金色うさぎと銀色うさぎ

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:うり:2013/06/02(日) 21:44 ID:Ce.

下手ですがよろしくお願いします
人物紹介
安藤 柚奈(アンドウユズナ)
運動、勉強、見た目全部平凡な小6

中山 一馬(ナカヤマカズマ)
イケメンで頭もよくてモテモテな小6

橘 奈乃(タチバナナノ)

謎の女の子で占いがよく当たる

秋村 葉亜都(アキムラハアト)

柚奈と一馬をおそってくる女の子
見た目は可愛いがめちゃくちゃ強い

2:うり:2013/06/02(日) 21:58 ID:Ce.

今日のテストは平均点よりちょい上ぐらい。
同じクラスの一馬は100点のようだ。
女の子に囲まれてクールに微笑む。
「きゃあぁぁぁ!」
女の子が奇声を出す。
柚奈は興味がないので席に座り赤ペンで
間違いを直し始めた。
漢字だとか誤字脱字とかばっか
で直すのがめんどくさくなってきて
手を休めてたらチャイムがなった。

3:うり:2013/06/04(火) 20:12 ID:Ce.

柚奈は親友の和枝と一馬を見ていた。
「なんかあーゆうやつ嫌いかも」
柚奈がポツリと言うと、和枝もうなづいて
「うん、なんかさいい気になってんじゃねー」
と一馬に鋭い視線をおくる。
そこでチャイムがなった。

放課後柚奈と一馬は2人のこり日直の仕事を
していた。
窓しめをしてにっしを書く。
一馬は日誌を書いていたので、柚奈は
窓しめをしていた。
すると、世界がグニャリと曲がった気がした。
「わわわ?!」
思わず、後戻りする。
「どうした?」
一馬が近づいてきた。
「ま、曲がってる。」
窓の外を見て一馬が叫ぶ。
柚奈は教室の壁にもたれる。
すると、急に壁が消えてしまった。
柚奈が叫ぼうとした時
「教室が消えてる!!」
と一馬のさけびごえが聞こえた


書き込む 最新10 サイトマップ