世界を救う鍵♪

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:藍:2013/06/15(土) 22:41 ID:QY6

君と会えて良かったよ______?

楽しい思い出、ありがとう。

ずっとずっと、一緒に居たかった。

そんなの…………夢だよね?

君と僕が出会ったのは……………

『奇跡』なんだから______

2:藍:2013/06/15(土) 22:46 ID:QY6

「ムスゥ〜!!!暇!!!」

「うるさいですよ?大統領」

「だってぇ〜!暑いもんっ!」

「全く、お父様もどうかしているわ」

私、安田 未来。
私ね、中学生なんだぁ♪
しかも中1!!!
なのに大統領〜♪♪♪♪

「お父様はどうして私では無く、
妹に大統領の座を譲ったのかしら」

こっちは姉の安田 愛。
私はこの時まだ知らなかったんだ。

「未来も中学校行けば?」

「無理ぃ〜!大統領に命令止めて〜」

「むかつくわぁ〜!!!」

いつもの会話。
姉には言えない秘密が有る私。
お父様がどうして姉ではなく、妹に
大統領の座を譲ったのかは分かる。
だって私……………
『歌で世界救えるんだもの』

3:藍:2013/06/15(土) 22:54 ID:QY6

「鷹等中学校から入らないかって
手紙来てたわよ?」

姉が洗濯物を干しながら言う。
中学校………行ってみたいな♪
カテキョやだぁ〜!!!

「私!鷹等中学校行く!」

そんなこんなで転校当日____

「初めまして、安田 未来と申します」

「安田さんは大………」

「私!歌が好きなんですぅ〜!」

必死に隠す。
大統領って知ったら近寄って来るから。
まぁ、歌で世界を救うって言っても
敵多いのよね…………。

キーンコーンカーンコーン

「未来ちゃんって何小?」

「彼氏居るの?」

「美人だねぇ〜!」

はっ?んなの当たり前よ。
美人じゃなかったら大統領無理。

「未来ちゃん、私、このクラスの学級委員なの。
次ね、数学なんだけど、未来ちゃんは
教室ね」

「えっ………はい」

優しそうな感じの女の子。
この子は確か、太田 紅葉。
学級委員って紋章付いてるもんね〜。

先生が入って来た。
あの先生________

「あっ、転校生だな?俺は上田 亨(とおる)
だ、福井県出身だ」

「ふぅ〜ん。どうでも良いです」


書き込む 最新10 サイトマップ