僕じゃダメ?

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:みー:2013/04/13(土) 13:57 ID:CEA

こんにちはっ!みーです
今年から中学生になりました!なので
最新が遅くなるかもしれませんが、
ヨロシクです!
〜ルール〜
1.荒しはさよーなら!
2.書くのは私だけ!
3.アドバイスOK!できれば優しく…
4.雑談は控えてください!感想などは
  OK!
守れる人だけ来てください♪

2:みー:2013/04/13(土) 14:08 ID:CEA

「美沙ちゃんッ!あのさっ…大きく
なったら結婚しようよっ!」
「うん!私、太陽君と結婚する!!」
『『約束だよ??』』


結婚を約束したあの日から12年…
高校1年の私は、もう余り覚えていなかった…。

3:みー:2013/04/13(土) 15:25 ID:CEA

「太陽ー!!早く!!学校遅れる!」
「待ってー!!美沙ぁー!!!」
慌ただしく響いた声が玄関をあけ
出てくる。
「もうっ!本当にトロいんだからー」
「ごめ…ってわぁぁ!!」
くるりと一回転して、転んでいた。
「っ痛ったたたたたーーーー!!」
いつもこんな調子だ。(奥宮太陽)は私
(三村美沙)の幼馴染みで、何もない所でよく転ぶ。
もはや、特技といってもいいだろう。
「太陽…ネクタイ曲がってる。それにカバン忘れてる…」
「え?って本当だぁーーーー!!美沙、待っててー!」
「今日こそ本当に遅れるよ!!早く!!」
私達は16年間一緒にいる。いくら男女でも、太陽だけが心を許せる親友だ。
周りの皆が彼氏がどうとか言ってることが理解できない。私はまだ、恋はしたことがない。というか、わからない
「ごめんね!美沙〜!行こうか!!」
「ほらっ!はやく後ろ乗って!」
太陽は自転車が乗れない。だからいつも私の後ろに乗っている。
「いっけーー!美沙!」


書き込む 最新10 サイトマップ