現代にタイムスリップした戦国の姫君〜二度とここの世界にいるのかな?〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ショコラ:2013/06/15(土) 10:45 ID:DpU

今から天正時代安土桃山時代の戦国の世
上級武士の結城守盛正と同盟国の娘お振の方の長女珠姫は今は10歳になられていました。

乳母「一の姫様が降りませぬ」
父上「珠が」母上「珠がいないと不安じゃ」
珠「私ならここにいますよ」
父母「珠ここにおった」
しかしいつの間にか別の世界になっていた。
珠「ここはドコなのじゃあ?何なのじゃこの建物は大きくてなんか不思議なものがあらゆる物がございまする」
待ちの人に聞くと「ここは東京だよ」
珠「東京と言う街なのかほかのお人もなんか珍しい着物着ておる」
珠「私は父母も捜してもおらなかったもしやここは未来の日本なのか?」
その黄色の髪になった女の人と出会いました。
珠「君の名は?」[あたしの名前は青沼愛美」
珠「私は珠とも押す」愛美「一緒に住むか?」
珠「どうして」愛美「ここの時代の人じゃないからね」珠「ありがとうございまする」
そして住む事にした。
愛美「今では高そうな着物ね」
珠「ここの世界は戦もないから平和でよいのじゃ」
珠「戦のない世界に住む事が私の夢でもあるし自由もおっていい所じゃずっとこの国にとどまる事にするわ」
愛美「そうですか?」
珠「私はここにいるからええじゃな」 
               第一部終わり


書き込む 最新10 サイトマップ