・」

「でも、違うと・・」
「はい、バカ〜」
「だから・・・」
「ばかーおばかーおばかさん♪」

あんたはなんなんだよ(怒)

49:まーこ:2013/05/21(火) 00:29 ID:c3E

ぶはっww
面白いwwwwww

50:笹 今回は最短だぜ☆((殴:2013/05/21(火) 19:54 ID:/jw



「それは何の歌?」
「え?
      ノアはおばかさん♪
だよ〜」

「はあ!?」
題名何とかしろよはげ。
「はげてないよ(・ω・)」


スナイパー!!??

51:まーこ:2013/05/23(木) 02:09 ID:c3E

スナイパーwww
ハゲww
お腹痛いww

52:笹:2013/05/24(金) 21:58 ID:ru6

・・・コホン・・
落ちつけノア!!

「・・・ふう」

「まあ、ノアがその気持ち気づくといいけど!」
〜・〜・〜・

ガラ・・

「ねえ、夏目く〜ん❤」
「なんですか?」

ちく・・


あ また。
なんだろう。胸が痛い。

「ここなんだけどお・・」
「ああ、ここはですね・・。」
ピトッ・・・

カッ・・

チクンッ・・
「・・・・〜っ」



なんだろう。 なんだかもやもやする。

53:笹:2013/05/24(金) 22:04 ID:ru6

春香目線

ちら・・
やっぱり。 ふふっ


こっち見てる!   しかも傷ついた顔っ!
笑える・・はは・・


そのまま傷ついてしまえ・・

私が絶対夏目君と付き合うんだからっっっ!

見てなさい。仲良い姿を!!


夏目目線

なんか山里さん・・変。


にやにやしてる。
気色悪い・・・・・・・・・

54:アン:2013/05/24(金) 23:07 ID:RFQ

どうなりますか?
ノア、自分の気持ちに早く気がつくとよいのですが・・・
このままじゃ、春香にとられちゃいますよ〜!!!

あの、まったく関係ない話で申し訳ないのですが、私、蜘蛛女というのを書いてます。ぜひ見てください!
コメントお願いします!

55:まーこ:2013/05/25(土) 14:11 ID:c3E

ニヤニヤしてるとかキモイ!w

アン
いくね?

56:笹:2013/05/25(土) 21:03 ID:ru6

>>アンさん

この後気づくんでs((殴

見ますね!!!

57:笹:2013/05/25(土) 21:05 ID:ru6

>>アンさん

タメでいいですよ!
よかったらこの小説の雑談版(交流)にぜひ来てください!

58:笹:2013/05/26(日) 14:49 ID:ru6

なんなんだろう。
いつか私は・・おかしくなっていた。

次の日
「桜さん〜??」

「へっ??あふぇっっ」
「大丈夫・・ですか?」
「あ・・あぁ 大丈夫。」

なんかだるいんだよね〜


「ならよかった。 次体育・・なので///」
「え?」
なにこいつ。 顔真っ赤にして・・・

じろっっ

「早く出て行ってもらわないと・・//」
「あっ//   ごめんなさーーーーーいっ!!」

ガララ ピッシャン!!


=体育=

「マラソンやりまーす!!」
「「えええええ〜  ↓」

〜・〜・〜・
「よーい」
パァンッ!

たた・・

うう・・気持ち悪い・・

吐きそ・・・


クラッ・・


バタン!!

「ノアッ!?」

59:しず:2013/05/26(日) 14:50 ID:1IE

ノアーーーー!

60:まーこ:2013/05/26(日) 19:44 ID:c3E

ノアが倒れた・・・
あたしも倒れよ・・・

バタッ

61:笹:2013/05/28(火) 20:31 ID:/jw


「せっ先生!!の・・ノアさんが!!」
「え!?」

春香目線

えwww  まっさか倒れたとかwww 笑笑

迷惑電話毎日してたからかなwww
でもここまでいくとか・・・ 悪かったかな(・・)
電話する量へらすか!(← やめようとはしない)
春香目線 終

「ちょっとどいて!!」

「えっ!? な・・

夏目君!!??」

62:まーこ:2013/05/28(火) 21:57 ID:c3E

何だ!
やめろよー!(*`へ´*)
夏目君!

63:ひなの:2013/05/30(木) 21:17 ID:w1s

あの、小説そろそろかこーよー!みど!

64:笹:2013/05/31(金) 21:18 ID:ru6

「え?」
「どけてください。」

「あ、 分かりました////」
「・・・・・〜っ」


春香目線

なんなの??
夏目君は・・・・



ノアが好きなの? なんでそんなやつが好き・・なの?
助けるの??


あんなことで男嫌いになるやつだよ?


よし。
こうなったら
もっと・・

迷惑電話してやろう。   あはははははははははは

ははははっ 愉快すぎる!!
そして・・

     ノアから夏目君を奪ってやる・・・

65:笹:2013/05/31(金) 21:29 ID:ru6

夏目目線

〜in 保健室〜
「・・・ノアさん?大丈夫ですか・」

一向にノアさんは起きない
アタフタ俺がしてると ふふっ と笑った。

「大丈夫よ 寝不足だから・・
       ・・・でも寝不足でここまでくるとは・・。
なんなのかしら?」
「・・・?」

たしかノアさんは寝不足がいやですぐ寝るって言ってた・・

いったい誰が・・?
こんなことを

なぜだろう。 
ノアさんの事になると自分でもあり得ないくらい必死になるんだ。

おかしい。

66:笹:2013/05/31(金) 21:30 ID:ru6

つけたし〜
ふふっと笑ったのは保健の先生で〜す!

67:まーこ:2013/06/06(木) 20:03 ID:c3E

こわっ!?

きになるー!

68:匿名さん:2013/06/06(木) 20:04 ID:/jw

「・・・・ん?」


目覚めると私は保健室のいた。
「??」
「あ、 起きましたか!」
きょろきょろ辺りを見回す。どうやら夏目に看護されてたようだ。

「・・・・。あ    ありが・・・と///」
「いえ!」



・・・カッコ可愛い・・・

不覚にも心の中で思う。
なんだろ・・この気持ち。



気持ち悪いぞ!のあ!


ガラララッ!!!

いきなりドアが開く。


「あぁ〜〜  ここにいたんだぁ↑ 夏目くぅんっ!」
やっぱり・・ こういうときは絶対



春香がくる。

69:笹:2013/06/16(日) 19:40 ID:ru6

裏目でもあるのかな・・
偶然でも、こんなのありえない。 




でも    勘違い・・・かな?

70:笹:2013/06/16(日) 19:49 ID:ru6

「夏目く〜ん!! ノアは私が面倒みるから❤」

・・・やだ。 二人っきりはやだよ・・。
お願い・・。   春香と一緒にしないで・・・!
「分かりました。」

・・・。

(。。)    (゜д゜)

えぇっ!! Σ(゜д゜)

ガララ・・  パタン  



おい!   行っちゃったよ・・。

「・・・・。」「・・・・。」
沈黙が続く

「・・・あのさ」
びくっ!! ガタンッ



春香が口を開く。

私の心臓はドクドクと鼓動が速くなっていく。



いやな予感。

71:笹:2013/06/16(日) 19:50 ID:ru6

女の嫉妬って怖いね(−∀ー)ㇷㇷ

72:& ◆MkVw:2013/06/21(金) 20:24 ID:EuI

続きが分からない(--;)

73:まーこ:2013/06/22(土) 10:06 ID:tng

こわっ!?
続ききになる

74:笹:2013/06/22(土) 22:07 ID:EuI

ありがと〜

今作成中

75:笹:2013/06/29(土) 20:55 ID:HbY

「・・・な、何?」
「あんたさ・・夏目君の事好きでしょ」



              え?
夏目の事は・・分かるけど・・

今うちんとこ    あんた・・  って言わなかった??

「す・・好きじゃないけど?」
「・・・ふぅん」
「??」

しーん・・・      また沈黙

やだな・・

76:笹:2013/06/29(土) 20:58 ID:HbY

「本当に?」
「え・・   うん」
おかしいな・・

いつもの春香じゃない?

「好きじゃないけど・・・  




気になる・・よねぇ?? ((ニヤ」




「!?」

77:若宮鈴音 ◆RCWE:2013/06/30(日) 12:30 ID:ez-J/6

読ませていただきました。
えっと、個人的にノアちゃんキャラ好きですね...
そして何より男嫌いが自分と似ている...
春香ちゃんキャラは正直、あんまり好きじゃないです。
夏目くんは爽やか系のイケメン君かな...?
夏目くんとは親友で終わっときたい自分ですww
ストーリー的には凄く面白いです^ ^*
ですが...いくつかアドバイスを...
"・・・・"ではなく、"……"のほうがいいかと思います。
実際、私も"……"を使っているので...
まとまって、見やすいですよ^ ^*
あと、顔文字を入れるのはNGです。
これくらいかな...?

更新、楽しみにしてますね♪

78:しず:2013/06/30(日) 21:37 ID:KQI

うちも【…】にするの賛成だな!
でも、うちは顔文字あったほうが表情?がわかってイメージしやすくなるからあってもいいと思うなー
これは文句とかじゃなくて、ただの意見なのできにしないでね!((

79:笹:2013/07/12(金) 21:15 ID:HbY

ありがとう!!


ありがたいありがたい…(仏様ぁ!!)

ぜひ参考に!

80:笹:2013/07/14(日) 20:25 ID:vAI

図星だ。
でも何でそこまで⁈
何かが可笑しい…


呼吸が… 息が…!
「い… いやあああぁ‼‼」
苦しんでると…

「あは… アハハハハ‼」




え?

81:まーこ:2013/07/15(月) 10:41 ID:LsM

あ しずだ♪

 なになになに!?

82:桜花(おうか):2013/07/28(日) 17:53 ID:rzU

しずだぇ(`・ω・´)キリリッ←

83:笹:2013/08/03(土) 21:59 ID:HbY

笑ってる…??

もともと私は喘息持ち。 それは一番春香が知ってる。

私が喘息になる時………

絶望に落ちるような時だ。

いまは私の中……


絶望だ。

84:笹:2013/08/03(土) 22:10 ID:HbY

「……っ」

「あははっ…
    まだ気づかないのぉ??
私ぃ……夏目君が大好きなんだよぉ!?」

「……知ってるよ??見ててわかるもん」

涙目で見た……

                       つもりだった。

でも

「はぁ!? 何その目!喧嘩うってんの!?」
そう言って…


     私の頬に激しい痛みが走った。

85:笹:2013/08/03(土) 22:21 ID:HbY

「・・っ!!」

そう、私はビンタされたのだ。
静かな保健室に響き渡る音。

「じ・・邪魔しないでよ!」
「・・え?」
「いつもいつもっ! 私の邪魔ばかり・・っ」
「・・なんのこt・「とぼけないで!!」


書き込む 最新10 サイトマップ