『悪夢』

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ねおん よろしく:2013/03/29(金) 11:43 ID:bAM

初めましてねおんです
よろしくお願いしますね

◉ルール◉
・荒らしはだめです

・評価、コメントをお願いします

 です
 では、書きます

2:ねおん:2013/03/29(金) 11:49 ID:bAM

ー私は今、どこにいるの?

 夢の中…?

 体が浮いている

ーあれは誰?

 私…と彼?

 喧嘩をしているの?

 私にとってはとてもいやな夢

 彼と喧嘩するなんて…

 私は目を覚ました

 さっきの夢、とてもリアルだった

 正夢にならなければいいが…
 

3:ねおん 人物紹介:2013/03/29(金) 11:53 ID:bAM

ごめんなさい
人物紹介しなくては…

えーっと
私…永留怜菜(ながとめれいな)

彼…滝田拓郎(たきだたくろう)

です。あとは後々紹介します

4:& ◆p7ws:2013/04/03(水) 10:31 ID:bAM

名前使わせていただきます
れいなへ

5:& ◆M0oU:2013/04/03(水) 10:46 ID:bAM

『おはよー』

あ、拓郎

『おはよ、拓郎』

『 まだ遅くなるかもしれないからまってて! 』

『…おう。わかった』

私たちは、付き合って1年

とても幸せな日々を送っていた

たまには 喧嘩もするけど、

別れるなんてことはなかった

だから幸せなの

『まだかー?』

『いまいくー!!』

6:& ◆SZxY:2013/04/04(木) 09:00 ID:bAM

ぶつぶつ…

『どうしたの?』

『あー、なんかイライラしてきた』

『!?』

『何があったの?』

『ねえ!!』

『うっせーな!!!!!!』

彼はなにかにとらわれたみたいに

何かに怒っていた

『なによ!』

『そんなに怒らなくたっていいじゃない?!』

『グチグチうっせーな』

『はあ?』

『あー、もう俺たち別れようぜ』

『!?』

『なんで?!べつに別れなくたっていいじゃないの!』

『あー、うるせー』

そして、私たちは学校に行きながら、喧嘩していた。

7:ねおん:2013/04/04(木) 11:56 ID:bAM

『ゆるせん!』

友達の花怜が言った

『なんでかな、私何かしたかな』

『ていうか、拓郎別人みたいな目してるね』

『…うん』

どうしたんだろう。私は思った

8:らら:2013/04/08(月) 09:26 ID:wpU

きたよ!ねおん(@v@)←どんな顔だよっ
おー。れいなとたくろうかぁ(笑
続きかいてっっ!

9:& ◆ct7c:2013/04/08(月) 12:20 ID:h1o

힘 내.
앞으로도 응원 할게요

10:匿名さん:2013/06/23(日) 11:15 ID:bAM

何ヵ月か来てなかったなぁ

11:セット:2013/06/26(水) 19:31 ID:/8o

ねお〜ん!読んだよ!おもしろい!よくそんなおもしろい小説書けるね!すげ〜(゜Д゜;;) 

12:セット:2013/06/26(水) 20:25 ID:gIY

はやく続きが読みたい…

13:ねおん:2013/06/27(木) 22:25 ID:bAM

セット来てくれたか
学校で言った通り
面白くなかろう

14:& ◆SZxY:2013/06/27(木) 22:30 ID:bAM

あれから数日が過ぎた。
一言もしゃべっていない。
目もあわせない、と言うか
合わせてくれない
私は、何度もしゃべりかけたのに
無視されるのだ
学校から帰ってきて
メールが来ていた
ケータイを開いたら…

15:& ◆Y8DY:2013/06/27(木) 22:40 ID:bAM

ケータイを開いたら、拓郎から
メールが来ていた。
私は急いでメールの内容を確認した。
そしたら、
『もう別れよう、無理だよね
 このままいつまでも無視するのいやだし』
とかかれていた
私はとてもビックリした。
電話をすると、
[ただいま、電話に出ることができません…]
カシャン
ケータイが落ちた。

16:& ◆Y8DY:2013/06/27(木) 22:42 ID:bAM

セットきたかな

17:セット:2013/06/27(木) 22:46 ID:eEY

うおぉぉぉぉ!!!!すっげぇ続き見たい!!!!!!!

18:& ◆Y8DY:2013/06/27(木) 22:46 ID:bAM

あれ?
また浮いている
夢か
いつのまにか寝ちゃったんだ
ダメだなあ私
多分コレは未来を見れる夢なのかな
だってほんとに
けんかしちゃったもん
はあ
仲直りしたいな…

19:& ◆Y8DY:2013/06/27(木) 22:47 ID:bAM

あセット来てくれたか

20:& ◆Y8DY:2013/06/27(木) 22:48 ID:bAM

じゃ、また書くわ
あと、11時になったら落ちるね

21:& ◆Y8DY:2013/06/27(木) 22:51 ID:bAM

あれぇ
私と拓郎、すっごくなかいい
どういうことだろう?
さっき別れたばっかりだよ?
不思議、まあいいや
明日になれば分かるさ
こうして私は目を冷ました

22:& ◆Y8DY:2013/06/27(木) 22:56 ID:bAM

んじゃとりあえず
おやすみ〜

23:& ◆Y8DY:2013/06/28(金) 21:15 ID:bAM

いつもどうりの時間
いつもどうりの朝ご飯
けど、いつもと違うとこがひとつ

24:& ◆Y8DY:2013/06/28(金) 21:15 ID:bAM

いつもどうりの時間
いつもどうりの朝ご飯
けど、いつもと違うとこがひとつ

25:& ◆Y8DY:2013/06/28(金) 21:16 ID:bAM

ごめんダブル

26:らら:2013/07/03(水) 22:31 ID:ZAo

ららだよーぅ!
けっこう話が進んでてびっくりしたー
セットも来たか!よろしくね。

27:らら:2013/07/03(水) 22:33 ID:ZAo

セットの小説どれー?

28:怜奈:2013/07/05(金) 18:12 ID:cAU

れいだよー!
なんと、書き込み出来たー!イエーイ!

29:匿名さん:2013/07/05(金) 18:29 ID:bAM

怜奈これた!

30:ねおん ◆Fyq2:2013/12/23(月) 17:35 ID:bAM

お久しぶりにきましたわ
続きを書いてみようか!

31:ねおん ◆Fyq2:2013/12/23(月) 17:41 ID:bAM

なぜか、本当になぜかここに拓郎がいる

起きたときには既に拓郎がいて、

ニコニコしながら私を見てる。それも、10分ほどずっとだ

『ねぇ拓郎。私たち昨日分かれたんじゃなかったっけ』

そう私が拓郎に訪ねてみると

拓郎はニコニコしながらこういった

『そうだっけ?分かれたっけ???
 ボクが怜奈とわかれるなんてあり得ないよ?w』

その言葉を彼から聞いたとたん私は…

32:ねおん ◆Fyq2:2013/12/23(月) 18:19 ID:bAM

私は彼におきた異変に気づいた

明らかに昨日とは違う目つき

穏やかになった目つき

性格も穏やかになって

なにより言葉遣いが全然違う

昨日までは「俺」だったのに

今日(朝の時点)では「僕」になっている

あと、しゃべり方も穏やかになってゆっくりにかわった

まあ、別れてないってことになってとてもうれしいんだけどねっ!

てなわけで、そんなことを考えてるうちに

時間は10分ほど過ぎており、ただいま8時15分

あと十五分で教室までたどり着かないといけない

でも私の家から学校まで少なくとも13分はかかる(前はかってみた

そして校門から教室まで6分…

どうしても間に合わない。私の足では絶対にたどり着けない

どうしようと悩んでいると

33:らら:2013/12/23(月) 21:06 ID:gt2

やべ-
ねねや-ん//

34:らら:2013/12/23(月) 21:08 ID:gt2

やべ-
ねねだあ-
わ--

35:黒猫P 907:2013/12/23(月) 21:52 ID:PPg

面白いですっ

36:ねおん ◆Fyq2:2013/12/24(火) 17:05 ID:bAM

あ、陽世きてたのw
気づかなくてゴメ〜ン!
再来しました!

37:ねおん ◆Fyq2:2013/12/24(火) 17:08 ID:bAM

>>35
黒猫pさん
ありがとうございますっ!
読んでくださって!

38:ねおん ◆Fyq2:2013/12/27(金) 17:50 ID:bAM

拓郎はいきなり私をかついで

走り出した。

『!?』

ものすごい勢いで走る拓郎を

私はびっくりして黙ってみてた

39:ねおん ◆Fyq2:2013/12/31(火) 20:32 ID:bAM

今年はありがとうございました〜
よいお年を!

40:ねおん ◆R9xc:2014/01/05(日) 22:49 ID:bAM

…てゆうか拓郎にお姫様だっこされたのって初めてだ
2年前に桝田くんっていうなんか…ひょろひょろってした感じの子にはされたことはあったな…
あの時の桝田君はかっこよかったな〜ww

2年前
まだ拓郎と出会ってないころね、
私はいつも道り学校がおわって中学の時は部活も特にやってなかったから
そんまま家に帰ろうって思ってたんだけど、帰り道でヤンキーに絡まれちゃって
私は気が強いからさ、ちょっと強めに言い返してやったんだけど…「なによあんたたち!じゃま!」ってねw
今となればなんであんな発言が出来たんだ私はって感じなんだけどねw
まあそんな感じで言い返してると、だんだんヤンキー達もイライラしてきたみたいで、
私をぶったたいてきて…痛かったよ。私もヤンキーに殴り返したんだけどまああっけなく終わって
殴られ続けたんだ…でもそんなところに桝田君がきて、私をお姫様だっこして
その場から遠ざけてくれたんだ、「永留さん大丈夫!?」ってね。
その場面で初めて桝田君がかっこいいと思ったよ私は。正直いって(今は拓郎が一番だけど)
まあそんなことが二年前にあったんだけど、なんで今思い出したのかな????


書き込む 最新10 サイトマップ