オオカミと不死身少女

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ひろにい 908:2013/06/21(金) 21:54 ID:9TA

プロローグ、
今日は、きらきらに晴れている。
「アー気持ちいい。」
「誰だ?」
後ろには、黒いオオカミィ?
「きゃあっ。」
私は、尻もちをついた。
「あっ、ごめん、大丈夫か?」
オオカミが手を差し伸べてくれた。
「あ・・・、ありがとう。」
「そのさあ・・・、手前のこと好きだっ!」
(私ィ?)
えええええええっ!このオオカミ正気なの?
確かに、私は、かわいいけど…、
「私ッ、不死身なんですっ!」
走、私は、不死身。
「そんなことなら・・。」
チュッ、
「えっ?」

「これで、俺も不死身だな。」
「あっ、私、村上小野葉っ、よろしくおねがいしますっ。」
「俺は、リオ、よろしく。」
それから、私の永遠の恋が始まりました。


書き込む 最新10 サイトマップ