聖林学園

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:林檎:2013/05/06(月) 19:59 ID:KrA

林檎でーす。
只今、スランプに近いですね……

ここに来て早、一年
アク禁になったり…喧嘩したり、
大変でした……。

皆様に大変なご迷惑が掛かりました。
一年間ここに居る記念として(?)

知ってる子は居ないと思うけど、
昔、【菜の花学園】を書いていました。

学園物が書きやすく、とても楽しく書けたので……

学園物を書きたいと思いました。
登場人物は、後で書きます。

それでは!

2:林檎:2013/05/06(月) 20:20 ID:KrA

凉宮 尚 (suzumiya nao)【♀】
・主人公


※当たり前だが他にも出る

__________________________________


プロローグ


ザーザー……


雨が私の頬に降り注ぐ。
冷たいけど無視して走る。

行く所は______病院だ


手術室の前に先生は佇んで居た。


「先生……華は…」

先生は、惜しそうに手術室を見る。


「手を尽くしたのですが____」


ペタン……


「そ……んな……」


ギュ……!!


華……!!

もう居なくなるなんて……
人はこんなに簡単に死んでしまうの……??

華、どうして……自殺したの……??

あの日____華に何があったのよ…!!

3:林檎:2013/05/06(月) 20:34 ID:KrA

第一章


「華_____私、どうしたら良いの」


華に貰った三日月の指輪を見る。
小学生の頃、華が作ったのだ。


華は、突然死んでしまった。

明るくて自信家だった華。
私はいつも華の傍らに居た。

そんな__華が死んだのだ。

まだ、信じられない。

いつも笑顔で笑ってて……、

死因は、自殺と見られた。

自殺____そんな訳が無い……!!!

華は、殺されたのよ……、

絶対にそうよ!!!


「尚……まだあの事気にしてる?」

「碧…」

碧が心配そうに此方を見つめる。

碧と私、華は幼馴染み。

小さな頃から一緒に居た。

碧は、内気で自信家の華とは正反対の性格。

私は、甘えん坊で食いしん坊の妹キャラだった。


「華……自殺なんて嘘だよね」

ポソリと私は呟く。

「警察はあてにならないよ……真実は誰にも分からないよ」

確かに……警察はあてにならなかった
でも、真実は必ず分かるはず。

きっと……真実が見えてくる。

私は、そう信じてる。


書き込む 最新10 サイトマップ