好きって言いたい。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:& ◆t2Zk:2013/05/19(日) 16:16 ID:4bg

どうもーっ!スレ主の蓮です☆恋の小説書いていきますお(^з^)-☆
気ままに更新していくので感想やコメなどできればしてください。
ルールは荒らしは無視。喧嘩なしでいきたいと思います。
2レス目に主人公やら何やらの設定書いていきます。
それではスタート☆

2:蓮:2013/05/19(日) 16:21 ID:DOk

名前が無いのは大体私です(^^;

主人公 十南部 裕香←女の子です
野田 悠二←裕香の恋してる人です。
設定とか後でもろもろ追加してきますwww

3:蓮:2013/05/19(日) 16:29 ID:DOk

それは、随分前の事だった。その日はとても暑く、友達の沙弥とベンチに座りながらジュースを飲み話をしていた。
沙弥が陸上大会に出るために練習していた男子達をボーッと見つめていた。私は特に気もかからなく、ジュースを飲んでいた。

4:& ◆t2Zk:2013/05/19(日) 16:39 ID:JBI

沙弥は一瞬目を輝かせた。私が「どうしたの?」と、聞く暇も無く沙弥がいきなり私の肩を叩く。
その衝動でジュースを溢してしまった。私が沙弥に怒る暇も無く沙弥はグラウンドを指を指した。
すると、沙弥が「あの人めっちゃイケメンじゃない!?」と、言った。私はそれよりも濡れたスカートの
事が気になったが私は呆れ顔でグラウンドを見た。「…………」一瞬声が出なかった。あの人…かっこいい…
そう、私はあの人に一目惚れしてしまったのだ。

5:蓮:2013/05/19(日) 16:40 ID:JBI

人来ないかなwww

6:& ◆t2Zk:2013/05/19(日) 16:48 ID:Vs.

「どうしたの?」と、沙弥に話しかけられ我に返った。
「ね!あの人イケメンだよね!」私はうんうんと頷く。
「そういえばさ、陸上部ってマネージャー募集中じゃなかったっけ?」
私はそれを聞き逃さなかった。マネージャーに応募してあの人に近付く!
私はそう心の中で決心した。

7:& ◆t2Zk:2013/05/19(日) 16:56 ID:Vs.

今日はおちます。また明日書きます。

8:玲:2013/05/19(日) 20:24 ID:99U

おいっ面白いやんけwww続き気になる!
頑張ってなー

9:時雨:2013/05/19(日) 20:39 ID:J7Y

面白いよー!
恋愛ものいいじゃん!(^^)!

10:& ◆t2Zk:2013/05/20(月) 18:26 ID:Utw

おぉ!!!ちひろと時雨ありがと!
じゃんじゃん書くぜぇっ!

11:蓮@更新するよー。:2013/05/20(月) 18:36 ID:QUU

私は次の日先生にマネージャー応募用紙をもらった。
私はいつもより綺麗な字で一文字一文字丁寧に書いた。
私はその用紙を書き終えると急いで職員室に向かった。
職員室に着きドアをノックし、「失礼します。」と一声出し
職員室に入った。職員室の中はとても涼しく快適だった。
だが、そんな事を感じている暇は無い。

一旦ここまででーす。

12:蓮:2013/05/20(月) 18:48 ID:tcA

私は陸上部の先生に話しかける。
用紙を渡し、「先生にお願いします!」
と一声だけ言い職員室を後にした。
先生は呆気に取られているようだった。
私は急いで教室に向かった。
最近走っていなかったからとても疲れた。
私が次の授業の準備をしていると
沙弥が「頑張ってね!」と声をかけてくれた。
友達にも応援されているんだから絶対にこの
恋を実らせる!とまた心の中で誓った。そして
私は沙弥にガッツポーズをした。沙弥も
私にガッツポーズをしてくれた。


書き込む 最新10 サイトマップ