魔楼士

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:姫柊:2013/03/23(土) 17:35 ID:5XA

姫柊です!
読んで頂けたら嬉しいです!
下に注意書きます!

!注意!
・残虐な描写が出てきますご注意下さい
・荒らし、煽り等のはしないで下さい、
したら無視して下さい
・ここのスレッドでは多少の雑談は良いですが、
限度を考えながらして下さい。
・無視しても荒らしをする人は通報して下さい
ご協力を宜しくお願いします
・感想はできるだけしてほしいです
お願いします
・本編終わったら、このスレッドは自由解放して
[書きたい人]だけ書いて下さい
後本編キャラクターは終了しだい全員書きます

このくらいです。次ち一応登場人物紹介

シン・カリヤ ♂
魔楼士の位:一尉
武器:魔槍剣[白焔]
備考:戦乱で家族を失い、
地球の組織[ミネルバ]に入隊
僅か一年で一尉になり、その実績で
特務チーム[infinity]に入る
唯一の魔力収束解放特化型魔楼士

アスカ・ユウ ♀
魔楼士の位:三佐
武器:魔銃[黒雷]
備考:特務チーム[infinity]の隊長で優しい性格
シンとは、昔からの知り合い
魔力集中型魔楼士

ソウ・ヤマト
魔楼士の位:一尉
武器:魔戦斧[蒼翼]
備考:シンの友達で特務チーム[infinity]所属
魔力拡散型魔楼士でチームの中でも防御力、瞬発力が高い

取り合えず今日の夜に書くのでそれまでは
これません!すいません!!

2:姫柊:2013/03/23(土) 20:42 ID:5XA


シンSIDE

 「にげろぉお!!こっちだ!!」
     「子供等を先に行かせろ!大人は後だ!!」
「くあ……」 「いやぁあああ!!」

何が起こっているのかわからなかった………
ただ目の前の何かを
呆然と見ている事しか出来なかった…

転がっているのは…黒々しくなった何かの生物の体…
それは、どんなときでも仲の良かった家族だった……

嘘だ………嘘だ嘘だ嘘ダウソダウソダウソダウソダウソダウソダ!!!!

「あぁ……ぁああああ………!!!!」

目から涙が落ち続ける………
何も出来なかった無力感……そして、
家族を殺した賢獣への…怒り……

NOSIDE

その後、この全世界を巻き込んだ戦乱は、
[第一次魔獣戦役]と呼ばれるようになった………

感想お願いします!!

3:姫柊:2013/03/24(日) 17:44 ID:5XA


シンSIDE

「でぇぃいいい!!」ズバッ

「グァアアア!!」ドシャァア

「グワァア!!」ヒュン

「くっ!」

俺は戦っていた………

あれから二年後、俺はミネルバと言われる
地球防衛組織に入隊、一年が経ち
位は一尉、もうすぐで三佐になれそうだ……

そして、今、俺は賢獣と戦っていた。
フォルムタイプは四足型で、
動きが素早い………だが、

「イクリプスモード!」

そう叫ぶと、今まで槍だった武器が剣になる
俺の武器魔槍剣[白焔]は炎属性の武器で、
槍の状態、ヘリオスモードと、
剣の状態、イクリプスモードがある。

「シラヌイ!」ズバァアア!!

「ギャァアア!!!」

賢獣が消え失せた……
その瞬間、緊張がほどけてその場に座り込んだ

「おかしい………ここのところ賢獣の数が異常だ………」

ここ数日間、一日に50強の数の賢獣と戦うハメになっていた

「まさか…………まさか、な……ハハハ…」

そう思いたかった………
あのときもこんな位出てたから…なおさら…

NOSIDE

しかし、シンの心配をよそに全世界がどんどん賢獣に覆われていく……
時は、I.B.67年


書き込む 最新10 サイトマップ