先生を愛してしまった6年生

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ニャンコ先生:2013/04/05(金) 17:11 ID:tlk

あの時から貴方に恋してた。

一目惚れの恋をしていた。

始業式、貴方が就任して来て、

本当に良かった。

でも、貴方との恋は1年間で

終わってしまう事を私は忘れていた

2:ニャンコ先生:2013/04/05(金) 17:21 ID:tlk

6年生になった私達はこの
『青空高等私立小学校』
の、一番上の学年になった。

「〜につきましてわ………」

校長の話長すぎる!
そっか、今日は就任式か…………。
でも校長話しすぎ!

「向かって右側におられる先生は
基 優(もとい まさる)先生………」

基優?珍しい名前の先生が来て………。
そして、全員の先生を発表し終わると
クラス担任が告げられた。

「6年1組、大森 大気先生
6年2組、青柳 かな子先生
6年3組、基 優先生、以上です。」

基先生、6年生担当するの!?
あり得ないわ!

「爽歌!(そうか)私さ、あの、基先生に
恋した!」

「えっ!?あんな人に!?」

確かに、モテそうだけど、
女を捨てそうでもあるね。
私は6年生で恋をするって決めたの!
私は基先生と目が合った。

「//////」

ヤバイ…………………
惚れた……………

3:ニャンコ先生:2013/04/05(金) 17:35 ID:tlk

爽歌目線で行こう!

「基先生か……………。」

「爽歌?クラス発表されるから
行こうよ。」

「ありがとう、杏菜」

「大親友じゃん!?うちら。
だから、秘密は無しだよ!」

秘密は無しか……………。
もうすでに杏菜に秘密の事が出来たよ。

「ではクラスを発表します。」

ぞくぞくとクラスが発表されて行く。
私は誰に呼ばれるの?

「1組、沢辺 爽歌さん」

「はいっ!」

「爽歌ずるーい」

そっか、杏菜は3組だもんね。
基先生が羨ましいんだよね。

「では各クラスにいきます」

私達はクラスに行った。
何分かして、基先生が来た。

4:ニャンコ先生:2013/04/05(金) 18:00 ID:tlk

基先生……………
私だけを見てほしい。
だから、頑張ってアピールしないと!

「終わり、また明日」

「基先生って冷たいよな。」

「何か頼りない感じ」

こんな噂がクラス中に流れていた。
かわいそうだよ。
私がかまったらいじめられるんだ。
目に見えてるよ

「基先生っ!お話があります!
お残り頂けませんでしょうか!?」

「春日部!?」

「爽歌ちゃん!?」

「分かりました、その用事、
早く終わらせて下さいね」

ムムっ!
やっぱりツンツンしてる。
冷たすぎるよ!
基先生が私を惚れるようにしなきゃ!

5:ニャンコ先生:2013/04/05(金) 18:35 ID:tlk

「基先生♪塾の宿題が
分からないので教えて下さい」

「それだけか?」

それだけって………………
これ以外に何があるって言うのよ。

基先生目線です!

「ここは、xに変えろ」

「あぁ!そうか!先生天才!」

「そんな物、簡単だ。」

何で俺が宿題教えないといけないんだ?
他の奴で良くないか?
もしかして…………………
俺の事…………

6:karin:2013/04/05(金) 18:53 ID:9xQ

あの…
口出しすみません
基先生は3組のはずなのに
1組の爽歌の担任なんですか?

7:ニャンコ先生:2013/04/05(金) 22:53 ID:tlk

karinさん!すみません!間違いです。

俺の事……………
好きとか言うなよ?
俺はそんな事を考えていると、
いつの間にか春日部が寝ていた。
しかも、俺により掛かっている。
恥ずかしい!
って俺女か!

「おい!起きろ、春日部!」

「んにゃぁ?あっ、先生。
ごめんなさい、寝てた?迷惑かけた?」

「もう帰れ」

爽歌目線。

帰れって…………
基先生に何か悪い事でも私したの!?
私はとぼとぼ帰っていた。

「宿題出来なかったよ。どうしよう」

私はノートを捲りながら歩いた。
すると…………

「えっ!?何これ!?もしかして
基先生が宿題代わりにやってくれたの?」

宿題が全部埋まっていた。

8:あかね:2013/04/06(土) 10:53 ID:tlk

先生…………嫌な顔してたけど
やってくれたんだ。
嬉しいな………。
先生に認められた感じがするし。
次の日
私は朝一で学校に行った。
私の出席番号は何故か1番だから。
うちのクラスはあ行の人がいない。

「基先生!おはようございます」

「春日部、早いな」

相変わらずツンツンしてる。
でも、そこが良いんだよね。

「春日部、お前、今度の遠足の
しおりを作らないか?」

「遠足のしおりを!?」

「お前、絵が好きなんだろ?
昨日ノートに絵がたくさん描かれていた」

やっぱり先生が宿題やってくれたんだ!
私、あの問題超分からなかったから
やってくれて嬉しい!
でも、自分でも理解しないと
いけない!

「先生、私、しおりを描きます。
ですが、昨日の宿題、
いまいち理解できないので
教えて下さい!」

9:あかね:2013/04/06(土) 11:02 ID:tlk

「………良いだろう。
誰も居ないし、教室に行こうか」

「ヤッター!ありがとう!」

基先生目線

「先生ぇ〜!分かんないよぉ〜!」

「全く、ここにxを導入したら良いんだ」

「なるほど!先生ありがとう!」

ドキッ!
ドキッ!だと!?俺が春日部にときめいた
だとー!?
あり得ないぞ…………
でも、よく見ると春日部、
案外可愛いんだな。

「終わったぁー!先生ありがとう!
理解出来たよ!さてと!しおり
やらないとね!約束だから」

約束…………。

「先生?あっ!日誌取ってくるの忘れた!
先生ちょっと待ってて!」

俺は何故かとっさに春日部の腕を握って
俺の方に春日部をつれてきて
キスをした。
何故俺はこんな事をしているのだろうか?

「先…………生………?」

「あっ! 」

10:あかね:2013/04/06(土) 11:42 ID:tlk

どうして俺はキスをしてしまったんだ!?
条件反射って奴か!?

「先生………私日誌取って来ますっ!」

「あぁ………頼む。」

「良いものみちゃった。」

爽歌目線。

先生あれは反則だよぉ〜!><
私だって我慢していたのに
先生も我慢してよぉ〜!
キスは最後なのに!

「春日部。ちょっと」

「ん?」

私は声のする方に行った。
そして、ハンカチ口をしめられ、
意識を失ってそこに倒れてしまった。

「春日部、遅いな。もう皆が来始めている。」

11:麗愛:2013/04/06(土) 12:10 ID:RNw

めっちゃ唐突にキス!?
なんか夢ですね、はぃ。
先生が主人公好きって伝わっちゃった……

12:あかね:2013/04/06(土) 18:38 ID:tlk

基先生目線。

「先生ー、どうしたのー?慌ててー。
何かあったのー?」

「春日部知らないか!?
さっきから居ないんだよ!」

どうしよう…………
俺、どんびきされたよな?
俺はいつもツンツンした態度を
とっているから…………

「先生が慌てるなんて珍しいね!」

「そうだね♪」

「先生面白ーい!」

生徒達からこんな事を言われた。
面白い?珍しい?
そうかな……………........?

「それはそうと、春日部は!?」

13:あかね:2013/04/06(土) 20:07 ID:tlk

春日部っ!何処なんだ!
俺は廊下を走って探し始めた。

「こらぁー!基先生っ!廊下を
走らないでください!生徒がまね
します!」

「すみませんっ!」

俺は注意されたのにも関わらず、
ずっと走り続けた。
途中でクラスの政宗(まさむね)君に
出会った。

「先生何してるのー?」

「おいっ!政宗君っ!春日部を
見なかったか!?」

「爽歌ちゃん居ないの!?
クラスの奴らに言って手伝って
もらう!先生は探しててよ!」

「ありがとう、政宗君。」

そして、何分かしてからクラスの全員が
探す手伝いをしに来てくれた。
政宗君、君は優しいね。
俺は担任なのに…………生徒に負けて
しまったよ。
完敗だ…………

「基先生っ!来たよ!何処を探せば良い!?」

「ありがとう、皆、クラスメートは
皆で助けるんだ!」

「おーーー!!!」

14:きゅー:2013/04/06(土) 20:26 ID:KR.

面白い!!
爽歌ちゃん大丈夫?

あと、あかねさん【あかりと異世界の友人】全然来てないですよね…
どうしたのですか?
皆さんが心配してます( ̄◇ ̄;)

15:あかね:2013/04/06(土) 20:29 ID:tlk

ごめんなさい!きゅーさんっ!
最近この小説板に来ても、
書き込みしているのは大抵
姉なので、、、、、。
姉が興味本意で書いてます。
最近小説板に書き込みしているのは
姉で、5時間待っても来なければ
次の人、よろしくお願いします
と、言っていたと
伝えて下さい。
姉もゲームやるもので………
ご迷惑おかけしてすみません

16:きゅー:2013/04/06(土) 20:34 ID:KR.

書きました( ´ ▽ ` )ノ

あと、タメで宜しいでしょうか?

17:あかね:2013/04/06(土) 20:42 ID:tlk

良いですよ!
迷惑かけて、本当にごめんなさい!
小説の続きはまたあとで、
姉に書かせます!

18:あかね:2013/04/06(土) 20:53 ID:tlk

「先生っ!何処探してもいないよ!」

俺たち6ー3は授業中も春日部を
探していた。
春日部が何処かにいくはずが無い。
どうしよう………。
俺が下を見た時、下に白い紙があった。
なんだこれ?
その紙を開けてみた。

「!!!」

「先生?」

その内容には驚いた。その内容は__
『お前と春日部の関係は分かっている。
春日部を助けたければ視聴覚室にこい』

「皆は教室に戻っていなさい!」

「はぁ〜い」

俺は走って視聴覚室に向かう。
春日部、待ってろ!

19:マスカット:2013/04/06(土) 21:02 ID:q5E

面白いです
頑張って下さい ^^

これからも 応援してます!

20:あかね:2013/04/06(土) 21:26 ID:tlk

マスカットさんっ!ありがとう!
頑張ります!!
続き↓

俺は息を切らしながらドアを開けた。
視聴覚室は真っ暗で、何もみえなかった。

「春日部っ!何処だ!?」

「おやまぁ、遅いですね。
安達先生♪」

こ…………こいつ、俺の本名知ってやがる!
何者だ………。こいつ………

「お前は誰だ!」

「はぁ、先生たるもの、クラスの人の
名前ぐらい覚えて下さいよ。」

「まさかっ!お前………!」

俺はとっさに電気をつけた。

「お前…………どうして!?」

21:あかね:2013/04/07(日) 11:19 ID:tlk

そこにいたのは政宗君だった。
政宗君は信頼していたのに………

「安達先生、どうして基なんて
嘘つくんですか?」

「俺の勝手だ、政宗君、もうすくで
HRを始める。クラスに戻りなさい」

「じゃぁ、戻ります」

政宗君は俺の横を通り、視聴覚室を出た
そうだ!春日部は!?
すると、どこからか、走ってくる音がした

「先生!春日部が…………」

「春日部が!?」

伝えに来たのは政宗君、
誘拐したのも政宗君、なのに
どうして泣いているんだ?

「俺、春日部を…………図工室に
閉じ込めたのに図工室にいないんだ!」

「何!?図工室に閉じ込めたのは
確かなんだろうな!?」

「本当だよ…………」

政宗君は本気で泣いていた。
実は政宗君も春日部を好きだったらしく、
2人きりになりたかった為、
春日部を誘拐したそうだ。

「探そう!男だろ!?泣くな!」

22:& ◆Y8DY:2013/04/07(日) 18:24 ID:tis

すごくおもしろいです(*^^*)これからも頑張ってください☆

23:あかね:2013/04/07(日) 19:01 ID:tlk

ありがとうございます!ではでは↓

「せ………先生………。俺、
探します!責任を持って!」

「それでこそ男だ」

政宗君は悪い。だからと言って、
攻めるのもいけないんだ。
面と向き合って話をしないと
相手に自分の気持ちが通じない。

「政宗君、先生は東側を探します!
政宗君は西をよろしくお願いします」

「はいっ!先生!」

俺と政宗君は別々に探した。
俺はクラスに行き、事情を話、
皆に探すのを手伝ってもらう事にした。

政宗目線

どうしよう。
皆に拒絶されたよな…………。
バタンッ!
ビクッ!
あっ、優斗…………。

「優………」

「何ボーッとしてんだよ。」

「えっ?」

24:あかね:2013/04/07(日) 20:26 ID:tlk

「探すんだろ?春日部を」

「優斗…………うん………」

俺は泣き出してしまった。
授業中に……………
大きな声で……………。

「おいおいっ!泣くなって!
お前、男だろ?」泣くな!」

あ______
このセリフ…………安達先生と同じだ。
確か……………優斗の名字は
『安達』
先生の子供!?

「なぁ、優斗、お前の父さん、どうしたの?」

優斗は一瞬戸惑った。
言ってくれそうに無いな…………
優斗はいつもしょんぼりすると、
話してくれないのだ。

「もしかして、お前の父さん、安達優
とか…………?」

優斗はビックリしていた。

「なんでしってんだよ………。
俺、話したっけ?」

25:あかね:2013/04/08(月) 16:28 ID:tlk

「いや、話してない」

優斗は唖然としていた。
急に父親の事を言われてビックリしている
のだろか?
それとも、俺が優斗の父親の事を
知っていたから?
優斗が急に笑い出した。

「でも可笑しいよな。俺の父さんと
先生、名前同じ何だからな」

「すげーじゃねーかよ」

俺は、本当の事を黙っていた。
先生には、自分から言って欲しいから。

「おーい!2人共!春日部が
みつかったぞ!」

「えっ!?何処にいたんですか!?」

先生が向こうから走ってきた。
息をきらしながら走ってきた。
辛そうだ………先生。

「それが…………保健室なんだ!」

26:匿名ちゃん:2013/04/08(月) 16:54 ID:kKA

アドバイスです。
>>2で先生を好きになった時、目が合ってそれだけで好きになるってゆうのは極端すぎます。
どうして好きになったか、書いた方が良いですよ。

27:匿名ちゃん:2013/04/08(月) 16:59 ID:kKA

もう一つです。
>>7で、先生が代わりに宿題をやった、と書かれていますが、普通担任が宿題を生徒の代わりにやるのは不正となります。
もうちょっと現実味を考えて作ってはいかがでしょうか?

28:匿名ちゃん:2013/04/08(月) 17:04 ID:kKA

何度もすいません。
もう一つです。
>>9で生徒にキスした、と書かれていますが、生徒に・・・まして小学生に腕を掴みキスするのは、わいせつな行為になり担任はクビになることがあります。
小説なのに、こんな事言ってすいません。

29:あかね:2013/04/08(月) 17:26 ID:tlk

そういう事は、ちゃんと計算して、
書いておりますので…………。
別に……アドバイスをなさったので
謝らなくても良いです!

30:あかね:2013/04/08(月) 22:31 ID:tlk

保健室にて____

「春日部!」

「政宗君っ!しかも、優斗まで!
どうかしたの!?」

春日部…………元気そうだ。
俺、謝らないといけないよな!
嘘をつくといつかバレる。

「あの!春日部、ごめんなさい!」

俺は春日部に対し、頭を下げて
謝った。
春日部はクスクスと笑っている。
おかしい事したかな?

「良いよ、もう、」

「あっ……ありがとう。」

ピキーン!
俺は何かを不信に感じた。
それはだいぶ前の話。
俺は始業式に好きになった。
先生はいつ、春日部を好きになったんだ?

「先生………ちょっと………」

俺は先生を人気の無い所につれてきた。
そして、振り返った。
大きく息を吸い…………

「先生はいつ!春日部を好きになったの!?」

「はぁ!?」

31:匿名ちゃん:2013/04/09(火) 15:02 ID:3C.

>>29いや、計算して作ってないから言ってるんじゃないですかwww
もっと現実的に作ったほうがよろしいかと思いますよ。

32:匿名ちゃん hoge:2013/04/09(火) 21:48 ID:3C.

>>31失礼な事言ってしまってすいません!
さっきの言葉取り消してください。

33:麗愛:2013/04/09(火) 22:40 ID:RNw

>>31
現実的じゃなくても、いいじゃん♪
夢見る少女ですから(笑)←エェ!?
あと、一つ言うと……瞳があった瞬間=一目惚れって意味っしょw
あと、わいせつは被害届けを出さない限り訴えられないよ!!

なんの余談か分かんない……ごめんw


書き込む 最新10 サイトマップ