ラストストーリー―とある少年達と少女たちの物語

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ひろピョコ 123:2013/05/21(火) 16:42 ID:9TA

「行こうか。」オオカミがつぶやいた。「…そうね。みんな…竜基。剣は…?」「あるぞ。」そして歩いて行った。

2:ひろピョコ 123:2013/05/21(火) 20:28 ID:9TA

「ほんと、うんざりするよ菜っ。」歯をギリギリと言わせながら、立野ユタが言った。今、かれらのおやは、くるっている。続く

3:ひろピョコ 123:2013/05/21(火) 20:28 ID:9TA

2の修正「うんざいするよなっ」です。

4:ひろピョコ 123:2013/05/21(火) 20:35 ID:9TA

獣を殺したり普通にしている。堀川堵太は、立ち上がった。「俺あったまきた。これ食って教えてやろうぜ!」堵太は、飴を口の中に入れた。続く

5:ひろピョコ 123:2013/05/21(火) 20:42 ID:9TA

「うぐあああっ!」堵太は、姿が変わっていった。そしてオオカミになった。「え…?堵太君だよね?」「やっぱり、俺は、本当はオオカミだったんだ。」続く

6:ひろピョコ 123:2013/05/21(火) 20:48 ID:9TA

「ど…ういうこ…と?」蔵野舞は、呆然としていた。「これは、本当の姿になれる飴なんだ。」残る5人も飴を食べた。

7:ひろピョコ 123:2013/05/21(火) 20:55 ID:9TA

舞は、魔女に、竜基は、すごい力が使えるように、ユタは、オオカミに、心愛は、魔女に、梨乃は、巫女ですごい力が使えるようになった。続く

8:ひろピョコ 123:2013/05/21(火) 21:01 ID:9TA

ガラリ、ドアが開き、オオカミ男(翔太)が入ってきた。「やっつけに行こうぜっ」「あっ、翔太君今から行くよ。」竜基達は、教室を出て行った。続く

9:ひろピョコ 123:2013/05/21(火) 21:08 ID:9TA

「行ってはいけませんよ。」まえには、篠原先生がいた。「ホォ、最初の敵はアンタか。」「ふっふっふっ、さあかかってきなさい!」続く

10:ひろピョコ 123:2013/05/21(火) 21:15 ID:9TA

「ふっ、最初は、俺が行くぜ。」翔太は背中にあった剣をとった。「さあ来いザコ!」「では、行かしてもらいましょうか!」続く

11:ひろピョコ 123:2013/05/21(火) 21:20 ID:9TA

篠原先生は、ナイフを持って襲いかかってきた。「ザコ」と言うと、剣を振った。「なっ…うわああああっ!」というと逃げて行った。

12:ひろピョコ 123:2013/05/21(火) 21:28 ID:9TA

「すげえザコだったな。」竜基達は、学校を出た。「おなかすいた―。」「よし、コンビニ行こう。」コンビニにて、「何とろう。」続く

13:ひろピョコ 123:2013/05/22(水) 19:50 ID:9TA

心愛は、ビクビクしていた。「どうしたんだ?心愛」「これって・・万引きになっているよね…。」「そうだけど、守ってない奴らが悪い。」『そうだね・・。』続く

14:ひろピョコ 123:2013/05/22(水) 20:25 ID:9TA

「よし、これでいいぞ。」「待って。」梨乃が言った。「なんだ?梨乃」「もっととらないと、おなかすきますよ?」「そうだな・・。」一週間分の食料をとってコンビニを出た。続く

15:ひろピョコ 123:2013/05/22(水) 20:34 ID:9TA

「つあーっ、夜かよっ!」「私の家で寝よっ!」舞の家で寝ることになった。「鍵も閉めたよー」そして、寝た続く

16:ひろピョコ 123:2013/05/22(水) 20:49 ID:9TA

朝「ふわあああっ、朝か・・。」竜基達は、食パンを食べ、牛乳を飲んだ。続く


書き込む 最新10 サイトマップ