好きだから

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:チョコレート:2013/04/27(土) 13:22 ID:3jU


好きだから


ただそれだけだから…



*



君が居てくれればいいんだよ


それだけでいいんだ…

2:チョコレート:2013/04/27(土) 13:25 ID:3jU


「明日天気にな〜れ!!」



そう言って靴をポイッっと蹴り上げる。


4月下旬の夕方はなんだか薄暗かった。


だけどそれでも続ける。



「明日天気にな〜れ!!」



明日は君の試合の日だからね

3:チョコレート:2013/04/27(土) 13:27 ID:3jU

「明日天気にな〜れ!!」



…何回続けたことだろう


少なくても10回…いや20回…


それ以上かも


けれど一回も靴は表(?)を向かない


ずっと反対のまま


このままじゃ雨になっちゃうのにー



*



私、運が悪いから

4:チョコレート:2013/04/27(土) 13:29 ID:3jU

「明日天気になって!!」



だんだんお願いしてるふうになる


だんだん靴を投げるのも疲れた


だけど…


明日はどうしても晴れて欲しいからさ


私は続けるの


靴が表を向くまで



*



「…何してんの?」

5:チョコレート:2013/04/27(土) 13:30 ID:3jU

急に後ろから聞こえた声


私のすごく好きな声



*



「陽…」

6:チョコレート:2013/04/27(土) 13:32 ID:3jU

陽って言うのは私の恋人


付き合ってまだ3日



「いや明日晴れるようにお願いしてるの」



そういってまた靴を投げる



「明日天気にな〜れ!!」

7:チョコレート:2013/04/27(土) 13:34 ID:3jU


「…あ」



私の靴が遠くの木にかかった


…しまった!!


投げすぎた!!



「しゃーねーな…」



陽はため息一つつくと、木の方へ向かった

8:チョコレート:2013/04/27(土) 13:37 ID:3jU


*



私…すごくドジで


運が悪くて


いつも失敗ばかり



だけど



陽は違う



運動神経がすごくいいし


運がいいし


失敗してるとこ見たことがない



そんな正反対の私達


まさか陽から告白されるなんて思ってもいなかった

9:チョコレート:2013/04/27(土) 13:40 ID:3jU


*



あれは3日前のこと…



*



「俺と付き合ってくれ」



放課後の教室


陽に話があると言われて、その話が告白だった


その時の私はスーパーパニック


だって…


告白されるのは初めてで…


陽は学年1のモテ男だったから

10:チョコレート:2013/04/27(土) 13:43 ID:3jU


一瞬冗談かと思ったけど


顔を真っ赤にしている様子から違うと察した



私も彼氏欲しかったし…


陽のこと気になってたから



「…ハイ」



告白にOKしたんだ



*



あの日私たちはカップルになった



*



このあと起きる悲劇を知らずに…

11:ミルキー **:2013/04/27(土) 15:11 ID:Bos

つづきが楽しみー><

気になります!!

12:チョコ:2013/04/27(土) 22:33 ID:BKg

>>11 ミルキーさん


   コメントありがとうございます!!!

   
   嬉しいです♪

13:チョコ:2013/04/27(土) 22:35 ID:BKg

*


ふと思う


どうして陽は私を…


私に告白してくれたんだろう…?


イヤ.普通に嬉しかったよ


嬉しかったんだけど…


なんでかな?


私のどこがいいんだろう…?

14:チョコ:2013/04/27(土) 22:38 ID:BKg

*



そんなこんなで考え事をしていると、



「ほらよ」



陽が靴をとってきてくれた



「あ、ありがと…」



陽は私の顔をじっと見た



な…なに?!

15:チョコ:2013/04/27(土) 22:41 ID:BKg

「俺のために…こんな遅くまで…」



え?あ…ああ


すぐに陽がいっている言葉の意味がわかった


私が靴を投げて明日天気になれるように


占っていたことを言っているんだ、と

16:チョコ:2013/04/27(土) 22:44 ID:BKg

「別に遅くないと思うよ?だってまだ…5時半だし…」



そう答えたけど


なにやら陽は納得のいかない様子


不満げな顔をしていた



「もうおせーよ!だって…こんなに真っ暗じゃねーか!!」



急に怒鳴られてびっくりする


うぅ…陽


怒んないでよ

17:チョコ:2013/04/27(土) 22:47 ID:BKg




「…ごめん」



「?」



何を思ったのか陽は急に謝ってきた



「だけど、もう暗いから帰ろう」



優しく微笑んで手を差し伸べてくる


だけど


私はその手を受け取らない


だって…


まだ靴が表に――晴れになってくれないんだもん


書き込む 最新10 サイトマップ