あまあま王子様💖

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:亜沙美:2013/04/13(土) 19:14 ID:H32

どうも〜
感想を気軽にどーぞ!
雑談は無しでよろぴく(・ω・)ノ

2:亜沙美:2013/04/13(土) 19:46 ID:H32

私は金見野 凛子。
「あ!今日テスト?」
親友の杏胡に聞く。
「うん、忘れてたの?凛子。」
杏胡はあきれ顔だ。
杏胡はオール5だし、いいよ。
私はオール1だよ…
「おい、オール1!」
幼馴染の陽が肩に手をかけてきた

3:亜沙美:2013/04/13(土) 20:12 ID:H32

「陽!あんたまたオール5⁇」
私は陽の手を振りほどく。
杏胡と陽は学年トップを争う優秀。
私はいつもドベ争いだよ〜
「ああ!オール1とは違うだろ!」
「オール1って言うな!!」
私はいつも陽とけんかしてる。
私は廊下を逃げ回る陽を追いかけた。
陽は運動神経がいいから、なかなか捕まらない
はあー…息きれたよ!
陽は平気そうに笑う。
私はイラついて、陽の足をつかんだ。

4:亜沙美:2013/04/13(土) 20:25 ID:H32

私の学校は、終業式のときもテストなの!
「あーあ、ダブルで最悪!」
私は杏胡にグチる。
杏胡は平気だよね…
陽も平気そう…

5:亜沙美:2013/04/13(土) 21:35 ID:H32

テストも終わり、帰り道。
「ねー?陽君ってモテるんだよ〜」
杏胡が話しかけてきた。
「え?マジ?」
私は振り返る。
杏胡は美容院行くからと別れた。
「ちょっといい?凛子さん?」
5人くらいのクラスメイトが立っていた。
八百屋のうしろへ連れていかれる。
「あんた調子乗るなよ!」
私は体中に痛みを感じた。

6:亜沙美:2013/04/13(土) 21:49 ID:H32

あ…動けない…
痛くて泣きそうになる。
殴られたんだ…
そこへ慣れた声が飛んできた。
「お、おい!?凛子?」
優しいような意地悪な声…
陽?ふわりとうかぶ。
私は彼の腕できを失った…

7:杏 ◆q8BU:2013/04/13(土) 22:04 ID:mqk

アドバイス

○展開が早い
 展開が早すぎて、面白さが伝わらず、読者がついて行きにくいです

○改行
 改行を上手く活用しましょう。

今のままだと見えにくいです

○量
 1レス1レスが短いです。

途切れ方も微妙なので、もっと考えて切りましょう


書き込む 最新10 サイトマップ