桜の季節に

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ニーちゃん:2013/06/30(日) 14:59 ID:qYg

今の季節には合いませんが、ごりょーショーください。
それではみなさんが楽しめるような?ものを作れる様にしたいです!
宜しくお願いします!!

2:若宮鈴音 ◆RCWE:2013/06/30(日) 15:04 ID:ez-R4A

これはかなりの青春物だと予測される...
楽しみにしてますね^ ^*

3:ニーちゃん:2013/06/30(日) 19:51 ID:qYg

ありがとうございます!

4:ニーちゃん:2013/06/30(日) 20:12 ID:qYg

〜プロローグ〜
桜の季節に君と出会った。最初は嫌な人だと思っていたんだけど、だんだんイメージが変わってきて、
いつの間にか君を目で追いかけていた。私はこれから何もかもうまくいくと信じて。



このプロローグで、もうノックアウトです(>_<)//
続かない可能性ありです。
頑張ります!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

5:ニーちゃん:2013/07/01(月) 20:10 ID:qYg

ザワザワザワザワザワザワザワザワザワ

?「はあ。やっぱり知っている人いないな〜」
こんにちは!私高山優奈。この春からここ、
光成高等学校の1年生なんだ♪
中学の時の友達と一緒に受けたんだけど、友達が落ちて私が受かっちゃったんだ…。
しかもここは、超進学校。ただ友達が受けたいって言ったから一緒に受けたんだけど…。
だから知っている人がいないんだ。

6:ニーちゃん:2013/07/01(月) 20:22 ID:qYg

優奈「わぁ〜!!頭良さそう?人ばっかり!
私ここでやっていけるかな?…っきゃ!?」
いきなり風が!…あっ…
私はその時、
桜吹雪の間から1人の男の子が見えた。
あんなかっこいい人がいるんだ…
優菜「あっ!!やばっ!」
遅刻する〜!…ん?後ろから誰かくる!?」

7:ニーちゃん:2013/07/01(月) 22:35 ID:qYg

?「なぁ。これ落としたよ?」
優奈「えっ?」
彼がさしだしたのは私のハンカチだった。
優奈「ありがとう(^_^)/」
?「お前、笑うと可愛いな♪」
優奈「エッ!?」 ドキン♪
これが私と君の出会いだった。ーーーー

続く?

8:& ◆kv9.:2013/07/02(火) 21:59 ID:qYg

-入学式-
優奈「ハァあの人何組なのかな?」
今は、入学式の後。私は、1-6だった。
ガラガラッ!
ザワザワザワザワ
あれ?
意外と馴染めそうなくらすかも!?
そうおもうぐらい、
楽しそうな会話がとびかっていた。
?「ねぇ?」
優奈「はい!?」
したくをしていた私に
声をかけてきたこがいた。

9:ニーちゃん:2013/07/03(水) 06:49 ID:qYg

?「なまえは?」
優奈「私は、高山優奈です。」
うわぁ。よくみると、凄く可愛い子だなー。
?「私は、篠原真穂!真穂って呼んで??」
優奈「真穂!よろしくね♪」
真穂「こちらこそ!」

10:ニーちゃん:2013/07/03(水) 19:37 ID:qYg

先生の話も終わって、
自己紹介をすることになった。
どんどん進んでく中、真穂の番がきた。
真穂「篠原真穂です!
好きなことは、バスケです。
友達いっぱいつくりたいので、
よろしくお願いします!」
うわぁ。さすが真穂。
私には、
あんな堂々とした発言の仕方はできない。
先生「つぎ!」
つぎって私!?カタンッ 緊張する…。

11:ニーちゃん:2013/07/03(水) 22:20 ID:qYg

みんなのまえにたつと、
教室がよくみわたせた。
優奈「高山優奈です。
好きなことは、読書です。
よろしくお願いします。」
パチパチパチパチパチパチ
ふぅー。終わった。次は…あっ!
まえにたっていたのは、
ハンカチをひろってくれたアノヒトだ
った。

12:マユ:2013/07/04(木) 04:36 ID:t7M

>>12さん
そういうこと言ったらこの小説の作者さまに失礼じゃないですか?
一生懸命書いてるのに・・・

13:ニーちゃん:2013/07/04(木) 20:39 ID:qYg

マユさん!フォローありがとうございます!許してニャンさん。つまらなくてごめんなさい。でも、つまらないならこころでおもっててくれませんか?(X^X)

14:若葉:2013/07/04(木) 20:51 ID:V6o

>>14つまらないなら来なければいい。
わざわざここに来て言う必要ないと思うのだが

あっそれと、ニーちゃんさん頑張って下さいね応援してます!

15:風鈴:2013/07/04(木) 21:04 ID:MaY

・・・ニーちゃん?

16:ニーちゃん:2013/07/05(金) 19:07 ID:qYg

若葉さん!応援してくれてありがとうございます!
>>12さんほかのところにも「きっもっ」ってかきこみしてますよね?わたしにふまんがおありですか??あるならいってください。
風鈴!きてくれたんだ!

17:ニーちゃん:2013/07/06(土) 11:36 ID:qYg

私は、びっくりした。
まさか同じクラスだったなんて!
?「萩原涼です。別に友達はいらないのでよろしくお願いします。」
なっ、なんか感じ悪い・・・。
ハンカチを拾ってくれた時はいい人だと思ったのに・・・
先生「では、今日はここで終わりにしましょう。
各自帰っていいですよ。」
なんて勝手な先生だ!
・・・まあうれしいけど。

18:風鈴:2013/07/06(土) 15:15 ID:MaY

面白いね♪応援するよ!頑張って〜♪

19:ニーちゃん:2013/07/06(土) 15:20 ID:qYg

ありがとう!
頑張るね

20:若宮鈴音 ◆RCWE:2013/07/06(土) 15:28 ID:ez-lSg

>>12>>14ですが、読者様も不快になられてはきっとニーちゃん様も不快になられると思うので、>>12>>14のみ削除依頼を出しておいたんですが、迷惑でしたら申し訳ないです。

21:ニーちゃん:2013/07/06(土) 16:08 ID:qYg

鈴音さん!ありがとぉ。
迷惑なんて思ってないよ?感謝してます。
ほんとにありがとう

22:若宮鈴音 ◆RCWE:2013/07/06(土) 16:16 ID:ez-LVE

いえいえ^ ^*

では、引き続き頑張ってくださいね。
応援してます。

23:ニーちゃん:2013/07/07(日) 14:30 ID:qYg

真穂「優奈!一緒に帰ろ?」
優奈「」

24:ニーちゃん:2013/07/07(日) 14:31 ID:qYg

上は気にしないでください・・・

25:ニーちゃん:2013/07/07(日) 14:45 ID:qYg

真穂「優奈!一緒に帰ろ?」
優奈「うん。・・・あっ!ちょっと待ってて?」
あの人にお礼を言わなきゃ! タタタタッ
優奈「あ、あの。あさはありがとうございました。」
涼「別に。いいから、そこどいて。」
優奈「あ!はい。」
やっぱり、ひどい人なのかな?
真穂「優奈!あんた、萩原と知り合いなん?」
優奈「えっ!?真穂・・・。」
真穂「な、なに?どうして私が萩原のこと知ってるかって?」
優奈「違う!真穂って、関西の人?」
真穂「なんでわかったの?」
なんでって・・・

26:ニーちゃん:2013/07/25(木) 17:13 ID:qYg

真穂「そんなことより、萩原と知り合いなの?」
優奈「えっ?あのね、朝ハンカチ拾ってもらったの。いい人かなと思ったんだけど…」
真穂「あいつはいい奴なんかじゃないよ!ひどい奴だから。関わっちゃだめだからね!」
そう言った真穂はちょっと怖かった。
家に帰ってからも、真穂の怒っているような顔が頭から離れなくて。
優奈「何があったんだろう。」
とっても気になった。

27:ニーちゃん:2013/07/25(木) 21:22 ID:qYg

優奈「よしっ!明日真穂に聞こう。」
でも…。正直ちょっと不安なんだ。
萩原君は一体なにをしたんだろう。
私は、あの二人にどんな過去があったのか知らない。知りたい。
-次の日-
真穂「優奈!おはよう。」
優奈「真穂。おはよう。」
真穂「どうしたの?元気ないね?」
よし。きくぞ。

28:ニーちゃん:2013/08/14(水) 10:41 ID:qYg

聞こうとしたそのとき。真穂の顔が私を睨みつけた。いや、私じゃない。私の後ろを通り過ぎた萩原君をにらんだんだ。
真穂「優奈いこっ。」
怖い顔をしながら、真穂は教室にはいっていった。


書き込む 最新10 サイトマップ