先生、好きです。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:なな:2013/04/16(火) 01:23 ID:Qpg

始めまして!
こんにちは!

ななと申します(=゚ω゚)ノ

かめさん更新かもですが、
よろしくお願いします(*´ω`*)

2:なな:2013/04/16(火) 01:31 ID:Qpg

「梨花!起きなさい!入学式でしょう?」
「あと5分……」

は‼そんな事している場合じゃない‼

入学式だ‼

私は今日から高校生だ

無事、試験に合格して
それほど頭が良い高校ではないが
親友の涼太と美樹がいるから楽しみだ!

実を言うと私は涼太が好きだ
だから、この高校を受験したんだ!

楽しい高校生活が送れるんだろうな‼

3:なな:2013/04/16(火) 01:36 ID:Qpg

私は洗面所に向かい顔を洗って朝食をとった

普通の女子高生ならメイクや髪を巻いたりするだろう

けれど今日の私には時間がない!

仕方が無いから今日はノーメイクだ‼

歯磨きを終えて制服に着替える

大きな赤いリボンがとても可愛い制服だ
「けっこう似合うじゃん!」

思わず声に出てしまった
でも、それくらい可愛いかったの!

4:なな:2013/04/16(火) 01:45 ID:Qpg

ちらっと時計を見ると
……7時50分?
いや、見間違いかな?

もう、涼太と美樹が迎えに来る時間は
とっくにすぎている

ーピーんポーンー

インターホンが鳴った

「はーい!」
「梨花ごめん!美樹から休むってメール来てたの気がつかなくて…準備できてるか⁉」
「あ、うん!」
「いくぞ‼」

そう言って涼太は走り出した

5:なな:2013/04/16(火) 01:48 ID:Qpg

ちょっと待ってよ‼
こっちはスカートなんだよ⁉

靴もまだ履いてる途中…!

「あれ?梨花早く〜!」
「待ってよ‼」

よし!靴はけた!
「いってきます!」

私はすぐに涼太のもとへ走って行った

6:なな:2013/04/16(火) 23:18 ID:Qpg

「涼太……まっ……待ってよ〜‼」
「ほら梨花はやく‼遅れるぞ‼」


そんな事言ったって私足遅いの!

「涼太、先行ってて!体力的にもたない!」
「え、や、でも……」

涼太は少しとまどっている

「遅刻してもどうにかなるって‼」
「いや、でも「良いから‼」

そう言うと渋々涼太は走って行った

…あれ?
なんかフラフラする……

額に手を当てる

「あつい……」

熱かな……
頭が痛い……

だめだ、フラフラして立てな…い…

7:若宮 鈴音:2013/04/16(火) 23:27 ID:ez-0PI

頑張ってください―っ♪

8:なな:2013/04/19(金) 04:52 ID:Qpg

若宮鈴音さん

ありがとうございます(❁´◡`❁)

9:なな:2013/04/19(金) 05:02 ID:Qpg

しんどい……

ダメだ
今日は家に帰ろう……

涼太に連絡しなきゃ

スマホを取り出して
涼太の番号にかけると涼太はすぐに
出てくれた

「梨花‼もうすぐで入学式始まる‼」

「あ、その事だけど……行けないかも……」

「どっ…どうした?」

「なんかフラフラする……」

「今どこ?」

「や、大丈夫……」

「梨花が大丈夫でも俺が大丈夫じゃねぇ‼」

「え?なんで……?」

「だって……り、梨花の事が心配だから」

「え……」

10:なな:2013/04/19(金) 05:14 ID:Qpg

顔が熱くなった

今は風邪のせいではない事は分かっている

でも少しは風邪のせいだよ‼

なんか……
悪化してきた……

「梨花、今どこ?教えて?」

「うん…。」

「おれすぐ行くから」

「えっと……さっきのとこだよ」

「…まじで?分かったすぐ行くから待ってろよ!」

「うん……」

でも、家からそんなに離れた距離じゃないから
帰れる気もする……

あー…ヤバイ

足元がふらつく……

倒れ……


書き込む 最新10 サイトマップ