ネタ物短編集っ!みんなゆっくりしていってね!

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:時雨:2013/05/19(日) 18:58 ID:J7Y

ネタ物書きます!NOシリアス。YESネタ。
笑えないのはご愛敬。
感想は大歓迎☆
荒らしは帰れぇえ
そいじゃスタートンっ!!!  

2:時雨:2013/05/19(日) 19:01 ID:J7Y

むーかしむかし、
とある村に、二人の若者が居たそーな。
その二人は、仲が悪くいつも喧嘩ばかり。なのに二人で暮らしている。
おや?二人がまた喧嘩を始めたみたいだ…

3:時雨:2013/05/19(日) 19:09 ID:J7Y

「お前っ!僕の餅食っただろっ!」
「は?ちょ、何言ってんだし。ワロス。」
「…?ワロスって何?じゃなくて、もう分かってんだよ!正直に言えよ!」
どうやら餅を食べられたのを怒っている様です。
「だぁからぁ…知らねぇっつってんだろ!そんな事言ってっと俺キレるぞ!激おこプンプン丸だぞ!」
「げ、げきおこ…?意味分かんないよ!?お前ふざけてんなら出てけよ!」

4:時雨:2013/05/19(日) 19:18 ID:J7Y

「はっ。出てくならお前出てけよ。ほら出ーてーけー。出ーてーけー。」
「んなっ……出てくよ!そんな言うなら出てくよ!もう出まくりだよ!出放題だよ!超出ちゃうよ!」
「うんじゃーねー。」
「あっさり!?もっと悲しめよ!」
「え、別に悲しくないし…」
「うわーん!本当に出てってやるぅー!」



何なのあいつ。意味分かんない!激おこ……なんだっけ。げ、激おこなんとかって何だよ!僕の事全然分かってないよあいつ!もー…あいつ死ねっ!

5:紀胡:2013/05/19(日) 19:18 ID:2iI

ムチャ面白いです
頑張ってくださいね♪

6:時雨:2013/05/19(日) 19:28 ID:J7Y

数時間後。

「……帰ってやってもいいかな…」

べ、別に寂しい訳でもないし暇って訳でもないし会いたいって思った訳でもないけれど。あいつが悲しいかなっ…て!

いっぽうその頃片方の青年。
「あっはははは!ちょ、コレ、はははははっ、も、もうだめっ、あははははははははははは!ひーっ…ひーっ…い、息が出来なっ、あはははははははは!」
時代設定無視して某笑顔動画の腹筋崩壊な動画見てました。
「よっしゃ。帰ってやろうっ!いひひ。今ごろ僕の事考えて、「あぁー!もうダメっあいつがいない世界なんて想像したくない!ごめんなさいごめんなさいごめんなさい帰って来てええええ」…なんて泣いてるだろーなぁ。」
そして、青年は帰る事にしました。 

7:時雨:2013/05/19(日) 19:32 ID:J7Y

>>5
紀胡さんありがとうございます!
まさか感想がもらえるとは…。もう本当嬉しいですっ!!こんな駄文におもしろいって…天使ですか!?
本当にありがとうございました!       

8:紀胡:2013/05/19(日) 19:37 ID:2iI

これからも読みます念(*^^*)
もし良ければ、あたしのもきてね★
(て、天使だなんて…貴方こそですよっっ( ´ ▽ ` )ノ)

9:時雨:2013/05/19(日) 19:44 ID:J7Y

>>6の続き。

「帰って来たぞ…「あははははははははははははははっ!はははははははっ!も、もうだめぇええっ!」」
青年はかなり驚いたとな。
だって、さっきまで自分が居なくて泣いていると思ったのに、
時代設定無視して動画見ながら大爆笑してるんですから。
「ははははっ…ぜーはー…っあれ?帰って来たの?」
「おまっ…なんで泣いてないんだよぉおーーーー!」
「はぁ!?なんで俺が泣く訳!?意味ワカンネ。」
「はぁっ…心配して損した。………何それ?」
青年はパソコンを指指しました。
「あっ!これこれこれめっちゃ笑えるから!お前見ろよ!」
「ふーん…どれどれ。………ぶっっっっっっっ!」
「ちょ、お前パソコンに吹くなよ!汚れる!」
「はっ…ははははははははははははははははははははっ!痛いっ!痛いっ!は、腹がっ腹がねじれるっ!あはっ、あははっ、ははははははははっ!」
そして、一日中その家から笑い声が絶えなかったと言うそうな…

なるほど。時代設定を無視した謎のぱそこんとやらが二人の仲直りを手伝っているんだね。
めでたしっ!

10:時雨:2013/05/19(日) 19:51 ID:J7Y

後書き。

なんつーか、パソコンっていいねっ。て話にしたかったんですが、私自体パソコン持ってないって言うね。www
某笑顔動画なんて友達と、それか兄と。ですから一人で見たことないです。見たいな…電話組動画…中弐病棟さんのとか…はっ。つい本音がっ。なんでもないです!いや本当なんでもないんです!まあ、これからもgdgdと続けていきます。よろしくお願いします。   

11:時雨:2013/05/19(日) 19:53 ID:J7Y

後は明日書こう。
感想待ってまs(((殴

12:玲プンプン丸:2013/05/19(日) 20:07 ID:99U

げきおこプンプン丸ってwwおいwww
めちゃめちゃ面白いなwこれからも書いてね!!

13:& ◆t2Zk:2013/05/19(日) 20:08 ID:.TY

超ワロタwww時雨頑張ってな!

14:蓮:2013/05/19(日) 20:09 ID:.TY

上は私だよごめん

15:時雨:2013/05/19(日) 21:00 ID:J7Y

明日とか言いながら暇なので書きまっせ。
人死ぬから注意!けっこう細かい表現も出るかもね。

16:J:2013/05/19(日) 21:01 ID:J7Y

「はーっ…はーっ」
どうしよう。俺っ、俺…



死んでる!!

17:時雨:2013/05/19(日) 21:02 ID:J7Y

あ、やっべ名前入れ忘れた
Jは私ね

18:時雨:2013/05/19(日) 21:06 ID:J7Y

>>16の続き

皆、俺が死んでるのに息してるっておかしくね?つーかおかしい!
なんて考える奴もいんだろ。

俺は付いたんだよ。
だけど…

そいつも死にそうじゃねえか!
そいつは腹から内蔵がコンニチワしてる。体は血まみれ。胃はやぶれてる…?……よく息できるなこいつ。
あぁあ早く他の奴に付かないとこいつ死ぬぞ!
 

19:時雨:2013/05/19(日) 21:13 ID:J7Y

「…それにしても…」
人がいない。周りはからっからで人っ子一人いない。
すると、人の息が聞こえるじゃねーか。

よっしゃあ!付いてやる!
だけど…

「あれー…?」
俺の見間違いだろうか。
そいつは口から血を吐きながら、胸を押さえている。
しかもそいつの言った言葉。
「俺っ……帰ったら、さ……嫁の、嫁の…飯をたらふく…っ食ってやるん…だ…。」

死亡フラグ立ったあぁあぁああああぁぁ!
何立てちゃってんのこいつ!しかも何!?戦場みたいな事言ってるよ!

20:時雨:2013/05/19(日) 21:16 ID:J7Y

「…ん?」
戦場?俺、なんで死んだんだ?
そう。俺は死んだ時の記憶がない。
戦場…そのワードが心にひっかかった。
すると。

人の呻き声が聞こえる。
しかも一人じゃない。数十人の声…

 

21:時雨:2013/05/19(日) 21:19 ID:J7Y

あっ。思い出した!
俺は兵士だった!
なぜか服がいつも着てたシャツになってて思い出せなかった。

よし。思いだした所で俺を殺した奴に復讐してやろう。
へっへっへっへ。

だが、その思惑も一つの声で終わった。

22:時雨:2013/05/19(日) 21:20 ID:J7Y

ちょいと飯オチします!

23:時雨:2013/05/19(日) 21:40 ID:J7Y

なんか…飽きたんで
明日続き書きまっす 

24:時雨:2013/05/21(火) 18:16 ID:J7Y

「ゴめナさイっ…ごメなサいッ…」
「ん?」
「アなタを殺シてごメなさイッ…私死ニましタから許シてっ…ゴめナさいっ…」
目の前には小柄で可愛らしく、瞳は青く、キラキラと輝く金髪には大きなリボン、言葉はカタコトで、雪の様に白いワンピースを着ている15才くらいの少女。正直どストライク。そんな美少女が俺みたいな二十歳にもなって兵隊で5分で死んだやつに何を言うのか。
「えっ…俺?」
「アなタです…あナタを殺シてゴめなサいっ…」
ん?何だ今のショッキング発言。
「ごめん…もっかい言ってくれ。」
「アナたを殺シてごメナサいっ…」 


書き込む 最新10 サイトマップ