影〜君ハドコ〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:風鈴:2013/06/21(金) 18:39 ID:MaY

一章〜ショウ〜

最近、怖い夢を見る。影が追いかけて来て、必死に逃げるんだ。そして何かに引っ掛かる。それは必ず・・・人間のパーツだ。

2:風鈴:2013/06/21(金) 18:53 ID:MaY

「うわぁっ!!」飛び起きる。
しかし、いつもと変わらない風景。最近いつもこんな感じだ。

「ショウ!ういっす!」
「よう。セイヤ。」
相変わらず元気なやつだ。しかし、こいつは鋭い。
「・・・またあの夢か」
「!」
セイヤはそう言うと俺を揺さぶった。
「!?」
元気だせって意味らしい。ニコニコしている。
「おはようっ!」
高い声だ。
「凛波・・・」
やっぱりだ。幼馴染みの女子なんだが、必ず夢で引っ掛かったところと同じところを怪我している。

3:風鈴:2013/06/25(火) 20:37 ID:MaY

「お前・・・まさか」
「?」
ダメだ。きっと理解してくれない。
そんな事を考えているうちに凛波は友達に呼ばれて行ってしまった。

4:風鈴:2013/06/26(水) 20:44 ID:MaY

・・・一時間目は数学・・・か。こんな夢を見た後なのにこんな授業やる気にならないな。
しかしもう休み時間もあと二分。
渋々席に座りかけたその時だった。
「!?」

5:匿名さん:2013/06/27(木) 20:58 ID:MaY

激しい頭痛。と、共に今まで見た夢の一部がはっきりと脳裏をよぎる。
「・・・っ!」
セイヤが心配そうな顔でこちらを見ている。
「だ・・・いじょうぶだ・・・」
まだ、ズキズキするがそれもだんだん治ってきた。

6:風鈴:2013/06/27(木) 20:59 ID:MaY

5は風鈴です。すいません。
あとはとりあえず荒しはスルーします。

7:風鈴:2013/06/28(金) 21:01 ID:MaY

〜昼休み〜
・・・暑い。
真夏というのもあるが、教室のエアコンが壊れていて、すごく暑い。
「ショウ〜遊ぼうぜっ!!!」
・・・暑い男登場。
「・・・セイヤ。」
「あん?」
「お前・・・よく元気でいられるな。」
「当たり前だぁぁぁぁぁっ!」
まあ、期待はしてないけどその答えはちょっと・・・

8:かなめ:2013/06/29(土) 16:45 ID:DYI

風鈴♪頑張ってね♪

9:ニーちゃん:2013/06/30(日) 14:40 ID:qYg

風鈴さん楽しみにしています

10:ニーちゃん:2013/06/30(日) 14:40 ID:qYg

風鈴さん楽しみにしています

11:風鈴:2013/06/30(日) 20:38 ID:MaY

ありがとうございます!
これからもよろしくお願いします!

12:風鈴:2013/06/30(日) 20:45 ID:MaY

しかし、授業が終わった後のセイヤはもう目が死んでいた・・・
「数学ないわ・・・」
さっきのテンションはどーした!?
「もう帰ろーぜ・・・頭痛いし」
「またぁ!?」
「だめ?」
「しょーがないか」

13:風鈴:2013/07/01(月) 18:32 ID:MaY

俺はよくこんな感じで帰る。
先生も、もうあきれてほっといてる。
帰り道に猫がいた。
「!?ぎゃあっふん!」
「セイヤ・・・猫嫌いなのも分かるけど今のは何だよ」
「いやだぁくるなおぅ!?」
・・・完全に自分見失ってる。

14:風鈴:2013/07/01(月) 18:39 ID:MaY

俺がヒョイッと猫を抱き抱えるとセイヤは俺を置いて一目散に逃げ帰った。
「・・・おい。それはない。」
しかし家に帰っても誰もいない。
両親共働きだし一人っ子だしな。
あの夢を今日も見るのか・・・
そう思うと不安だ。一人が怖い。

15:風鈴:2013/07/01(月) 18:45 ID:MaY

うぅ・・・
「待ってぇ・・・ねぇ」
「!?」
影だ。追いかけてくる。
「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!」
逃げた。しかし速い。追いつかれるっ・・・!
ガッ!ズシャアッ
恐る恐る起き上がると・・・
凛葉の首だった。

16:風鈴:2013/07/02(火) 20:43 ID:MaY

ガバッ
「はぁ・・・はぁ・・・うっ!?」
猛烈な吐き気に襲われる。今日はさすがに学校は無理だろう。
親に伝えてまたベッドに横たわる。

17:風鈴:2013/07/03(水) 20:33 ID:MaY

(凛葉は大丈夫かな・・・)
凛葉の血だらけの首を思い出してしまい、目まいがした。
(もし、アイツに何かあったら・・・)
とにかく後でショウにメールしよう。
幸いあの夢は一日一回だけらしい。
なので安心して眠れるのだ。

18:匿名さん:2013/07/04(木) 21:11 ID:MaY

しかし、今日は違った。
あの夢は見なかったが影が話しかけてきたのだ。
「よう。・・・ゴメンな驚かして。」
「!」
「だけど・・・凛葉が危ないんだ。」
「なぜだ!?」
「それは・・・ア・・が・・・」
「!聞こえない!どういうことだ!?」
ガバァッ
「・・・っ!」
なんだろう。とても不安だ。

19:風鈴:2013/07/04(木) 21:14 ID:MaY

18私です。

20:風鈴:2013/07/04(木) 21:17 ID:MaY

しかしまだ3時間しないとセイヤは帰って来ないだろう。
今すぐに凛葉の様子が知りたい。
しかし、ナイスタイミング!
「ショウ〜起きたの〜?」
親登場。

21:風鈴:2013/07/06(土) 15:20 ID:MaY

「・・・あぁ。」
しぶしぶご飯を食べて、着替えた。
具合もかなり良くなっていた。
・・・だけど
(凛葉は狙われているのか?)
それだけが心配だった。

22:風鈴:2013/07/13(土) 14:28 ID:MaY

(ダレモ・・・シンジラレナイ)
「・・・?」
(ナニモ・・・ワカラナイ)
「なんだ・・・?」
突如、脳内に声が響きわたる。


書き込む 最新10 サイトマップ