友情〜友情って不思議だね〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ミルク:2013/04/26(金) 22:25 ID:tlk

喧嘩したり、笑ったり、泣いたりした。

でも貴女はいつも、喜怒哀楽をみせたよね。

私達、友達だよね?

親友だよね?なのになんで、急に無視するの?

私、何か悪い事でもしたの?

ねぇ、教えて。

教えないと、危険な目に合うよ?

2:ミルク:2013/04/26(金) 22:37 ID:tlk

「日和(ひより)!おはよう。」

「あ、舞ちゃん!おはよう。
今日も舞ちゃん可愛すぎる。」

「へへーん!」

私は浅草 舞。
元気な高校生です!
今は登校中。こっちは日和。
私の友達です!小学校からの友達。

「ねぇ、舞ちゃん。今日もメール来たよ。
ちょっと怖い内容なの…………」

「怖い内容?見せてごらんよ。」

私は日和から携帯を受け取った。
そして、メールボックスを開けた。
そして、内容をみた。

「え!?『君を愛してる。ずっとずっと
見ているよ。』って……………
ストーカー!?」

「うん。超怖いの。どうしよう。
あの時、お返事しなかったら良かったね」

日和は残念がっている。
頭を下げたまま。
私は日和に携帯を返した。
そして、笑顔になって、日和に言った。

「元気出して!日和らしくない!
そんなメールごときに!」

3:ミルク:2013/04/27(土) 10:08 ID:tlk

私達は学校に着いた。
そして、教室に入る。これはいつもの事だ。
でも……………。

「舞ちゃん、私、トイレに行ってくるから
先に教室に行ってて。」

「うん!日和もすぐ来てね!」

私は日和がトイレに行ったので、
一人で教室に行った。
一人で教室に行くのは久しぶりだな。
ずっと日和と並んで教室に行ってたもんな。
ガララララララ_____

「あら?浅草さん、今日は一人なの?
それとも日和と喧嘩したのぉ?」

クラス1のいじめグループの武藤さんが
私に話しかけてきた。
どうだって良いじゃん。
日和はただ、トイレに行ってるだけだもん。
喧嘩なんてしないし。
私は無視して横を通ろうとした。
その時、武藤さんに腕を捕まれた。

「無視するとはいい度胸ね。
浅草さんにある事を教えてあげるわ」

「ある事!?」

「実はね_________」


書き込む 最新10 サイトマップ