初嶺姫華麗

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:高橋 雍憂:2013/06/29(土) 12:19 ID:rDM

私は誰も信じない。と思って生きてきた。そうあの人と会うまでは。

今から遠い遠い昔、華麗で綺麗な女がいた。
この女の物語は現在に大きな影響をもたらそうとしていた。
今、女の生まれ変わりの女が力に目覚めようとしていた。

2:雍憂:2013/06/29(土) 12:58 ID:rDM

はじめまして。高橋 雍憂といいます。(たかはし ゆう)と読みます。
初嶺姫華麗(はつねひめかれい)をどうぞ宜しくお願いします。
♪人物紹介♪
三日月 初嶺 (みかづき はつね)
天皇の血をひく三日月家のお姫様。

月未 海十 ( つきみ かいと)
日本一偉い天皇の孫。月未家の皇帝。

実夏矢 (みかや)
初嶺の世話係。

亜利娃(ありあ)
初嶺のおばあちゃん。初嶺はばあばと呼ぶ。

3:雍憂:2013/06/29(土) 13:16 ID:rDM

「姫様。屋敷にお戻り下さい!」
「やだわ!実夏矢!結婚なんて絶対に嫌!」

いきなり皇帝と結婚させられる事となったのは6月24日。皇帝が決めた事であった。
「捕まえましたよ。姫様!今から皇帝様の使者が来るんですから着替えて下さい!」
若い女性が可愛いらしい一人の女の子に言う。
「やだわ!だいたい16で結婚なんて早すぎだわ。」
そう言うと姫と呼ばれていた女の子はまた逃げ出した。
………………
「はぁ。やっと巻いたわね。だいたい結婚なんて絶対したくないわ!だって…」
そう言うと女の子は首につるしてあった紐を取りぎゅっと握った。
(お母様。私はどうしたら良いのでしょう。お母様がなくなってから淋しくて淋しくてたまりません)
そう言うと何処からか綺麗で美しい声が聞こえた。

4:雍憂:2013/06/29(土) 14:16 ID:rDM

『初嶺、よく聞きなさい。今あなたは誰も信じてないの。だから結婚なんて嫌と思うんだわ。でも貴方は強い子よ。だから回りの人達を信じてみて。そして結婚する相手は貴方の事をとても大事にしてくれるわ。頑張って!初嶺。』
「お…母…様?」
そういうと綺麗な声の主は消えていった。

「そうよ!そうよ!私は強い子よ。早く屋敷に戻らなければ!」
そういうと初嶺は何故か木の上から降りようとした。が、、、、
「わーん!!降りられなーい!!!」
誰か助けてぇ〜。ぐすん、ぐすん。
さぁぁぁー。
「大丈夫ですか?姫。」
「えっ!?」
下を見ると姫より少し歳上だと思う男が立っていた。
(あら。かっこいいじゃない)
「姫、そこからジャンプして下さい。下に私がいますから…」
「やだよぉ〜。恐いぃ〜!!!!」
「姫、私を信じて下さい。」
信じる…。誰かを信じる…?それってこうゆーことなの?お母様…。気づくと私は男に抱きかかれていた。

5:雍憂:2013/06/29(土) 14:33 ID:rDM

「姫が結婚してくれるなんて…!実夏矢は嬉しい限りです。」
実夏矢の前には白い着物に体を包んだ初嶺がいた。
「それよりもお相手はどんな人なのかしら?」
「えーと、確か凄く優しくてかっこよくて賢い人だそうですよ」
実夏矢がそう伝えると、初嶺は男性なら誰もが恋してしまいそうな笑顔で言った。
「それは会うのが楽しみだわ」

「それでは天皇の登場です。」
初嶺は相手の顔を見てびっくりした。相手はさっき助けてくれた男だったのだ。
「あっ!さっきの人」
そう言うと相手はこっちを見て、
「これから宜しくお願いします。初嶺姫」

「ばあば!!この人誰?」
「これ!馬鹿者。天皇様に向かってなんと言う事を」
そういって初嶺の叔母、あくあはぺしっと孫の頭を叩いた。

読んでくれた人、ありがとうございます。
少しでも気に入って下さったら嬉しいです。アドバイス&感想お待ちしております。

6:雍憂:2013/06/29(土) 21:23 ID:rDM

前に立っている男は言った。
「こんにちは。初嶺姫。」
「あっあのぉ〜。さっきはありがとうございました。助かりました」
そう言うと私は頭を下げてお礼をした。
「いえいえ。ご無事で何よりです。それより自己紹介しましょう」
そう言うと男は言った。
「私は月未海十といいます。今18歳です。そなたは?」
「えっあぁ。私は三日月初嶺です。16歳です」
すると海十は初嶺を抱いて言った。
「これから宜しくお願いします。初嶺…」
「はっはい!!」

「ではお二人ともお休みになって下さいね」
「ありがとうございます」
海十は言った。
(二人きり…緊張するけど…よぉ〜 し!!)
「あの…海十様は何がお好きで…」
そういうと海十は笑顔で言ったのだった。
「女!」
………しーん。
「えっ?」
           続く

7:雍憂:2013/07/05(金) 18:53 ID:rDM

お久しぶりの更新です。
ところで、、、この作品読んでくださった方、短くてもいいので感想やアドバイスください。
第2話は明日更新予定です。ぜひ初めての方も読んでくださったら嬉しいです。お待ちしております。
そして、今週の日曜日から掛け持ちですが新連載が始まります。宜しくお願いします。

8:雍憂:2013/07/05(金) 18:54 ID:rDM

お久しぶりの更新です。
ところで、、、この作品読んでくださった方、短くてもいいので感想やアドバイスください。
第2話は明日更新予定です。ぜひ初めての方も読んでくださったら嬉しいです。お待ちしております。
そして、今週の日曜日から掛け持ちですが新連載が始まります。宜しくお願いします。

9:雍憂:2013/07/05(金) 22:21 ID:rDM

少し早いですが、新連載始めたいと思います。
題名は
    
『12月31日のラブメロディー』
              です!
機会があったら読んでみて下さい。


書き込む 最新10 サイトマップ